2019 / 12 / 09 月曜日
ホーム タグ

タグ: 爽

ロッテのアイス事業、主力ブランド集中で早期に1千億円目指す

ロッテはこのほど、19年度のアイスクリームの新製品、商品政策を発表した。主力ブランドは選択・集中・徹底を強化し、「クーリッシュ」「爽」「雪見だいふく」の3ブランドのメガブランド化(年間売上高100億円超)を目指す。

シャレを大まじめに 「爽ハッピーベンチ!」ロッテアイス

ロッテアイスは座るだけで自然に上を向くことができ、気分転換になる「爽ハッピーベンチ」を開発した。「爽」は99年の発売以来、微細氷などの物性や機能を訴求するコミュニケーションを展開してきたが、昨年からは「爽」を通して今の時代と社会に必要とされる新しい価値を提案できないかを考え、

「爽」新CMに広瀬すず ロッテアイス

ロッテアイスは22日、アイス「爽」の新キャラクター、広瀬すずさんをゲストに迎え、新CMお披露目会を開催した。新CMは「爽HAPPY」がテーマ。「爽」を食べ進めていくうちに悩んでいたことも忘れ、「『爽』が空っぽになったら、きっと私のアタマも空っぽ!」とすっきりしていくストーリーで、25日から全国で放送を開始。

ロッテアイス 主力ブランド徹底強化 次世代商品開発も推進

ロッテアイスはこのほど、来期の商品政策、春の新製品などを発表した。基本政策は①主力ブランドの成長戦略強化②「新しい」への挑戦――の2つ。主力ブランドは「爽」「クーリッシュ」のメガブランド化、「雪見だいふく」の通年販売。

アイスクリーム 大方の予想覆し 前年実績維持か

昨年の15日に「マツコの知らない世界」でアイスが取り上げられ、放映以降は20%増程度で推移したアイスクリーム市場。このため12月はかなりの前年割れ必至というのが大方の見方だったが、15日までの貯金や大型新製品の投入、またCVSでの高額アイスの品揃え強化などがあり、ほとんどのメーカーが前年実績を確保して着地しそうだ。

アイスクリーム 人気タレントは不要 話題性でマスメディア呼ぶ

この1か月の間に、赤城乳業が2回、セブンーイレブンが1回、アイスクリームの新製品発表会を行った。いずれも旬なタレントを呼ぶことなく、完全にアイスクリームが主役の発表会だったが、マスメディアが30社ほど取材に来ていた。

アイス市況、10月は6%増 カギ握る高額ノベルティ

アイスクリームの10月の市況は6%増で着地した模様。東京地方では4日に真夏日を記録するなど上旬は平均気温が2度も高く、ここでの貯金が後々効いてきた。
- Advertisement -

ロングランアクセス