2019 / 08 / 23 金曜日
ホーム タグ 日本スーパーマーケット協会

タグ: 日本スーパーマーケット協会

「地方経営者も政治に関心を」 マルダイ大髙会長、日本スーパー協加盟呼びかけ

秋田の食品スーパー、マルダイの大髙俊平会長は22日、スーパー3団体の月次定例会見に出席し、政府・行政への政策提言に注力する日本スーパーマーケット協会(以下、日スパ)への加盟を業界各社に呼びかけた。

消費税ポイント還元、小売の主張 真っ二つに 円滑実施へ全国スーパー協が要望書

全国スーパーマーケット協会はこのほど、政府が今年10月の消費税率引き上げ時の景気対策の目玉に位置付けるキャッシュレス決済時のポイント還元について、円滑な実施を求める要望書を世耕弘成経済産業大臣に提出した。

2月11日は「初午いなりの日」 業界全体で普及推進へ 日本惣菜協会

日本惣菜協会は、2月11日の「初午いなりの日」に向けて、今シーズンも関連業界と連携して普及啓発に取り組む。暦上の初午は新暦、旧暦の2つの日程があり、毎年日程が変動し、小売店でも地域によって対応が異なっていた。

消費増税ポイント還元で公正な競争確保求める 小売3団体

日本チェーンストア協会、日本スーパーマーケット協会、日本チェーンドラッグストア協会の3団体は20日、世耕弘成経済産業大臣に対し、「消費税率引き上げに伴うポイント還元策に対する意見・要望」を提出した。3団体はこの中で、「事業者間での差異を生じるようなことなく、消費者にとって分かりやすい簡素で一律の支援策を改めて検討するよう要望する」とした。

製造流通27団体 総額表示義務廃止へ結束 かつてない統一要望

日本スーパーマーケット協会、日本加工食品卸協会、食品産業センターなど消費財製造・流通27団体は消費税総額表示義務の廃止に向け、政府への統一要望に乗り出した。事業者が各々の適性に合った価格表示を自由に選択できるよう、

「サマータイムやめて」 食品流通業界、実施案に悲鳴

20年の東京オリンピック・パラリンピック開催時のサマータイム導入案に食品流通業界が困惑している。移行および終了時の受発注システムや物流への悪影響に加え、生鮮食品の供給不安や消費期限表示の混乱による健康被害を懸念する声もある。

「通販食品展示商談会」出展締切迫る 9月27日から虎ノ門ヒルズで

通販・宅配食品に特化した日本で唯一の通販展示会「第8回通販食品展示商談会」が9月27日(木)、28日(金)の両日、東京都港区虎ノ門の虎ノ門ヒルズフォーラム5階で開催されるが、最終出展締切が迫っている。

「税別表示」恒久化へ規制緩和を 日本スーパー協会 川野会長が旗幟鮮明

日本スーパーマーケット協会の川野幸夫会長(ヤオコー会長)は6月29日、協会定時総会に合わせて行われた記者会見に臨み、現行税別表示の恒久化を柱とする価格表示の規制緩和を政府に引き続き求めていく方針を示した。

食品スーパー 色濃い加工食品不振 ドラッグ競合で値崩れ進行 コストの転嫁厳しく

食品スーパーの酒類・加工食品部門が苦戦している。前回の消費増税に伴う駆け込み反動減が収束した15年春以降、堅調なペースが続いていたが、5月の一般食品(酒類・常温加工食品・菓子)の売上げは1・6%減と3か月連続で前年同月を下回った。下げ幅も月ごとに広がっている。

消費税問題 政府が総額表示推奨へ 重大なデフレリスク再来 スーパーなど反発必至

政府が検討している次期消費増税時(19年10月)の需要変動対策が先週相次いで報じられたことを受け、食品業界に動揺が広がっている。増税前後に生じる駆け込み需要と反動減の抑制に向け、前回増税時(14年4月)に禁止した消費税還元セールの解禁などを目指すものだが、検討案の中に「総額表示の推奨」が含まれていることから、総額表示から税別表示への切り替えによってデフレ脱却の糸口をつかんだスーパーなどの反発は必至だ。

移動スーパーと生協個配 意外な相互補完関係

スーパーの移動販売と生協の個配は共存可能――先週行われた食品スーパー3団体(日本スーパーマーケット協会、オール日本スーパーマーケット協会、新日本スーパーマーケット協会)の定例会見で、スーパー側と生協側の出席者がおのおののサービスの利点と相互補完性に言及する場面があった。買物困難者向けの両サービスは一見競合関係に見えるが、利用者の間では併用と使い分けが定着しつつあるようだ。

食品スーパー 17年既存店0.4%減 青果相場の乱高下に泣く

スーパー主要3団体(日本スーパーマーケット協会、オール日本スーパーマーケット協会、新日本スーパーマーケット協会)がまとめた国内食品スーパーの17年の年間売上高は、既存店ベースで0.4%減となり、回復途上にあった13年以来4年ぶりに前の年の実績を下回った。

盛大に「通販食品展示会」 全国こだわり食品が集結

通販・宅配食品に特化した日本で唯一の「通販食品展示商談会」が9月26日から2日間、東京都港区虎ノ門の虎ノ門ヒルズ森タワーにある虎ノ門ヒルズフォーラム5階で盛況裏に開かれた。今年から虎ノ門に場所を移し、北海道から九州・沖縄まで100社を超す企業により、1千アイテム以上の全国各地のこだわり商品が一堂に集結し、来場者の目を奪うとともに多くの商談も実現した。

盛大に「通販食品展示会」 地域特産品の販路開拓へ

今年から開催場所を「虎ノ門ヒルズフォーラム」に移し、26、27の両日に開かれた「通販食品展示商談会」。地方ならではのこだわり食品や特産品が展示され、来場した通販バイヤーや小売、卸などの目を奪った。

小売り苦戦の5月 青果、水産の前年割れ響く

主要GMS、SMの5月既存店売上高(公表チェーンのみ)は、GMSでは平和堂、SMではヤオコーが前年同月比100%超となる一方、これまで好調を持続してきたイズミ、マルエツが100%割れとなるなど苦戦した。

好循環に黄信号? 客単価DIがマイナスに 食品スーパー

13年から続いていた食品スーパーの客単価の伸びにブレーキがかかった。21日にスーパー3団体(日本スーパーマーケット協会、オール日本スーパーマーケット協会、新日本スーパーマーケット協会)が発表した5月度のスーパーマーケット経営動向調査によれば、同月の客単価DIはマイナス3・4と8か月ぶりに前年同月の水準を下回った。

スーパーの人材確保支援 「バイトル」で合同募集 新日本SM協

新日本スーパーマーケット協会は求人情報サイト大手のディップと連携し、同社のアルバイト求人情報サイト「バイトル」でスーパー向けの人材採用支援企画を開始した。

かんしょでん粉食品 試食・展示会 2月21日に東京で初開催

「かんしょ(さつまいも)でん粉食品試食・展示会」が、2月21日(火)に東京都品川区北品川の大崎ブライトコアホールで開催される。
- Advertisement -

ロングランアクセス