2019 / 12 / 15 日曜日
ホーム タグ 青の洞窟

タグ: 青の洞窟

「青の洞窟SHIBUYA」点灯開始 公園通りは1月14日まで

冬のイルミネーションイベント「青の洞窟 SHIBUYA」が、11月29日から始まった。同イベントは2014年に東京・中目黒で「Nakameguro 青の洞窟」として初開催。16年には渋谷に場所を変更して復活し、18年には約280万人が訪れた。渋谷公園通りから代々木公園ケヤキ並木まで約60万球の電飾が青色の幻想的な世界を創出する。

“青”に染まるSHIBUYAの夜 今年も「青の洞窟」イルミネーション 日清フーズ

日清フーズは11月29日から12月31日まで、東京都渋谷区のイルミネーションイベント「青の洞窟 SHIBUYA」に特別協賛する。場所は渋谷公園通りから代々木公園ケヤキ並木で、点灯時間は午後5時~10時。電飾球数は約60万個で、渋谷の街を青色のイルミネーションで彩る。

冷食と業務用プレミックスの比重拡大へ 日清フーズ秋の新製品

日清フーズは、「価値の創造」と「海外への進行」を掲げ、各種の施策を推進する。6日に開かれた秋の新製品発表会では「本格」「健康」「簡便」をテーマとした新アイテムが登場した。家庭用常温製品では新製品16品、リニューアル16品を市場投入。家庭用冷凍食品では新製品13品を発売する。

『青の洞窟SHIBUYA』presents “X’mas LOVE SYMPHONY”を開催 22日-24日のクリスマス限定

日清フーズが特別協賛するイルミネーションイベント『青の洞窟SHIBUYA』では22日-24日の3日間、クリスマス特別イベント『青の洞窟SHIBUYA』presents”X’mas LOVE SYMPHONYを開催する。

年末恒例のイルミイベント「青の洞窟SHIBUYA」スタート 日清フーズ特別協賛

日清フーズが特別協賛するイルミネーションイベント「青の洞窟SHIBUYA」が11月30日からスタートした。3年目の今年は、鈴やベルの音とともに光が動くサウンドジェニックなイルミネーションにバージョンアップし、渋谷公園通りから代々木公園ケヤキ並木が幻想的な青の光で包まれる。点灯期間は代々木公園内が12月31日まで。

日本の食品輸出EXPO “粉モン”メニューの関心度高く ミックス粉、アジア市場を開拓へ

今月10~12日に幕張メッセで開かれた「第2回“日本の食品輸出EXPO”」。日清製粉グループ、日本製粉の製粉大手2社が出展し、海外のバイヤーに日本品質の小麦粉やプレミックス、パスタ、乾麺などをPRした。

「青の洞窟」ブランド強化へデジタル施策でファン拡大 日清フーズ

日清フーズはこのほど、「青の洞窟」ファンミーティング「リストランテ青の洞窟」を東京・京橋の明治屋ホールで開催した。デジタルマーケティングを活用した消費者コミュニケーションの一環で、渋谷モナトリエの野崎翠シェフをゲストに迎え、「青の洞窟」製品を活用したアレンジ料理の試食、レシピ紹介を実施。

日清フーズ 「青の洞窟」デジタル施策が成果 小池社長「高付加価値製品を伸ばす」

日清フーズの小池祐司社長は秋季家庭用新製品発表会で、事業概況と今後の方針を次のように語った。――日清製粉グループが新たに策定した長期ビジョンの下、フーズはコア事業として高付加価値製品の強化、最適供給体制によるコスト競争力強化、海外市場での事業展開を加速し、

「青の洞窟」イルミネーション 札幌で初開催、25日まで 日清フーズ

日清フーズは17日から25日まで、札幌市北3条広場で開催されているイルミネーションイベント「青の洞窟 SAPPORO」に特別協賛。地方での「青の洞窟」イルミネーションイベントは初開催。雪祭りが終わったばかりの札幌の街が幻想的な青色に彩られ、話題を集めそうだ

日清フーズ 家庭用新製品 ボトルタイプの第5弾

日清フーズは今春の家庭用新製品として、常温44品(うちリニューアル27品)、冷食16品(同13品)を投入する。常温製品は今月20日から、冷凍食品は3月1日から全国発売する。
- Advertisement -

ロングランアクセス