ホーム タグ 流通システム開発センター

タグ: 流通システム開発センター

40年ぶり登録制度改定 GS1事業者コード 背景にネット取引増大

一般財団法人流通システム開発センターは、2021年5月からGS1事業者コードの登録更新制度を改定する。制度改定は1978年の制度開始以来41年ぶり。GS1(ジーエスワン)は、国際的な流通システムを推進する機関で、本部はベルギーのブリュッセルにあり、世界110以上の国が加盟。

終売品のJANコード、再利用禁止に 今年から国際ルール変更

今月から終売品のJANコードを別の商品に再利用することができなくなった。国際コード管理団体のGS1が標準商品識別コード・GTIN(日本のJANコードはGTINの一種)の運用基準を見直したためだ。

流通BMS普及急速 卸・メーカーの導入活発に 背景に税制・通信環境変化

食品などの消費財を扱う卸・メーカーの流通BMS導入企業数が少なくとも1万1千400社以上に広がっていることが流通BMS協議会(事務局・流通システム開発センター)の調査で分かった。

流開センター 原料バーコード策定 川上業務改善へ普及急ぐ

国内コード管理代表機関の流通システム開発センターは、食品原料・資材向けのバーコードガイドラインを発行した。日付やロット情報を含む原資材専用の標準バーコードシンボルを普及させることで、最終製品と同様の効率的な在庫管理とトレーサビリティの向上につなげる。

流開センター、POS事業を民間委託 MDONが基盤再構築

消費財業界向けのPOS分析ツールなどを開発・販売するマーチャンダイジング・オン(本社・東京都新宿区、佐々木治社長)は、経済産業省所管の流通システム開発センターが運営する流通POSデータベース事業を譲り受けることで合意した。

年末おせち商戦 栗きんとん健闘 アイテムの広がり奏功

昨年末のおせち商戦で、栗きんとんが101%と健闘した模様だ。たつくり、昆布巻きなど単品おせちの主力アイテムが伸び悩む中、栗きんとんは昨年も安定した需要に支えられた。
- Advertisement -

ロングランアクセス