ホーム タグ 東京都

タグ: 東京都

「鶏ちゃん」作り体験 全国普及へSNSで魅力発信

岐阜県東京事務所は4日、東京都内のホームメイドクッキング有楽町教室で「鶏(けい)ちゃん作り体験イベント」を開催。SNSを利用する20~30代の女性約30人が参加した。岐阜県では今年度、「遺産と食」をテーマとした企画で岐阜県への観光誘致に力を入れており、

外食新業態「フードホール」米から上陸 東京・大阪にオープン

K&BROTHERS(東京都港区)は9日、東京・新宿と大阪・難波にアメリカンフードホール「フードホールブラスト」を同時オープンする。アメリカで人気のイタリアン業態やメキシカン業態、日本オリジナルの業態など複数の業態で構成されており、アメリカで急成長しているファストカジュアルやフードホールが

地域と世代つなぐ「カルピス」 絵本読み聞かせへ社外との連携強化

毎年、ひなまつりの時期になると白酒の代わりとして「カルピス」が絵本とともに全国の幼稚園と保育園に贈られる――。この活動は、「カルピス」の生みの親である三島海雲氏が、子供たちの心とからだの健やかな成長を願って始めたもので、55年前の1963年から続いている。

「コーヒーサミット」開催 17社の味、チャートで“見える化” 来週末に二子玉川で

2月9日と10日の週末、東京の二子玉川で全17社のコーヒーロースターが出展するイベント「コーヒーサミット2019」が開催される。主催はコーヒーの焙煎加工と販売を担う東日本コーヒー商工組合。

最優秀賞に「治部煮風ラーメン」 小学生が即席麺のアイデア競う 

一般社団法人日本即席食品工業協会が主催、農林水産省、公益社団法人日本栄養士会が後援する「インスタントラーメン 小学生レシピコンクール 全国大会」がこのほど、佐伯栄養専門学校(東京都大田区)で開かれた。

「地域と都市が創る食文化」 講演会とトークショーを開催 味の素食の文化センター

公益財団法人味の素食の文化センターはこのほど、東京都港区高輪の味の素グループ高輪研修センターで大学共同利用機関法人人間文化研究機構と共同シンポジウムを開催し、「地域と都市が創る新しい食文化」(後援:一般社団法人和食文化国民会議)をテーマに講演とトークセッションを行った。

セブン‐イレブン、AI活用し初の省人型店舗 入店も決済も“顔パス”で マイクロ商圏進出へ実証

セブン-イレブン・ジャパン(SEJ)は日本電気(NEC)との共同で、初の省人型店舗「セブン-イレブン三田国際ビル20F店」(東京都港区)を17日にオープンした。同店とは別にビルの地下1階にも、外部客も利用可能なセブン-イレブンの通常店舗を構えている。

受験生応援へ「合格ッタ」 神田明神で祈願 東洋水産

本格的な受験シーズンが近づいてきたが、すべてのジャンルの若手を応援する「QTTA エールプロジェクト」の一環して、頑張る受験生を応援する「合格ッタ」企画を昨年に続き実施する東洋水産は10日、江戸総鎮守の神田明神(東京都千代田区)で合格祈願のご祈祷イベントを実施した。

日本初の「塩こうじ」授業 発酵の知識と調理法を学ぶ ハナマルキ

ハナマルキは7日、東京都北区立王子第五小学校で「塩こうじ教育授業プログラム2018」を開催した。小学5年生に向けて、日本の伝統調味料・塩こうじにまつわる発酵の知識と調理法について授業を行った。

コーヒー第4の波 「活躍できる道は軽食に」創意工夫へ意欲 サザコーヒー鈴木太郎副社長 

サザコーヒーは“コーヒーの第4の波”に対応すべく産地との信頼関係を維持して良質なコーヒー豆を取り揃えるとともに、アルコールやフードなどを組み合わせた新しいコーヒー文化の発信に取り組んでいる。取材に応じた鈴木太郎副社は「新しい波が間違いなくきている。

フランス伝統「コンテチーズ」のパン フランスパンの日イベントで発売

11月28日に渋谷キャストスペースガーデン(東京都渋谷区)で開催された「フランスパンの日」記念イベント(主催・日本フランスパン友の会)で、フランスを代表する熟成ハードチーズ「コンテ」をたっぷり入れたパンが数量限定(1個300円)で販売され、好評を博した。

気象データとAI活用し需要予測サービス 日本気象協会、企業と連携で精度向上

一般財団法人日本気象協会(本社・東京都豊島区、石川裕己会長)は、AIを活用したサービス開発を行うエクサウィザーズ(本社・東京都港区、石山洸社長)と連携し、気象環境でのリスク軽減を検討している企業を対象に、「商品需要予測」分野で新たなサービスを開始する。

ロボットがコーヒーをサービス スタートアップ企業に出資 UCCホールディングス

UCCホールディングスは、ロボットカフェの開発を手掛けるスタートアップ企業のQBITRobotics(本社・東京都品川区、中野浩也代表取締役社長兼CEO、以下QBIT)に出資した。

歳暮商戦も“平成最後”に 今年のテーマは「米」 西武池袋で社員ら気勢

東京・豊島区の西武池袋本店は6日、7階催事場にお歳暮ギフトセンターを開設し、年末に向けた歳暮商戦をスタートさせた。開設に合わせて行われたイベントでは中村幸孝ギフトセンター長が新入社員を前に「平成最後の歳暮商戦だ。満足していただく接客で乗り切りたい」と呼びかけた。

有楽町に「ライブキッチン」 3巨匠が実演、食文化の国際交流を体感 キッコーマン

キッコーマンは、11月1日に料理実演を楽しみながら世界の料理が「融合」した新スタイルのレストラン「KIKKOMAN LIVE KITCHEN TOKYO(キッコーマンライブキッチン東京)」を東京都千代田区有楽町にオープンするが、それに先立ち25日記者会見を開催した。

広がるびん詰の可能性 農家と組み新ブランド WEBでも直販へ 日本ガラスびん協会

日本ガラスびん協会は青山ファーマーズマーケット、全国の農家、トップシェフと手を取り合い、旬の素材などを調理・加工してびん詰めした新ブランド「TOKYO BINZUME CLUB」を立ち上げた。

「冷活総選挙」 よしもと芸人ら投票訴え 味の素冷凍食品

味の素冷凍食品では、よしもとクリエイティブ・エージェンシーの所属芸人5組を起用したキャンペーン「よしもと〈冷活〉祭り」を11月1日から実施する。「冷活総選挙キャンペーン」として、芸人らが薦める同社商品の政党を立ち上げて総選挙に出馬。

銀座ロフトでマイボトル用「まいにちカフェ」紹介 キーコーヒーが期間限定で

キーコーヒーは1~14日の期間限定で、銀座ロフト(東京都中央区)の常設カフェカウンターで今秋新商品のマイボトル(保温ボトル)専用コーヒー「まいにちカフェ」を訴求している。

イタリア料理専門店 全国一流シェフ大集結 10月3~4日、本場の味再現

全国の一流シェフが集結し、イタリア料理に欠かせない食材や飲料、機器業界が集う第8回イタリア料理専門展「ACCI Gusto2018(アッチ・グスト2018)」(日本イタリア料理協会主催)が10月3日(水)、4日(木)の両日、東京都台東区花川戸の東京都立産業貿易センター台東館で開かれる。
- Advertisement -

ロングランアクセス