2019 / 09 / 18 水曜日
ホーム タグ 海苔

タグ: 海苔

海苔 大凶作の“劇薬”効果 量から質へ適応急ぐ

海苔業界にとっても前年度漁期の63億枚はさすがに少ないという意見は多いが、続く生産力の低下で「あり得た」とする振り返りも聞こえる。ここ10年でも好不調があり一喜一憂してきたが、基本は下目線の予想が大半を占めていた。

レクサスと海苔

災難漬けの海苔業界に朗報が飛び込んできた。あのレクサス限定車のカラーリングが「ノリ・グリーンパール」に決定し、今秋アメリカで100台発売される。まさに海苔の光沢ある緑色をしており、個人的に買う資金も気力もないが、注目は英語で海苔が「NORI」と表記されたこと。

政争と海苔

「韓国海苔の日本向け輸出が禁止になれば日本は困るか」と問い合わせがあった。相互依存なので「どちらとも言えない」と答えると質問主は不満そうだったが現実だから仕方がない。

「サイクロイド曲線」の手巻き寿司完成 幾何学が生んだ自然の美 Mizkan

Mizkanは、より多くの人に家庭で作る手巻き寿司を楽しんでもらうため、5月29日から7月4日まで「手巻き元年プロジェクト~究極の手巻きへの挑戦~」に取り組み、業界初の「サイクロイド手巻き寿司」を完成させた。プロジェクトの完結に伴い、その結果を伝える動画、「サイクロイド手巻き寿司」を家庭で楽しめる特製海苔型シートを公開した。

白子のり 原田常務が社長就任 新濱前社長は相談役へ

白子は3日、東京本社で前3月期の決算会見を開催し、6月27日開催の株主総会で原田勝裕取締役常務執行役員が社長に昇格したと発表した。新濱繁利前社長は7月1日付で相談役に就任した。

オー・ザックで“裏メニュー” 「うなぎの蒲やき味」老舗とコラボ提案 ハウス食品

ハウス食品はポテトチップス「オー・ザック」シリーズ初の「裏メニュー」の提案に取り組む。新アイテム「うなぎの蒲やき味」を6月24日からコンビニエンスストアで先行発売し、7月15日から一般チャネルで発売。7月27日の土用の丑の日に向けて、新アイテムを最大限楽しめる食べ方を紹介する。

海苔不作に危機感 生産奨励にシフトも

大阪海苔協同組合は21日、大阪市の太閤園で令和元年度通常総会を開催。あいさつに立った村瀬忠久理事長(大乾社長)は不作が続いている国内の海苔生産に触れ、「組合の活動も消費拡大から生産奨励へシフトしなければならないのかと感じる」と危惧を示した。

大阪で乾海苔初入札 初回から積極応札 大乾

大乾は13日、今季最初の乾海苔入札会を大阪市福島区の本社で開催した。1千100本(422万8千84枚)を出品し、669本(258万6千10枚)が成立。成立金額は3千288万4千468円だった。

海はつながっている

6月からさまざまな食品値上げが行われ、海苔も多い企業で4回目。我慢しても2回目の値上げを行っている。特に今年は海藻類の不作が目立った。

海苔テイスティングコンテスト 産地当て1位は秋吉博則氏 第38回大森新和会主催

東京・大森地区の海苔店で構成される大森新和会主催の第38回海苔テイスティングコンテストが18日、大森本場乾海苔問屋協組の海苔会館で開催された。今年も全国各産地の海苔を食べて当てる「産地当てコンテスト」と、参加者の投票で決まる「うまい海苔コンテスト」が開催。

白子のり 6月1日出荷から1~8%値上げ

白子は1日、海苔製品全般を希望小売価格の1~8%値上げすると発表した。理由について「今年度の海苔養殖は近年まれにみる大凶作となり、特に家庭用海苔向けの仕入価格が大幅に上昇。物流費、人件費も上昇している」としている。

海苔、46年ぶり大凶作確定 最終60億枚前半の予想 業界に衝撃走る

今年度の海苔共販(2018年11月~2019年4月)も3月末を過ぎて最終盤に入った。現在(3月27日時点)の共販枚数は約58億4千400万枚で前年比15%減、平均単価は約6.8%高の13円21銭で推移している。

海苔にも海外原料の波

今年度の海苔養殖が再び大不作になる可能性が高まっている。ここ5年で養殖業者の減少の影響が顕著になっていたが、加えて今冬は暖冬、降雨量の少なさが大きく響いた。海苔に限らず青のりも不作で海藻全般の調子が良くない。

受け継がれる「地元発」の味

会合で房総の太巻き祭りずしを食べる機会があった。この料理は平成19年に「農村漁村の郷土料理百選」に選ばれており、お祝いごとには欠かせない千葉県の伝統郷土料理だ。

海苔、最悪シーズン再来? 枚数22%減、単価0.8%高 緊迫の後半戦へ

今年度の海苔共販(18年12月~19年4月)が1月末の折り返し点を過ぎた。枚数で22%減(25億4千800万枚)、平均単価は0.8%高(14円34銭/1枚当たり)となっている。今年度は暖冬による高水温や、栄養塩不足などの不作環境でスタート。

道頓堀で丸かぶり 大阪大が優勝 大阪海苔組合が節分チャリティ

大阪海苔協同組合は1月27日、道頓堀川遊歩道で恒例の巻き寿司丸かぶりコンテストを開いた。女子大生5チーム(大阪大、関西大、関西学院大、武庫川女子大短大部、京都女子大)と地元のミス商店街の計6チームが参加。

今年も青のり高騰 1㎏当り4万円越え 年々注目の陸上養殖

高級トッピング原料のスジアオノリが今年も高値推移となっている。主力産地の徳島県吉野川産は昨年11月から今年1月に6回入札が行われたが、1kg当たり4万円を超えるレベルが続いている。原因は大不作。

中京で売上№1「味のり てりやき」が受賞 名古屋駅地下街イベントに“でえたらぼっち”も 浜乙女

浜乙女はこのほど、名古屋駅地下街で「遠赤焙焼 味のり てりやき」のPRイベントを実施した。同製品が日経POSセレクション2018で「セレクション賞」を受賞した記念イベントで、同社キャラクター「でえたらぼっち」も登場し、会場を盛り上げた。
- Advertisement -

ロングランアクセス