2019 / 09 / 18 水曜日
ホーム タグ 蒸し大豆

タグ: 蒸し大豆

もち麦、潜在ニーズは絶大 成長分野で「国産」訴求 マルヤナギ小倉屋 柳本一郎社長

マルヤナギ小倉屋は市場が拡大している蒸し豆・もち麦のカテゴリーに、新ブランド「マルヤナギwith日本の農家さん」を投入する。成長分野に国産原料という価値を付加し、さらなる需要の拡大を図る。同社は7月に兵庫県加東市と提携を結び、希少な国産もち麦の生産拡大へ布石を打った。

もち麦の国産化推進へ兵庫県加東市と連携 マルヤナギ小倉屋

マルヤナギ小倉屋は22日、兵庫県加東市と連携協定を結んだ。両者は今後、健康や食育に関する12の事項において連携を進める考えだが、今回の一番の目的は“もち麦”の国産化推進である。

食物繊維切り口に主力の佃煮・惣菜拡売へ マルヤナギ小倉屋

高まる健康志向を狙った商品が増えている中、マルヤナギ小倉屋は食物繊維を切り口に自社商品の拡売を図る。10月1日の「食物繊維の日」をはじめとし、「豆の日」や「和食の日」に関連付けた商品提案を売場で展開する。

フジッコ「大豆ファースト」推奨 蒸し大豆を食事の最初に

フジッコは12日、都内でプレスセミナーを開催。食事の最初に蒸し大豆を食べることで、食後血糖値上昇抑制や満腹感の持続など、「大豆ファーストの有用性」について説明した。

蒸し豆市場が拡大 5年で3倍以上に

蒸し大豆を中心とした蒸し豆の市場が広がっている。昨年の市場規模は20億円前後と推測され、この5年間で3倍以上に拡大した。豆本来が持つ健康イメージ、調理せずに使える利便性、1袋100円前後の買い得感、こうした点が消費者の支持を得ている形だ。
- Advertisement -

ロングランアクセス