2019 / 09 / 19 木曜日
ホーム タグ 柴田裕

タグ: 柴田裕

イタリアントマト再建へ ポッカクリエイトの飯沼浩前社長を招聘

キーコーヒーは同社の飲食関連事業で大きなウエートを占める連結子会社のイタリアントマトを立て直す。前期(3月期)の飲食関連事業は、売上高が前年比13.6%増の51億8千500万円になったものの、利益面では既存店の集客力低下や原材料価格と人件費の上昇で1億円近くの営業損失となった。

日本紅茶協会80周年で式典 健康機能発信など強化へ

日本紅茶協会は24日、明治記念館で「創立80周年記念祝賀会」を開催し、約120人が出席した。冒頭にあいさつした堺弘行会長は「当協会は1939年に設立、84年には現在の呼称に変更するなどの変遷を経て現在に至っている。

キーコーヒー ブランド強化を重視 物流費高騰などにも対処

キーコーヒーは下期(3月期)、ブランド強化に取り組むとともに上期コーヒー関連事業の利益圧迫要因となった物流費高騰と競争激化による販売単価の下落に対処していく。

キーコーヒー「トアルコ トラジャ」に注力 コーヒーの未来に向け活動

キーコーヒーは今期(3月期)、原料用で巻き返しを図り家庭用では「ドリップ オン」「ドリップ バッグ」の一杯抽出型レギュラーコーヒー(RC)などに注力して増収増益を目指していく。また2020年の創業100周年に向けたブランド強化策としては、今年発売40周年を迎える「トアルコ トラジャ」に注力する。

家庭用市場が好調 6重点取り組み事項に注力 キーコーヒー

キーコーヒーは“コーヒーに関して、信頼度№1の会社であること”といった100周年ビジョンの実現やブランド強化などに取り組んでいく。上期(3月期)業績は売上高がほぼ横ばいとなり、営業利益は「リプトン」販売のための先行投資や原料相場などの影響で前年を下回った

キーコーヒー 抽出器具ブランド創設 新規顧客獲得 ブランド強化が狙い

キーコーヒーは抽出器具ブランド「Noi[ノイ]」を立ち上げ、コーヒーの新規ユーザーの取り込みやキーコーヒーブランドの強化を図っていく。従来から販売している「クリスタルドリッパー」を「Noi」ブランドの傘に入れ、15日に同ブランドを冠にした「グラブサーバー」と「ドリップマスターケトル」を新発売する。

キーコーヒー 家庭用市場に注力 「リプトン」でボリューム拡大も

キーコーヒーは今期、前期好調だった家庭用市場に注力して増収増益を目指していく。5月30日、本社で会社説明会に臨んだ柴田裕社長は9月に東証第一部上場20周年を迎えることに触れた上で、「コーヒーに対してとても熱心なコーヒーコンシャスな東証一部上場企業として展開していく」と語った。

キーコーヒー コロンビア大洪水で義援金 柴田社長から大使に目録

キーコーヒーLACS70記念財団は、4月1日にコロンビア共和国南西部モコアで発生した大規模な洪水を受け、コロンビア政府に対し被災者救済や被災地復興に役立ててもらうことを目的に100万円の義援金の寄付を行った。

東証一部上場20周年 「最強のベクトル」で経営 キーコーヒー

キーコーヒーは22日、都内で「第7回クレドール会」を開催し、同社と取引関係のある法人各社に向けて来期の経営方針などを発表した。

全日本コーヒー協会 通常総会 会長に横山氏再選

一般社団法人全日本コーヒー協会は25日、大阪市北区茶屋町のホテル阪急インターナショナルで平成27(2015/2016)事業年度の通常総会を開催し、議案は原案通り承認された。

キーコーヒー 家庭用市場が好調 TVCM投下し勢い加速

キーコーヒーは、3月期第2四半期に好調となった家庭用市場の勢いを加速させるなどして通期計画の売上高650億円(前期比0・1%増)、営業利益18億円(同70・8%増)を目指していく。
- Advertisement -

ロングランアクセス