ホーム タグ F―LINE

タグ: F―LINE

新時代へ駆ける食品業界 食の価値観をアップデート IN&OUTバウンドの両軸 集中・選択から囲い込みの時代へ

2019年、平成31年が始まった。今年の場合は、始まりは終わり、終わりは始まり。「平成」という時代区分は日本に限ったものだが、その時代区分を象徴する空気感がわが国には存在する。4月30日をもって「平成」は終わり、新しい元号のもと、食品業界も新しい時代へ歩を進めることになる。

消費財物流合理化へ新会社 伝票電子化など支援 JPR

レンタルパレット最大手の日本パレットレンタル(以下JPR)は食品など消費財業界のペーパーレス化を促進する新会社を立ち上げた。来春にも電子納品伝票の作成・運用や紙伝票の電子データ化をサポートするサービスを開始し、流通各層の物流周辺業務の合理化につなげる。

食品卸 共同配送を推進 日食協が業界向け手引書

食品卸業界は得意先向けエリア共同配送の強化に乗り出す。このほど日本加工食品卸協会(日食協)がまとめた業界向け手引書(「加工食品卸売業の共同配送推進の手引き」)を活用し、企業の枠を超えた効率化と物流サービス力の維持を目指す。

メーカー4社、物流事業で合弁 北海道に続き九州でも共同体制

味の素、カゴメ、日清フーズ、ハウス食品グループ本社の食品メーカー4社は1日、2017年3月に北海道エリア、同4月に九州エリアで物流事業の合弁会社を発足させると発表した。同日付で合弁会社発足に関する契約を締結した。
- Advertisement -

ロングランアクセス