ホーム タグ 山崎製パン

タグ: 山崎製パン

ケーキ生地がつかない! 付着低減の台紙を開発 大塚包装工業

大塚ホールディングス子会社の大塚包装工業(本社・徳島県鳴門市、小松喬一代表取締役社長)はケーキ生地などが付着しにくい「付着低減台紙」を開発し、製品への導入を開始した。ケーキは、時間を経るほど台紙に生地が付着しやすくなる。これによる消費者のストレスやフードロスなどの課題への対応が期待される。

アペックスの自販機 新機種に匠の技 マシンとコーヒー多彩提案

アペックスは4日、サプライヤーや自販機設置見込みの新規顧客に向けて東京都江東区の首都圏支社で展示会を開催し、コーヒーの生豆から抽出に至るすべての工程でベストを追求している姿勢をアピールした。同展示会は関東では2回目の開催となる。

お伊勢さん菓子博2017 「夢の市」長蛇の列 大手8社が趣向凝らす

4年に1度の第27回全国菓子大博覧会が三重県で初めて開催された。会期は4月21日~5月14日。会場は三重県営サンアリーナおよびその周辺。約1千800点の銘菓・スイーツを販売する「全国お菓子夢の市」は平日でも待ち時間が90分と人気ゾーンで、団体客が土産物購入に長蛇の列をなした。

第27回全国菓子大博覧会 三重県で初開催 地元食材で銘菓を開発

ほぼ4年に1回開催される菓子の祭典「全国菓子大博覧会」が4月21日~5月14日までの24日間、三重県で初めて開催される。1911年に東京で始まった菓子博は毎回、開催地を変え、今年で27回目。東海地区での開催としても40年振りとなる。来場者数は60万人を目標としている。

CVS版 CVSは3強時代へ 大きく塗り変わる業界地図

10月を迎え、上場CVS各社の今上期決算がこの先順次発表される。今期はセブン&アイ、ローソンのトップ体制が変わり、9月1日付でファミリーマートとサークルKサンクスが合併、さらには三菱商事がローソンの子会社化を決定するなど、上位3陣営それぞれに大きな動きが見られた。

12月期各社、 第2四半期好調に推移

12月期決算食品各社の第2四半期業績が好調だ。サントリ―食品インターナショナル(既報)は売上高9・1%増、営業利益5%増となり、上期としては売上高、営業利益とも過去最高を記録したほか、
- Advertisement -

ロングランアクセス