2019 / 08 / 20 火曜日
ホーム タグ 日本食ブーム

タグ: 日本食ブーム

新時代へ駆ける食品業界 食の価値観をアップデート IN&OUTバウンドの両軸 集中・選択から囲い込みの時代へ

2019年、平成31年が始まった。今年の場合は、始まりは終わり、終わりは始まり。「平成」という時代区分は日本に限ったものだが、その時代区分を象徴する空気感がわが国には存在する。4月30日をもって「平成」は終わり、新しい元号のもと、食品業界も新しい時代へ歩を進めることになる。

シンガポールのトップシェフが大東製糖訪問 含蜜糖の種類や味わい体験

大東製糖に11日、シンガポールのレストラン「Morsel」オーナーシェフで多くのフォロワーを持ち、周辺国にも発信力があるPetrina Loh氏(以下、ペトリーナ氏)が工場視察のために来訪した。同氏の訪問は千葉県の農水産物イベント(11月シンガポール開催)の事前取材が目的。

海外の「胃袋」を掴むには

日清食品の海外戦略品の一つに「カップヌードル シーフード」がある。醤油味のベーシックタイプと比べて海鮮は世界でなじみがあり、豚肉が禁じられたイスラム教徒にも向く。海外共通品としての可能性を秘めているという

無菌包装米飯 非常食から常備食へ 今上期も2ケタ成長達成

2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて、日本食ブームが一段と加速する勢いを見せる中、和食のベースとなる米飯にも脚光が当たっている。

特別説明会に360人 “日本の食品”輸出EXPO 220億円の商談成立目指す

10月に幕張メッセで開催される「第1回“日本の食品”輸出EXPO」を主催するリードエグジビションジャパンは24日、同展に関する特別説明会を開催。既に出展を決めた食品企業や検討中の企業247社から360人が出席した。
- Advertisement -

ロングランアクセス