ホーム タグ 石川裕

タグ: 石川裕

AGF「ブレンディ」 東北の被災窯元を応援 親子で「器」に絵付 コシノジュンコさんも

味の素AGFは10日、群馬県太田市のAGF関東工場で東日本大震災復興応援活動「AGFブレンディ 器の絆プロジェクト~コシノジュンコさんと世界にひとつだけの器をつくろう、親子で器の絵付け体験と工場見学~」を開催した。

スティック飲料の価値強化 味の素と技術融合で AGF

味の素AGF社は、単身世帯の増加や働く女性の増加などの社会環境の変化を背景に、春夏に向けても引き続きスティックカテゴリーを強化していく。

味の素AGF 忙しい朝に照準 おいしさの追求と時短化に対応

味の素AGF社はスティック中心に新商品とリニューアル品を大量投入して秋冬商戦に臨む。5日、本社で発表した石川裕取締役副社長執行役員は「苦しくなってくると価格競争に陥りがちになる。われわれはそれを避け、あらゆる想定をしながら全カテゴリーで商品の価値をきちんと見直した」と語った。

味の素AGF スティックに全力投球 新技術で品質向上 生産能力も増強

味の素AGF社はスティック事業を最大化させることに注力し、今期(19年3月期)は増収増益を目指す。同社の独自技術と親会社である味の素の技術を融合し、品質強化した新商品を秋口に続々と投入していくほか、9月に業界初の新技術を導入した新ラインを稼働させ、生産能力の増強を図っていく

家庭外コーヒー 家にいる時間減り拡大

外食をはじめオフィスや非外食といった家庭外(アウトホーム)のコーヒー市場が拡大している。女性の社会進出や共働き世帯の増加による家庭での滞在時間の減少が背景の一つ。今年に入って同市場の大きなトピックとしては、スターバックス コーヒー ジャパンのオフィスを中心とした小規模商圏向けの新規事業の開始や直近ではネスレのスターバックス商品販売権取得の発表が挙げられる。

味の素AGF アウトホーム物流改革 “餅は餅屋”でコスト削減

味の素AGF社は、加工原料を含むアウトホーム(家庭外)市場で既存ビジネスに加えて、さらなる飲用機会拡大に向けた新規ビジネスにも取り組む。石川裕取締役副社長執行役員は、新規ビジネスの1つにオフィス市場への新製品や新スキームを挙げ、「物流費が高騰する中でオフィス市場を開拓するには、製品も大事だが地域ごとで異なる配送ネットワークの活用が今後のカギとなる」と語った。

家庭用嗜好品 価値多様化の局面へ

コーヒー、紅茶、ココアなどのアルコール飲料を除く嗜好品市場の昨年を総括すると、一部で伸長したサブカテゴリーはあったものの、総じて踊り場の年となった。

味の素AGF春夏戦略 家庭用市場を強化 「ブレンディ®」とスティックで

10日に本社で発表した石川裕取締役副社長執行役員は、アウトホーム市場が伸びる一方でインホーム市場(小売用・家庭内市場)が低迷していると指摘。インホームの低迷要因については「家庭で朝、コーヒーを飲む人が減っている。共働き世帯の増加と働き方改革によって会社で飲む機会が増えている。

徳之島コーヒー 三者で栽培開始式 味の素AGF

味の素AGF社は13日、鹿児島県大島郡伊仙町で今年6月に立ち上げた鹿児島県奄美群島の「徳之島コーヒー生産支援プロジェクト」のコーヒー豆栽培開始式を行った。

味の素AGF 「煎」と和菓子の絆強化へ新企画

味の素AGF社は16日、都内で「珈琲♡和菓子アワード2017表彰式」を開催し、アワードとコンテストの2部門の受賞和菓子を発表した(一部既報)。同表彰式で冒頭あいさつに立った品田英明社長は「特に『煎』と和菓子の相性の良さをもっと広く知ってもらいたいという思いでプロジェクトを進めている」と語った。

味の素AGF 和菓子に合う「煎」 新企画でコラボ展開加速

味の素AGF社は「珈琲♡和菓子プロジェクト」の新施策として〈AGF 和菓子塾〉と〈AGF 「煎」WAGASHI―INNOVATION〉の2つを企画し、コーヒーの新たな魅力と和菓子の奥深さを発掘していく。
- Advertisement -

ロングランアクセス