ホーム タグ 赤城乳業

タグ: 赤城乳業

冬アイスブームに陰り? 12月は7%減

アイスクリームの12月市況は、7%減で着地した模様。15年暮れから始まった「冬アイス」ブームは、厳しい寒さの中でも順調に市場を拡大させてきたが、今期は冷え込んだ気温並みの動きとなった。ロッテから森永製菓まで市場の4分の3を占める上位7社もほとんどが前年に届かず、ブームも一段落したようだ。

「ジェラートの日」新宿でイベント ガリガリ君も登場

日本ジェラート協会は「8月27日ジェラートの日」を記念し、同日、新宿タカシマヤ1階JR口特設会場でジェラートの無料プレゼントを行うイベントを開催した。

アイス業界、猛暑で2ケタ増も意外と平穏 バタバタ感なく安定供給保つ

7月の10日過ぎから連日のように猛暑日が続き、気象庁は災害レベルの猛暑に備えるよう呼び掛けている。東京では、13日から34~35度の日が12日連続し、そのうち9日間が猛暑日という厳しさ。さぞやアイスクリーム業界は慌てまくっていると思いきや、一部の氷菓系メーカーを除き悠然と構えているメーカーがほとんど。25日現在で、出荷調整を行っている主力商品は数えるほどしかない。

「ガリガリ君」を強炭酸水でシャーベットに 「カナダドライ」とコラボ提案

赤城乳業と日本コカ・コーラは盛夏に向け共同で「ガリガリ君」と無糖強炭酸水「カナダドライ ザ・タンサン・ストロング」を組み合わせて楽しむ「ザ・タンサン&ガリガリ君 ソーダシャーベット」をコンビニ、スーパーなどの店頭を通じて提案していく。

赤城乳業 本社機能を移転 研究・開発部門が中心

赤城乳業が深谷駅前に建設中だった「AKAGI R&D FUTURE LABO」がこのほど完成、現在の本社工場から本社機能のほか、営業と研究・開発部門を移し4月2日から稼働する。本社工場は生産部門だけとなる。

ガリガリ君が1日工場長に 札幌ではサンプリングも

ガリガリ君が、昨年2月に発売し大好評だった「ガリガリ君リッチ 黒みつきなこもち」の復活を記念し、2月3日に桔梗屋本社工場(山梨県笛吹市)の1日工場長に就任した。桔梗の中丸純氏専務取締役から任命書を渡され、サンプリングに立ち会った後、工場見学会にも登場した。

11月市況 前年並みで着地 久しぶりの穏やかさ 自然増で2%が実力?

11月は久しぶりに穏やかな1か月となった。7月は猛暑から在庫不安が持ち上がり、8~9月は低温基調、10月は雨また雨と、天候に翻弄され続けた4か月だった上、前年比の数字も3か月連続でマイナスとなり嫌な感じになりかけていたが、何とか前年並みを維持できた。

ガリガリ君 東北応援へ思い込め「温泉まんじゅう」

赤城乳業は31日から「ガリガリ君リッチ温泉まんじゅう」(100㎖、130円)を全国で発売する。黒糖風味アイスキャンデーに、温泉まんじゅうの皮をイメージした風味・食感のスポンジダイスを混ぜ込んだ黒糖風味かき氷と、こしあんを入れたアイスで、まるで温泉まんじゅうのような味わいが楽しめる。

アイス急ブレーキ!! 7月の出荷調整が8月は生産調整に

今夏はスーパー猛暑と喧伝されていたが、フタを開けてみればオホーツク海高気圧からの山背で、今週になってから関東以北の太平洋岸は梅雨寒のような天候が続いている。太平洋高気圧の張り出しも弱く、全国的にも猛暑とは程遠い天候となった。

「ガリガリ君」タイで生産販売 ASEAN全域も視野に

赤城乳業はタイに現地法人を設立、同国の大手飲料メーカー子会社に「ガリガリ君」の生産を委託し、6月下旬から販売を開始した。将来的には現地で自社生産し、広く東南アジア各国に「ガリガリ君」を展開する考え。
- Advertisement -

最新記事

人気記事