2019 / 09 / 17 火曜日
ホーム タグ 金子忠晴

タグ: 金子忠晴

豆乳より「スゴイダイズ」 3ブランド統合し大刷新、常温保存が可能に 大塚食品

豆乳は一般的に大豆から繊維質(おから)を取り除いた飲料であるのに対し、大塚食品の大豆飲料は大豆をそのまま粉末(大豆粉)にした飲料で、大豆たんぱくや大豆イソフラボンが摂取できる豆乳の機能価値に加えて、豆乳に含まれない食物繊維も摂れるのが特徴となっている。

「ジャワティ」“原料は茶葉のみ”貫き30年 ヒロシとコラボ動画も

発売30周年を迎えた大塚食品の無糖紅茶飲料「シンビーノ ジャワティストレート レッド」。同社はこれを記念してパッケージを刷新するとともに、イメージキャラクターにタレントのヒロシさんを起用した新コミュニケーションを展開する。

「マッチ」に業界初のゼリー炭酸 飲料4本柱で新施策 大塚食品

大塚食品の飲料事業は①ビタミン炭酸飲料「マッチ」②ミネラルウォーター「クリスタルガイザー」③無糖紅茶「シンビーノ ジャワティストレート」④大豆飲料の順にマーケティング投資を優先していく。

「ボンカレー」50周年でウルトラマンとコラボ 限定パッケージ全18種 大塚食品

大塚食品は「ボンカレー」の50周年を記念して「ボンカレーゴールド」の「ウルトラマン特別パッケージ」(甘口、中辛、辛口)を全国で販売する。7月から順次出荷し夏季限定で展開する。夏休み期間中に都内で開かれる「ウルトラマンフェスティバル2018」に協賛し、タイアップメニューを提供するなど、ウルトラマンシリーズとのコラボレーションで「ボンカレー」の提案を強化する。

修学旅行生に「マッチ」 全国と京都・堀川高の橋渡しも 大塚食品

京都市有数の繁華街・新京極商店街では毎年、一週間程度の期間限定で学生証を見せた学生にビタミン炭酸飲料「マッチ」をプレゼントしている――。

大塚食品 「マッチ」ヤマ場づくり 広告や販促施策、多岐に展開

大塚食品は、ビタミン炭酸飲料「マッチ」で引き続き高校生の生活に入り込んだ活動に磨きをかけていく。プロモーション・販促活動は「春と夏にCMを投下してヤマ場の作り方を行い、そこに消費者プレゼントキャンペーンを織り交ぜていく」(金子忠晴執行役員製品部長)

大塚食品 防災食に「マイサイズ」 心の栄養にも寄与

大塚食品のレトルト食品や栄養機能食品などの商品が防災食として注目を集めそうだ。レトルト食品の「マイサイズ」は今春、新商品5品を追加し計27品に拡充。カレー、丼ものの素、シチュー、パスタ、パスタソースなど幅広い種類のラインアップが特徴だ。

「ボンカレー」芸人がプレゼン 小島よしおら三者三様のアピール

大塚食品は2月12日のボンカレーの日を記念して、8日都内で「ボン-1グランプリ2017」と題した新商品発表会を開催。芸人の内山信二さん、永野さん、小島よしおさんが登壇し、メディアの前で芸を織り交ぜながらスライドを使い「ボンカレーゴールド」と「ボンカレーネオ」の新商品を説明した。

大塚食品 宮崎県産食材を使用

大塚食品と宮崎県は「ボンカレー」として初のご当地コラボカレー「ひなたの恵みボンカレー」(180g入り税別希望小売価格320円)の販売を開始した。
- Advertisement -

ロングランアクセス