ホーム タグ 食用油

タグ: 食用油

遺伝子組換え表示基準 糖類、油は適用除外 米農務省が策定

【JETROビジネス短信】米国農務省(USDA)は昨年12月20日、全米バイオ工学食品情報開示基準(遺伝子組み換え食品表示基準)の最終規則を公表した。16年7月に連邦議会で可決された全米バイオ工学食品情報公開法に基づき、USDAの農産物マーケティング局(AMS)が基準案を18年5月4日に公示し、

地元食材使い親子ら食育体験 福岡県うきは市で 日清オイリオG

日清オイリオグループはこのほど、福岡県うきは市で親子食育体験イベントを開催した。9組の小学生親子を招き、うきは市内のJAにじ「教育文化センターきずな」および周辺の畑で、地元野菜の収穫と調理体験を通じて食の大切さを伝えた。

家庭用食用油 上期 プラスで折り返し プレミアムオイル好調 オリーブ油 再び成長軌道に

上期の家庭用食用油市場は金額、物量とも前年を上回るペースで折り返した模様だ。5月後半のテレビ番組で、アマニ油やオリーブ油の健康効果が紹介され、数字を伸ばしたことに加え、米油やごま油などのプレミアムオイルが全体を牽引した。

日清オイリオ かけるオイルなど下期も積極策 秋のプレゼンテーションでアピール

日清オイリオグループは28日、都内ホテルで「秋のプレゼンテーション」を開催した。量販店、卸店を中心とした主要取引先関係者を招き、ホームユース、業務用食用油、ウエルネス食品、加工油脂など各部門の新商品や、下期の政策提案を紹介した。来場予定者数は30日の大阪会場と合わせ、計1,050人。

油で料理をもっとおいしく J-オイル、家庭用油に新機軸 「パラっと炒飯油」「香り立つ花椒油」

油で料理をおいしく――。多様化する家庭用食用油で、今秋はおいしさと調理機能を兼ね備えた新機軸の調味油が注目を集めそうだ。食用油大手のJ―オイルミルズは今月下旬から、家庭用油脂の新商品「AJINOMOTO香り立つパラっと炒飯油」(70g瓶)、

“かけるオイル”の新提案 「日清 味つけごま香油」 日清オイリオ

日清オイリオグループは、オイルの風味を調味料として楽しめる「日清 味つけごま香油」シリーズを8月27日から全国発売する。オイルをそのままかけて楽しむ“かけるオイル”の新たな需要を広げ、家庭用食用油市場のさらなる活性化につなげる。

“かけるオイル”需要拡大 家庭用油市場 「20年度に400億円規模目指す」 (日清オイリオ)

家庭用食用油市場で"かけるオイル”の需要が拡大している。オリーブオイルやアマニ油、ごま油などを、さまざまなメニューにかけて楽しむ、新たな使い方が注目されている。食用油メーカー各社は、開封後の鮮度を保持する密封ボトルのラインアップも強化し"かけるオイル”の提案に力を入れている。

味の素AGF ギフト需要を深耕 定番とプレミアムの2軸

味の素AGF社はコーヒーギフトと食用油・調味料ギフトの両カテゴリーで、定番ラインと好調なプレミアムラインの2つの軸に分けて中元ギフト商戦に臨む。中元・歳暮ギフト市場は年々縮小。同社調べによると、17年同市場は前年比5%減と推定。
- Advertisement -

最新記事

人気記事