ホーム タグ 飲料

タグ: 飲料

一度飲んでもらえれば分かる 渋さ除いたコク・キレ・スッキリ味 サントリー烏龍茶

01年をピークに長らく下降線をたどっていた「サントリー烏龍茶」が息を吹き返した。中味・パッケージを刷新して5月9日に発売したところ、5月単月は前年同月比22%増と大幅に伸長。

地域との接点を重視 ワンボイスで広報・CSV コカ・コーラボトラーズジャパン

コカ・コーラボトラーズジャパン(CCBJI)のコーポレートコミュニケーション統括部は①広報グループ②CSVグループ③ERM(エンタープライズリスクマネジメント)グループの3つのグループで活動している。

「コカ・コーラ」加速の夏 冷やすとラベルに“氷”

コカ・コーラシステムは19日、冷やすとラベルに氷のデザインが浮かび上がる“コールドサインボトル”の「コカ・コーラ」と「コカ・コーラ ゼロ」を期間限定で発売した。これに伴いサマーキャンペーンを開始し、「コカ・コーラ」ブランドの勢いに弾みをつける。

多様化する中元 自家用や地産品、コト消費に対応

ギフトの市場規模はほぼ横ばいで推移しているとみられ、その中で中元や歳暮は頭打ち。一方で母の日などのハレの日、パーティーや帰省時の手土産といった、よりパーソナルで日常的なギフトが増えているというのが市場に対する共通認識と言える。

キリンビバレッジ「世界のKitchenから」 限られたファンに深く価値伝達

キリンビバレッジは17、18の両日、都内で同社初となる異例の商品体験会を開催し、「世界のKitchenから」の新商品「ほろにがピール漬け蜂蜜レモン」をアピールした。

スポーツ機能性飲料 水・無糖茶へユーザー流出 糖質の価値突破口に

機能性飲料を含むスポーツ飲料市場は、水系や低果汁の熱中症対策飲料が出回るなど多様化が進み、市場動向は現在のカテゴリー区分では把握しにくい状況になっている。こうした中、「ポカリスエット」(大塚製薬)と「アクエリアス」(コカ・コーラシステム)に代表されるスポーツ飲料市場は、

ゼリー飲料 好調で売場拡大 女性層流入の可能性浮上

ゼリー飲料市場は、2年強の連続成長を遂げ、昨年は5~15%の幅で伸長し市場規模は600億円弱と推定。ゼリー飲料市場の40%のシェアを握るトップブランドの「ウイダーinゼリー」(森永製菓)は前期(3月期)、ほぼすべてのアイテムが好調となりトータルで前年比23%増となった。

アサヒ飲料「ワンダ 極」絶好調 虎ノ門ヒルズで体感イベント

アサヒ飲料は、昨年4月に発売し販売好調なボトル缶コーヒー「ワンダ 極」を体感できる「ワンダ 極“深煎りの極み”体験イベント」を7~15日にかけて、虎ノ門ヒルズカフェ(東京都港区)で開催している。

コカ・コーラシステム トクホ炭酸飲料に勢い 「スプライト」で二の矢

コカ・コーラシステムは5日にトクホの「スプライト エクストラ」を新発売し、出足好調のトクホ炭酸飲料の勢いを加速させる。

“水の山”奥大山ブナの森工場 サントリー食品インターナショナル

サントリー食品インターナショナルは「サントリー天然水」ブランドで中長期を見据えた水源ブランディングを加速させる。これはサブカテゴリー創造と並ぶブランド戦略の柱である天然水そのもののエクイティ(ブランドが持つ資産価値)強化の一環。
- Advertisement -

最新記事

人気記事