ホーム タグ 日清食品

タグ: 日清食品

食品ロス削減へ納品期限緩和進む CVSはカップ麺の期限緩和

加工食品に関する小売各社の納品期限緩和の状況は、「平成30年度食品ロス削減のための商慣習検討ワーキングチーム加工食品検討会」(以下、WT)がまとめたもので、総合スーパー(GMS)ではこれまでに、イズミ、イトーヨーカ堂、ユニー、イオングループのGMS6社が飲料、菓子を中心に納品期限を緩和している。

冷し中華はじめました 即席麺にもシーズン到来 話題のフレーバー登場

ノンフライ即席袋麺に冷し中華のシーズンが訪れようとしている。今シーズンは定番+新フレーバーで新規需要の開拓を目指す狙いだ。日清食品の「日清ラ王 冷し中華」は定番「醤油だれ 5食パック」と新フレーバー「柚子しおだれ 5食パック」(各税別525円)というラインアップ。

百福翁に捧げるラーメン、9年ぶりに刷新 チキンラーメン発祥の地で

力の源ホールディングス(福岡市中央区)は3月26日、日清食品の創業者である安藤百福氏がラーメン店を開いたらというコンセプトで開発したラーメン「百福元味」を9年ぶりにリニューアルした。「一風堂 池田店(大阪府池田市)」で限定発売する。

「カップヌードル」など新元号記念商品登場

新元号が「令和」に決まったことを受け、早速、新元号記念商品が登場している。日清食品は改元に合わせ、5月1日から「カップヌードル 新元号記念パッケージ」を全国で発売する。

完全栄養食「All-in PASTA」 栄養でも“まんぷく”に 日清食品

日清食品は26日、1日に必要な栄養素を簡単に摂取できる完全栄養食「All-in」ブランドの第1弾「All-in PASTA」(全7品)を発表、27日から同社グループオンラインストアとネット通販サイト「LOHACO」限定で新発売した。

これが次世代型 スマートファクトリーだ!! 日清食品関西工場

「(あたかも無人であるかのごとき)生産ライン上を、出来立たての『カップヌードル』が整然と流れていくさまは、まるで近未来を描いた映画のワンシーンのよう」。日清食品が3月から第2期稼働を開始した関西工場(滋賀県栗東市下鈎21-1)

AIとIoT技術フル活用 注目の次世代型スマートファクトリー 日清食品

無人の製造ラインを「カップヌードル」が次々と流れていく。日清食品は15日、今月第2期稼働を開始した日清食品関西工場(滋賀県栗東市下鉤21の1)を報道陣に公開した。

即席麺 ロカボ、女性層開拓…新需要創造へチャレンジ続々

4期連続で総需要過去最高を達成する見通しとなった即席麺だが、メーカー各社は新規ユーザーの開拓に向けた動きを加速させている。エースコックが先月19日に発売した低糖質カップ麺

「チキンラーメン」売上高が過去最高

3月1日、インスタントラーメン「チキンラーメン」ブランド(袋麺、カップ麺)の売上高が過去最高を更新した。日清食品が4日明らかにした。

超大型連休 物流の混乱回避を

食品の値上げ発表が相次いでいる。アイスクリーム、水産練り製品、清涼飲料、牛乳・乳製品などに続き、先週は日清食品が即席麺で4~8%の値上げを発表した。生乳・小麦といった主原料価格の上昇もさることながら、メーカーは高騰する物流費を吸収しきれなくなっている。

日清食品が“美容ドリンク”参入 体内でヒアルロン酸を生成

日清食品が美容ドリンク市場に参入。ヒアルロン酸を作るヒアルモイスト乳酸菌液を1本(50㎖)中に20,000㎎、コラーゲン5,000㎎を配合した美容ドリンク「ヒアルモイスト発酵液」を1月28日からグループオンラインストアで新発売した。

即席麺総需要 4年連続で記録更新 周年施策など需要喚起が奏功

日本即席食品工業協会がまとめた2018年(1~12月)の即席麺総需要(生タイプ含む)は、数量前年比2.1%増(57億7千856万6千食)、金額(出荷額)2.3%増(5千990億2千6百万円)となり、4年連続で過去最高を更新した。カップ麺が数量2.5%増

「おいしいだけではなく楽しい食を」 日清食品・安藤徳隆社長

2019年度は(若年層、シニアに続く)三番目の戦略ターゲットとなる女性ユーザーのさらなる攻略を進め、100年ブランドカンパニーを支えるファンをもっともっと増やしていきたい。

即席袋麺、復活へ ダウンサイズ、個食提案 新規ユーザー獲得に成果

ダウントレンドが続いていた即席袋麺だが、2018年(1~12月)の総需要は、前年実績(年計ベース)を上回った模様だ。「チキンラーメン」(日清食品)、「サッポロ一番 みそラーメン」(サンヨー食品)といったロングセラーブランドの周年施策が需要を喚起したことに加え、

全国50チームの児童が集結 日清食品協賛の小学生クロカン大会

日清食品ホールディングスが協賛する「日清食品カップ 第21回全国小学生クロスカントリーリレー研修大会」が12月8、9日に、大阪府の池田市民文化会館と吹田市の万博記念公園で行われた。

ベーコンにメープル!? 米国の人気フレーバーが「カップヌードル」に

日清食品は、アメリカで人気の“メープルベーコン”の味わいを「カップヌードル」流にアレンジした「カップヌードルメープルスモークベーコン味 ビッグ」(税別205円)を10日から新発売する。

〈2018年即席麺回顧〉今年も過去最高更新へ 袋麺再活性化で需要拡大

世界初の即席麺「チキンラーメン」(日清食品)の生誕60周年という記念の年となった2018年は、「サッポロ一番 みそラーメン」(サンヨー食品)の50周年、「赤いきつねうどん」(東洋水産)40周年、「スーパーカップ」(エースコック)30周年といったように

無料で乗れる「どん兵衛タクシー」 天ぷらそばプレゼントも

日清食品は12月31日まで、“ツキがあれば”利用料金が無料で乗車できる「どん兵衛タクシー」(正式名称・0円タクシーby日清のどん兵衛)を展開する。株式会社ディー・エヌ・エーが5日から東京都内でサービスを開始する次世代タクシー配車アプリ「MOV(モブ)」とコラボレーションして実施するもの。
R-net 情報交換会

R-net、メーカーと情報交換会 共同企画販売、予算達成へ

関西の地域卸の連合、R-netは15日、大阪市の天王殿にメーカー41社を集め、情報交換会を開催。あいさつに立った上田勲社長(カミタ社長)は「大変厳しい環境だが、われわれ地域卸はそれぞれの地域で生き残っていかなければならない。そのためにも、皆さんの商品の拡売へ向け精いっぱい努力する」と強調した。
- Advertisement -

ロングランアクセス