2019 / 08 / 21 水曜日
ホーム タグ MARUCHAN QTTA

タグ: MARUCHAN QTTA

〈2018年即席麺回顧〉今年も過去最高更新へ 袋麺再活性化で需要拡大

世界初の即席麺「チキンラーメン」(日清食品)の生誕60周年という記念の年となった2018年は、「サッポロ一番 みそラーメン」(サンヨー食品)の50周年、「赤いきつねうどん」(東洋水産)40周年、「スーパーカップ」(エースコック)30周年といったように

即席麺、怒涛の快進撃 4年連続で過去最高ペース

上期(4~9月)の即席麺JAS生産量は、前年比102.5%となり、過去最高ペースで折り返した。今期は即席麺生誕60周年をはじめ、各社ロングセラーブランドが周年を迎えていることに加え、天変地異を受け保存食として再評価されていることもプラス要因となった模様だ。

即席麺 タテ型の熱い夏 若年層開拓に全力

2017年度の即席麺カテゴリーは、総生産量(前年比0.3%増)、総生産額(0.7%増)とも3年連続で過去最高を更新した。特にカップ麺は話題商品が続々登場。デジタルマーケティングを含めた若年層(10~20代)の開拓に向けた取り組みが進んだこともあり、間口と奥行が拡大し、市場拡大につながった形だ。

乃木坂46公式カップ麺に「カップスター」「和ラー」 ライブチケット当たる 若者開拓へサンヨー食品

3年連続で総需要過去最高を記録したインスタントラーメンだが、将来的な成長に向け、若年層、シニア層、女性層の開拓という課題を抱えている。そうした中、サンヨー食品が課題解決に向けた新たな取り組みを開始した。

東洋水産 渋谷にポップアップ店 オリジナル「QTTA」販売

東洋水産の縦型カップ麺「MARUCHAN QTTA」。3月27日で発売から1年が経過するが、これに合わせ15日から4月1日まで、自分だけのオリジナル「QTTA」が食べられる店舗「#QTTAshibuya」(東京都渋谷区宇田川町13の9・KNビル)を期間限定でオープンしている。

カップ麺市場 タテ型戦線異状あり 話題商品が続々登場

「MARUCHAN QTTA」(東洋水産)、「カップヌードル ナイス」(日清食品)等々タテ型カップ市場に今春、新ブランド、話題商品が続々登場している。簡便性を武器に、カップ麺で最大の構成比(27%=約1千150億円)を占めるタテ型カップ麺。
- Advertisement -

ロングランアクセス