ホーム タグ 赤いきつねうどん

タグ: 赤いきつねうどん

即席麺総需要 4年連続で記録更新 周年施策など需要喚起が奏功

日本即席食品工業協会がまとめた2018年(1~12月)の即席麺総需要(生タイプ含む)は、数量前年比2.1%増(57億7千856万6千食)、金額(出荷額)2.3%増(5千990億2千6百万円)となり、4年連続で過去最高を更新した。カップ麺が数量2.5%増

〈2018年即席麺回顧〉今年も過去最高更新へ 袋麺再活性化で需要拡大

世界初の即席麺「チキンラーメン」(日清食品)の生誕60周年という記念の年となった2018年は、「サッポロ一番 みそラーメン」(サンヨー食品)の50周年、「赤いきつねうどん」(東洋水産)40周年、「スーパーカップ」(エースコック)30周年といったように

即席麺、怒涛の快進撃 4年連続で過去最高ペース

上期(4~9月)の即席麺JAS生産量は、前年比102.5%となり、過去最高ペースで折り返した。今期は即席麺生誕60周年をはじめ、各社ロングセラーブランドが周年を迎えていることに加え、天変地異を受け保存食として再評価されていることもプラス要因となった模様だ。

即席麺 好調の上半期 猛暑の7月も大幅増

2018年上半期(1~6月)の即席麺総需要は、数量ベース(生タイプ含む)が前年比2.4%増、金額(出荷額)ベース3.3%増となり、数量、金額ともに過去最高を記録した前年を上回るハイペースで折り返した。統計開始以後、月平均気温が最高となった7月もJAS生産量(NB中心)が前年を大幅に上回るなど

即席麺 17年は増産着地もコスト増で今年は試練 若者、シニアの開拓進む

2017年(1~12月)の即席麺総需要は、3年連続で過去最高を更新した模様だ。このうち、NBを中心とするJAS生産量は前年比2.1%増(46億2千875万1千食)となり、昨年に続き2年連続で前年実績を上回った。

受験生応援会で武田鉄矢がエール 東洋水産

東洋水産が主催する「マルちゃん がんばれ! 受験生 応援会2018」が11日、都内の予備校で開かれた。10回目を迎えた同応援会。当日は和風カップ麺「赤いきつねうどん」「緑のたぬき天そば」のCMに出演する武田鉄矢さんが応援に駆け付け、

成長続く即席麺 16年JAS生産量3.5%増

2016年(1〜12月)の即席麺JAS生産量は、前年比3.5%増(45億3千524万3千食)と前期実績を上回った。カップ麺ではレギュラー品、ノンフライともに堅調に推移。袋麺もロングセラーブランドを中心とするフライ麺が健闘し、生産量増につなげた形だ。

カップ麺もバレンタイン参戦 焼そばに続き和風も

バレンタインにカップ麺?バレンタイン商戦をターゲットとするカップ麺が続々と登場している。 

武田鉄矢がエール 東洋水産が受験生応援会

東洋水産が主催する「マルちゃん がんばれ! 受験生 応援会2017」が10日、都内の予備校で開かれた。

関西工場が竣工 西日本の生産・物流を強化 東洋水産

東洋水産の関西工場(兵庫県神戸市西区三津が丘6-8 神戸テクノ・ロジスティクスパーク内)=写真上=が8月19日に竣工。このほど報道陣に公開された。197億円を投じ整備を進めていた西日本エリアでの即席麺の製造拠点

“思わず笑える” 「赤」「緑」新CM放映開始 東洋水産

東洋水産は今日19日から、「マルちゃん 赤いきつねうどん」「緑のたぬき天そば」の新CM「それ今!?巨大タコ」篇の放映を開始した。

即席麺1Q業績 上場2社は増収増益

日清食品ホールディングス、東洋水産の国内即席麺事業は、両社とも主力ブランドが牽引し、第1四半期(4〜6月)増収営業増益という好スタートとなった。
- Advertisement -

ロングランアクセス