ホーム タグ 雪見だいふく

タグ: 雪見だいふく

冬アイスブームに陰り? 12月は7%減

アイスクリームの12月市況は、7%減で着地した模様。15年暮れから始まった「冬アイス」ブームは、厳しい寒さの中でも順調に市場を拡大させてきたが、今期は冷え込んだ気温並みの動きとなった。ロッテから森永製菓まで市場の4分の3を占める上位7社もほとんどが前年に届かず、ブームも一段落したようだ。

雪見だいふく、1個あげる?あげない? 「総選挙」を実施

ロッテは11日、時事通信ホール(東京)で「雪見だいふく」の新CMおよび、2個入りの雪見だいふくを1個あげることができるかを問うツイッター企画「#それ1個ちょーだいあげる派あげない派総選挙」の発表会を行った。

ロッテアイス 主力ブランド徹底強化 次世代商品開発も推進

ロッテアイスはこのほど、来期の商品政策、春の新製品などを発表した。基本政策は①主力ブランドの成長戦略強化②「新しい」への挑戦――の2つ。主力ブランドは「爽」「クーリッシュ」のメガブランド化、「雪見だいふく」の通年販売。

アイスクリーム 大方の予想覆し 前年実績維持か

昨年の15日に「マツコの知らない世界」でアイスが取り上げられ、放映以降は20%増程度で推移したアイスクリーム市場。このため12月はかなりの前年割れ必至というのが大方の見方だったが、15日までの貯金や大型新製品の投入、またCVSでの高額アイスの品揃え強化などがあり、ほとんどのメーカーが前年実績を確保して着地しそうだ。

アイス市況、10月は6%増 カギ握る高額ノベルティ

アイスクリームの10月の市況は6%増で着地した模様。東京地方では4日に真夏日を記録するなど上旬は平均気温が2度も高く、ここでの貯金が後々効いてきた。

ロッテアイス 雪見だいふくの世界観 もちもちカフェで体感

ロッテアイスは、今年で35周年を迎える「雪見だいふく」の〝モチモチ〟とした世界観をリアルに体感できる「雪見もちもちカフェ」を9月13〜24日の期間限定で東京・表参道BA-TSU ART GALLERYと、大阪・阪急梅田駅改札内にオープンした。
- Advertisement -

最新記事

人気記事