ホーム タグ 菓子

タグ: 菓子

タピオカに注目集まる 2度のブームで相乗効果 和歌山産業

加藤産業グループの和歌山産業が発売した「タピオカ」が注目されている。1月に開いた新製品発表会では、NBとPBを含めた人気商品アンケートで1位を獲得した。

加工用米の安定供給を

米菓は名前の通り、コメを原料とする日本を代表するお菓子である。コメと一口に言っても、ご飯として食べるものや、ふるい下など多種多様であり、米菓メーカーは原料を使い分けて独自の製品に仕上げる技術を持つ。

「きのこ党」新党首に松本潤 リベンジへ再選挙訴え

昨年行われた「きのこの山・たけのこの里 国民総選挙2018」では、「きのこの山」は僅差で敗北。明治ではきのこ党の党首であるキャラクター“きの山さん”からタレントの松本潤さんに党首を変更。

森永製菓 新社長に太田取締役 新井社長は顧問に

森永製菓のトップ交代人事が内定した。太田栄二郎取締役専務執行役員が代表取締役社長に就任する。新井徹代表取締役社長は取締役を退任し顧問に就任する。6月27日付。

「inバープロテイン」 きんに君ら肉体美でPR 森永製菓

森永製菓は、いつでもどこでも手軽にたんぱく質が補給できる「inバープロテイン」シリーズから新フレーバー「inバープロテイン ベイクドビター」を19日から新発売したが、それに先立つ18日、東京都港区芝浦の森永製菓トレーニングラボで新フレーバーのPRイベントを行った。

菓子市場に停滞感 牽引車不在で目新しさ欠く 減収傾向強まる上場大手

菓子市場は厳しい市場環境となっている。ここ数年は、チョコレートやグラノーラなど高成長を遂げるカテゴリーが全体を牽引してきたが、それも一巡し、目新しさを欠いている。一方で、カルビーと湖池屋が値上げを発表するなど価格是正の動きも見られる。

大震災から8年で対策展 「揖保乃糸」温そうめん 井村屋、永谷園も期待商品

東日本大震災から8年を迎え、各地で防災展が開かれている。「震災対策技術展」横浜実行委員会(運営はエグジビションテクノロジーズ)は、このほど横浜市西区みなとみらいのパシフィコ横浜Dホールで第23回「震災対策技術展・横浜」を開催し、防災食品メーカーなど多数が新製品などを展示した。

「継続すべきは継続、存在意義ある会社へ革新」 明治・松田克也社長

2019年は、今までにない激動の年になると思う。明治は「2026ビジョン」を策定し、今年は中計の大切な2年目のスタートを迎える。事業環境が大きく変化する中で、このビジョン・中計を達成するには、変わるべきはしっかり変わり、継続すべきはしっかり継続することが大切だ。

バレンタインギフトに国産素材の「奏」 メリーチョコレート

高級ギフトチョコレートメーカーのメリーチョコレートカムパニーは、今年のバレンタインに、国産素材にこだわったブランド展開を行う。トップショコラティエ大石監修「奏―KANADE―」や、トリュフ専門ブランド「メリートリュフル」、SNS上人気の戦国武将にフィーチャーした「TSUWAMONO」などを全国百貨店・量販店で展開する。

コンフェックスに出資 伊藤忠食品とヤマエ久野、インフラ共同利用など推進

伊藤忠食品と九州地盤のヤマエ久野は15日、合弁新会社「ワイ&アイホールディングス合同会社」を通じて菓子卸大手・コンフェックスホールディングスに出資した。出資比率は非公表だが、新会社からコンフェックスに非常勤取締役ならびに監査役を派遣し、卸3社で物流拠点の共同利用などを積極的に推進する。

バレンタイン商戦始まる 池袋西武で「チョコレートパラダイス」

西武池袋本店はバレンタインセンター「チョコレートパラダイス」を1月19日~2月14日、本館7階催事場に開設する。フロア面積は昨年より80㎡広い約1千419㎡。出店ブランドは国内外約120ブランド。売上目標は105%に設定している。

地元の味ポテチで日本を元気に 千葉は「勝浦タンタンメン味」 カルビー

カルビーは、47都道府県の地元ならではの味を開発するラブ・ジャパンプロジェクトを推進しているが、21日から千葉の味「ポテトチップス 勝浦タンタンメン味」を発売する。販売エリアは千葉、茨城、栃木、群馬、埼玉、東京、神奈川、山梨の8都県。

社員と家族がCM出演 「パイ生地で笑顔届ける」 111周年のリボン食品

リボン食品(大阪市淀川区)は13日から、コーポレートCMを毎日放送のスポット枠で放送開始した。創業111周年記念事業の一環で、社内オーディションで募集した社員や、その家族が出演したぬくもりあふれる世界観となっている。

小学生がお菓子のアイデア競う 宇都宮工場から社会貢献 カルビー

カルビーは社会貢献活動の一環として取り組む「第8回お菓子コンテスト」の表彰式を16日、同社R&Dセンターで開催した。この催しは、小学生にお菓子のアイデアを募る“お菓子コンテスト企画”で、第1回の2011年から毎年、宇都宮市や東京都、千葉県、埼玉県の小学生のアイデアを募集している。

コロンビア産希少カカオの生チョコ 鎌倉に専門店オープン

コロンビア共和国への投資促進に向け、対外貿易や投資活動を支援している政府機関であるコロンビア貿易振興機構(ProColombia)は14日、コロンビア大使館で海外初の「コロンビア・カントリーブランディング」ロゴ認定ブランドのアロマ生チョコ専門店「ca ca o」ブランド発表会を行った。

開発に5年のオランダ式ワッフル DEAN&DELUCAで限定販売 ギンビス

ギンビスは、卵不使用・国産原料にこだわったストロープワッフル「GINZA WAFFLE」を、DEAN&DELUCA43店舗全店で12月から先行販売する。ストロープワッフルはオランダで200年以上の伝統がある菓子。

新駐日事務所を任命 代表にマクニール氏 カリフォルニアくるみ協会

米カリフォルニア産くるみの普及活動を行うカリフォルニアくるみ協会は、19年1月1日から新たな駐日代表事務所にマーケット・メイカーズ・インクを任命した。同社代表取締役社長のジェフリーN・マクニール氏が協会の日本代表を務める。
- Advertisement -

ロングランアクセス