ホーム タグ 炭酸飲料

タグ: 炭酸飲料

飲料で“変顔” 会話の糸口に「ファンタ」を

コカ・コーラシステムは22日、フルーツ炭酸飲料「ファンタ」ブランドから全46種類の“変顔”がデザインされたボトルを新発売した。ボトル正面には、新イメージキャラクターの乃木坂46をデザイン。乃木坂46を起用したTVCMやSNS施策で変顔ボトルを訴求していく。

飲料 新商品が好発進 強いブランド傘に新提案

強いブランドを傘に、新たな切り口を打ち出した各社の飲料の新商品が好発進となっている。アサヒ飲料はかねてから「三ツ矢」ブランドで炭酸水(無糖)と炭酸飲料(有糖)の間にある甘さひかえめの中間領域に挑戦。

アサヒ飲料、10連休問わず物流強化 春の重点新商品に期待 「三ツ矢」試飲販売会で岸上社長

今年7月に「カルピス」が発売100周年を迎え、「三ツ矢」「ウィルキンソン」「カルピス」の100年ブランドを3つ持つことになるアサヒ飲料。

「マッチ」に業界初のゼリー炭酸 飲料4本柱で新施策 大塚食品

大塚食品の飲料事業は①ビタミン炭酸飲料「マッチ」②ミネラルウォーター「クリスタルガイザー」③無糖紅茶「シンビーノ ジャワティストレート」④大豆飲料の順にマーケティング投資を優先していく。

渋谷に巨大“氷”自販機 キンキンに冷えた「コカ・コーラ クリア」

気温35度を超す猛暑真っただ中の18日、透明な氷で作った高さ2.5mの巨大自販機が東京・渋谷のSHIBUYA109店頭イベントスペースに登場。24セレ自販機には6月11日から発売されたコカ・コーラシステム自らが“常識を覆した”と称える透明炭酸「コカ・コーラ クリア」が納められ、キンキンに冷えた300本がサンプリングされた。

“炭酸王国”東北で限定サイダー ダイドー

ダイドードリンコは23日、東北エリア限定で「CRAFT CIDER」を新発売した。東北で好まれる味わいをエリア限定で発売し、東北の炭酸市場の活性化を目指す。東北エリアは全国でも炭酸飲料の消費量の多い地域で、1人当たりの消費賞は青森県が全国1位、宮城県が2位、山形県が8位、岩手県が9位と上位を占めている。

炭酸水に革新技術 水と泡を磨き“おいしさ” 日本コカ・コーラ

日本コカ・コーラはパッケージだけでなく中身にも革新技術を導入し、コカ・コーラシステムが築いてきた炭酸飲料の牽引役としての地位をより強固なものにしていく。

コーヒー飲料 再栓容器が新局面 ボトル缶にPETの“芽”

コーヒー飲料市場は近年、ショート缶と呼ばれるステイ・オン・タブ(SOT)缶の縮小を再栓可能なボトル缶の拡大がカバーし横ばいか微増で推移している。ただし今年に入りサントリー食品インターナショナルの「クラフトボス ブラック」がこれまで難しいとされたパーソナルサイズのPETブラックコーヒーに風穴を開けたことで、ボトル缶とのカニバリが大きくなければ新たな需要創造につながる可能性がある。

炭酸飲料 夏本番で上昇基調 “ニア炭酸水”増加傾向

19日、関東甲信、中国、近畿、東海地方で梅雨明けが発表され、炭酸飲料のマーケティングが本格化している。1~6月の炭酸飲料市場はほぼ横ばいと推定されるが、夏場に一時的に炭酸カテゴリーに流入する非炭酸飲用層は500万人以上いるとされ、真夏日や猛暑日が続くにつれ上昇基調にある。

「コカ・コーラ」加速の夏 冷やすとラベルに“氷”

コカ・コーラシステムは19日、冷やすとラベルに氷のデザインが浮かび上がる“コールドサインボトル”の「コカ・コーラ」と「コカ・コーラ ゼロ」を期間限定で発売した。これに伴いサマーキャンペーンを開始し、「コカ・コーラ」ブランドの勢いに弾みをつける。

日本を変革モデルに コカ・コーラボトラーズジャパン

世界と新たな協力関係構築 新会社コカ・コーラボトラーズジャパン(CCBJI)は、ザ コカ・コーラ カンパニー(TCCC)と新たなパートナーシップモデルを構築する。TCCCはCCBJIの筆頭株主で持ち株比率は16・35%。 6日、都内で会社説明会に臨んだ吉松民雄社長(写真)は「TCCCのジェームズ・クインシーCEOは今、世界のコカ・コーラシステムを【ビバレッジ フォア ライフ】というビジョンで変革しようとしており、そのお手本を日本と決めた」と語った。 【ビバレッジ フォア ライフ】とは、老若男女の生活に寄り添い、あらゆる場面に対応する飲料ポートフォリオの構築を意味し、「私たちの活躍範囲がかなり広がる」という。 一方、クインシーCEOはビデオメッセージで「システム全体で、私たちはトータルビバレッジビジネスとして大きく発展、成長する機会がある。日本は消費者の嗜好やニーズに対し、魅力あるブランドポートフォリオを確立することにおいてさまざまな面で既にコカ・コーラシステムをリードしていく存在である」などとコメントを寄せた。 世界のコカ・コーラシステムからみて、日本の特筆すべき点の1つは非炭酸の割合が高いことにある。「海外は80%が炭酸、20%が非炭酸。日本はその真逆になっている状態で、さらに機能性表示食品など健康へのアプローチもある」(吉松社長)と説明し、今後は若年層やシニア層へのアプローチにも意欲を示した。 TCCCの日本法人である日本コカ・コーラとの関係も強化。「7月からホルヘ・ガルドゥーニョ新社長を迎え、これまで以上にお互いがあたかも一社になるようなことをR&Dの分野を含めて日本の市場で勝利するための枠組み構築に一歩一歩踏み出している」。 国内外のボトラー社については「相手の関心があった時に門戸を開いておく。特に海外の問題はリフランチャイズが進んでいることにある。われわれが足元の実績をしっかりつくりTCCCの信頼を勝ち得ることが、次の舞台に躍り出る前提条件だと認識している」と述べた。 18年までにシステム機能会社を含めた組織の統合を完了。顧客起点を重視し20年までに250億円のシナジー創出を目指す。250億円シナジー目標の40%はSCMで計画。20年以降の成長も見据えて新生プロジェクトにも着手する。成長の柱の1つである74万台ある自販機は、ベンディングプロジェクトを立ち上げ、短期的・中長期的な課題に取り組む。

炭酸水 開拓余地残し拡大中 水市場と対峙の可能性も

炭酸水市場が拡大している。アルコールの割り材以外に、炭酸水をそのまま飲む直接飲用のスタイルの浸透が要因。直接飲用は健康イメージが強く、アルコール代替といったさまざまな飲用機会に合わせやすいことから広がりつつある。

ミネラルウォーターブランド・炭酸水ブランド特集

「サントリー天然水」と「い・ろ・は・す」を筆頭とする各社の主要ミネラルウォーターブランドは、ナチュラルミネラルウォーター(天然水・プレーンタイプ)を軸足に、フレーバーウォーター(清涼飲料水)、炭酸水、炭酸飲料へと領域を徐々に広げてブランドの傘を大きくしている。
- Advertisement -

ロングランアクセス