ホーム タグ 日清食品冷凍

タグ: 日清食品冷凍

冷凍麺に“汁なし中華”カテゴリー誕生 簡便性好評で拡大続く

家庭用冷凍食品で展開される“汁なし中華麺”が引き続き好調だ。14~15年頃から伸びが著しく、特に15年は前年比2倍以上の伸びを示した。一過性のブームという見方もあったが、冷凍麺内部の食い合いではなく、既存市場の外側へ伸長したとみられる。

“個食・即食”需要狙い冷凍パスタ強化 たらこソース全面見直し 日清食品冷凍

日清食品冷凍は秋冬向け商品のマーケティング方針に「冷凍食品の『個食』『即食』マーケットの拡大」を掲げ、パスタ、ラーメン、和風を柱に商品戦略を展開。新商品・刷新品合わせて20品を9月1日に投入する。

日清食品HDが株主懇親会 「チキンラーメン」60周年、秋には朝ドラも 今年は話題目白押し

日清食品ホールディングスは23日、「第22回株主懇親会」をホテルニューオータニ大阪で開いた。株主に近況や次年度方針、商品政策を理解してもらう場として、年に1回、東京と大阪でそれぞれ実施している。大阪会場では300株以上の株保有者を中心に招待。午前の部と午後の部合わせて3千89人の個人株主が出席した。

日清食品冷凍 プレミアムパスタ投入 “日清らしい”炒飯も

日清食品冷凍は今春の新商品開発の視点を“スゴイ「時短」をサポート”に置き、今春夏マーケティング戦略の重点カテゴリーとして“汁なし麺”の拡充、市場創造の力点を“プレミアムリッチ”に置き商戦に挑む。

パスタに“キャラメリゼ”? 驚きと感動で間口拡大に挑戦 日清食品冷凍

「誰がいつ(冷凍食品or冷食)を食べるかを考えながら商品開発を進め、冷食市場の間口拡大にチャレンジしていく」(山下健一日清食品冷凍マーケティング部部長)との考えを具現化したチャレンジングな商品が登場する。

高知で20回目の全国旭友会 既存・新規・価値――3軸で成長を

旭食品の主要取引先が集まる全国旭友会の総会が6日、高知市のホテル日航高知旭ロイヤルで開かれた。今年で20回目。旭食品の役員・幹部をはじめ、年間取引額が10億円以上の会員企業79社(新規加入2社含む)のトップら約250人が参集した。
- Advertisement -

ロングランアクセス