ホーム タグ 恵方巻

タグ: 恵方巻

コンビニ「曲がり角」鮮明に 拡大一転、足元を強化へ

コンビニ業界の「曲がり角」が鮮明になりつつある。先月に行われた上場各社の決算会見では24時間営業、大量出店による拡大・成長戦略といった、これまで業界が当たり前としてきたビジネスモデルについて、いったん立ち止まって見直そうする姿勢が目立った。

コンビニ、食品廃棄削減に本腰 セブンが「1/2ルール」 長鮮度化、値引きの試みも

今年に入り恵方巻の大量廃棄が再びクローズアップされたのをきっかけに、改めて社会的な注目を浴びているCVSの食品廃棄問題。チェーン各社では、廃棄削減への取り組みを強化している。

道頓堀で丸かぶり 大阪大が優勝 大阪海苔組合が節分チャリティ

大阪海苔協同組合は1月27日、道頓堀川遊歩道で恒例の巻き寿司丸かぶりコンテストを開いた。女子大生5チーム(大阪大、関西大、関西学院大、武庫川女子大短大部、京都女子大)と地元のミス商店街の計6チームが参加。

恵方巻 目に余る大量廃棄

恵方巻が、お役所から“目に余る”と注意を受けた。華やかな宣伝合戦とは裏腹に大量の売れ残りを廃棄していることが“ささやかれ”、大量消費社会の矛盾と虚しさが露呈した。農水省の「需要に合った量を売れ」に反論するものはいない。

「作られた伝統」と道徳教育

今月から小学校で教科化された道徳の授業。指導要領では「伝統と文化を尊重し(略)我が国と郷土を愛する」ことが目標の一つに掲げられる。

恵方巻だけじゃない 節分に蒸し豆を マルヤナギ小倉屋

マルヤナギ小倉屋は節分の時季に蒸し豆の需要を喚起しようと、「節分汁」の提案に力を注いでいる。節分には豆をまいて年の数だけ食べるのが習慣となっているが、最近は後始末に手間がかかることや煎り豆の食べにくさを理由に、豆まきを行わない家庭が増えているという。

コンビニ恵方巻 多様な具材で独自性競う

全国的にすっかり定着した節分の恵方巻。いまやCVSにとっても欠かせない予約商材の一つとして、各社とも個性豊かな商品の開発に毎年しのぎを削る。海苔や干瓢などの食材にとっても、重要なアピールの機会だ。

CVS恵方巻 定番からキャラ商品まで多彩 具材で差別化強める

全国的にすっかり定着した節分の恵方巻。いまやCVSにとっても欠かせない予約商材の一つとして、各社とも個性豊かな商品の開発に毎年しのぎを削っている。海苔や干瓢などの食材にとっても、重要なアピールの機会だ。
- Advertisement -

ロングランアクセス