2019 / 12 / 12 木曜日
ホーム タグ 湖池屋

タグ: 湖池屋

最も働きたい企業 1位「サントリー」、2位「味の素」 グローバル人材の育成で成果

世界最大級の総合人材サービス企業であるランスタッド社は、一般からみた就職先としての企業の魅力度(エンプロイヤーブランド)を世界基準で調査(エンプロイヤーブランド・リサーチ)しており、「日本で最も働きたい企業2019」の総合ランキング第1位にサントリーホールディングス、2位に味の素社が選ばれ、

菓子市場に停滞感 牽引車不在で目新しさ欠く 減収傾向強まる上場大手

菓子市場は厳しい市場環境となっている。ここ数年は、チョコレートやグラノーラなど高成長を遂げるカテゴリーが全体を牽引してきたが、それも一巡し、目新しさを欠いている。一方で、カルビーと湖池屋が値上げを発表するなど価格是正の動きも見られる。

湖池屋・佐藤章社長 NHK番組で第1回講師に 「プロフェッショナル 子ども大学」

湖池屋の佐藤章代表取締役社長がNHK番組「プロフェッショナル 子ども大学」第1回講師として出演する。一流の職業人を取材する番組「プロフェッショナル仕事の流儀」の新企画であり、今回、佐藤社長が子供たちに用意する課題は「スナック菓子のヒット商品をつくる」。

冬は「カラムーチョ鍋」!? 湖池屋が監修、フレーバー再現の鍋スープ ダイショー

ダイショーは2018年秋冬の加工食品(グロサリー)売場向け新製品を3日から全国で新発売している。鍋スープでは、湖池屋とコラボレーションした「コイケヤ監修カラムーチョ鍋スープホットチリ味」2品、だしのうまみを詰め込んだ「うまさ ぎゅっ 鍋スープ」3品を新たに投入。

湖池屋 ポテチショックから完全復活 新プロジェクト始動、増量実施

湖池屋は昨年のじゃがいも不足から完全復活したことを宣言すると同時に、新たに日本の風土・文化が生み出す素材を発信するプロジェクト「JAPAN PRIDEプロジェクト」を始動する。23日、時事通信ホールで発表した。PRIDE POTATOは昨年2月の発売以降、半年足らずで初年度目標20億円を達成し、年間売上げ40億円に向けて拡大を続けている。小池孝会長は冒頭、「私どもにとって昨年は大変な年だった。

カルビー 新宿に菓子のセレクトショップ 松本会長「パイを大きく」

カルビーは日本の菓子を楽しめるYesterday’s tomorrow(イエスタディズ・トゥモロー)を10月28日、ルミネエスト新宿B1にオープンした。Yesterday’s tomorrowは、日本の流通菓子メーカーならではの視点で編集した店。

湖池屋 プレミアム市場を創出へ ポテチ9月には完全復活

湖池屋は7日に東京都内のホテルで会見を開き、佐藤章社長が今秋以降の方針を発表した。ポイントは“プレミアム市場の創出”“定番ブランドの活性化”の2点だ。昨年、北海道に上陸した台風によるジャガイモ不足で休売の商品もあったが、マーケティング部の柴田大祐部長は「今年の作付面積は昨年を上回った。

ポテチ騒動とスナック業界

近年の大雨災害による馬鈴薯の不作が、スナック業界に与えた影響は多大であった。カルビーと湖池屋の2強が原料の手当不足でGW前後は欠品の売場が問題化した。

湖池屋 富良野工場操業再開へ 20年度までに売上500億円目指す

湖池屋は11月30日、小池孝会長=写真右=と佐藤章社長=同左=が会見し、今後の方針や会長、社長の役割分担、8月の台風で被災、操業停止していたシレラ富良野工場(北海道富良野)の1日からの操業再開などについて発表した。

湖池屋 「ムーチョ」に新ブランド 新キャラに志村けん就任

湖池屋は「カラムーチョ」や「すっぱムーチョ」に代表される「ムーチョブランド」に新ブランド「わさムーチョ」を立ち上げ、「わさムーチョチップス 旨わさび味」と「スティックわさムーチョ 旨わさび味」を発売する。

菓子上半期 前年超で折り返し チョコ、ビス、グミが牽引

菓子市場1~6月は前年比1%程度の増加で前半戦を折り返した模様。
- Advertisement -

ロングランアクセス