ホーム タグ 大阪府

タグ: 大阪府

1年後に迫る五輪 物流の対応は

東京オリンピックの開催まで370日を切った。観戦チケットの抽選結果も発表され、次第に熱気が高まりを見せる中、食品業界内では開催期間の物流を危ぶむ声が聞かれる。先般のG20サミットでは、大阪府内の高速道路と一般道で大規模な交通規制が敷かれ、一部の店頭で品薄になるなどの混乱が生じた。

グループで朝食需要を喚起 狙うは4千億円市場 味の素大阪支社

味の素大阪支社は朝食の欠食を減らす活動をグループでスタートさせた。「朝食ラブ(あさくらぶ)」と銘打ち、野菜摂取を促進する「ラブベジ」や「勝ち飯」に続くASV(味の素グループ・シェアド・バリュー)第3の柱に位置付ける。

海洋プラごみゼロへ 飲料業界がクリーンアクション

飲み終わったペットボトル(PET)は、正しい方法で分別回収されれば再びPETあるいは他のプラスチック素材に生まれ変わる――。市場に出回る約60万tのPETは現在、ともに高い回収率(92.2%)とリサイクル率(84.8%)で循環しているが、その規模の大きさから、

G20大阪サミット 物流大混乱、商売にも痛手 翻弄される食品業界

G20大阪サミットが28、29の2日間、大阪市で開かれる。大阪府内の高速道路と一般道では前日の27日と翌日の30日を含む4日間、大規模な交通規制が敷かれ、物流に多大な影響をもたらすと予想される。

日本気象協会「トクする!防災」 明治と液体ミルク啓発 TV番組もスタート

一般財団法人日本気象協会は、普段の防災意識を一層高めていく啓発活動「トクする!防災」プロジェクトの2019年度の活動内容を発表した。4年目となる今年度は引き続き「備蓄・ローリングストックの実践」をテーマに、さらなる防災啓発活動を推進する。

百福翁に捧げるラーメン、9年ぶりに刷新 チキンラーメン発祥の地で

力の源ホールディングス(福岡市中央区)は3月26日、日清食品の創業者である安藤百福氏がラーメン店を開いたらというコンセプトで開発したラーメン「百福元味」を9年ぶりにリニューアルした。「一風堂 池田店(大阪府池田市)」で限定発売する。

明治からヨーグルト新シリーズ 設備投資に約38億円

明治は、守谷工場(茨城県守谷市)と関西工場(大阪府貝塚市)にヨーグルトの生産ラインを新設する。投資金額は約38億円。新ラインでは、2日から新発売する「明治ヨーグルトドルチェとろけると」シリーズを生産する。

自販機活用し大阪府政発信 ダイドーが府と包括連携

大阪府とダイドードリンコは9日、大阪府庁で包括連携協定を締結した。府政のPR、地域活性化、子供、防災、健康・スポーツ、雇用促進の6分野にわたり連携するもので、ダイドードリンコの自販機やスマートフォンアプリ「スマイルスタンド」を活用した府政情報の発信などを行う。

全国50チームの児童が集結 日清食品協賛の小学生クロカン大会

日清食品ホールディングスが協賛する「日清食品カップ 第21回全国小学生クロスカントリーリレー研修大会」が12月8、9日に、大阪府の池田市民文化会館と吹田市の万博記念公園で行われた。

台風21号 不二製油阪南事業所被災 明治関西工場は被害なし

台風21号による関西国際空港の被災が大きく伝えられたが、食品関連メーカーでは大阪府泉佐野市に立地する不二製油阪南事業所の一部生産工場と近隣の委託倉庫部が被災。一部工場建屋の損壊、保管している商品の一部に水漏れなどの被害が発生した。不二製油グループ本社が5日発表した。

混乱の関空 懸念が現実に

数年前、関西国際空港(以下、関空)を利用する機会があった。到着後、鉄路で対岸の大阪府泉佐野市に向かったが、連絡橋を通過する際に思ったのは、この橋に何かあった場合、関空は一体どうなるのだろうかということ。

鯖や「サバでサバイブ」 市場拡大狙いサバ料理専門店

サバ寿司の製造やサバ料理専門店を運営する「鯖や」(大阪府豊中市)。現在は専門店のSABARを国内外に18店舗展開しており、2020年に38(サバ)店の出店を目指す。8月3日(さかサバの日)には渋谷区に代官山店をオープンした。

大阪北部地震 一部メーカー被災も製配販への影響は限定的

18日朝に起こった大阪北部を震源とする地震では、食品産業界でも一部メーカーの工場が被災。小売店や外食店も当日の営業を取りやめるなど一時的な影響が出たものの、地震の大きさに比べ、製配販への影響は限定的だった。

日本気象協会「トクする!防災」 明治が新たに協賛 協力自治体も広がる

一般財団法人日本気象協会は4月から、自然災害から身を守るために普段の防災意識を高めていく啓発活動「トクする!防災」プロジェクトの2018年度活動をスタートした。このプロジェクトは16年から活動を開始。“必要だとは思っているけれど、なかなか実践できない防災アクション”に対し、おトク感や気軽さをプラスする取り組みで、日頃から防災対策への興味、関心を高め、最終的に自分や家族の身を守ることができる備えをしながら、安心につなげていくことを目指している。

「関西一暑い街」と熱中症対策 大塚製薬

大塚製薬は3月28日、大阪府枚方市と熱中症対策などについて包括連携協定を結んだ。同社は全国の自治体と健康支援に関する連携を推進しており、現在45の都道府県、70を超える市町村と提携している。

イズミヤ山田西店オープン ニューファミリー層の獲得目指す

イズミヤは2月21日、昨年から建て替え工事を行っていた「デイリーカナートイズミヤ山田西店」(大阪府吹田市)をオープン。同社では店舗再編計画として店舗の建て替え工事を進めている。

ダイエー 食品廃棄物削減へ 新たに33店でフードバンクと連携

ダイエーは食品廃棄物削減への貢献を目的に、14日から大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、和歌山県、埼玉県のフードバンク活動団体との連携を新たに33店舗で開始した。フードバンク活動への対応店は合計で40店舗となる。

日本アクセス 道産品など強力訴求 東日本展示会

日本アクセスは17、18の両日、総合展示会「春季フードコンベンション2018」をさいたま市のさいたまスーパーアリーナで開催した。東日本の得意先関係者に独自の商品・販促企画や主要メーカーの春夏重点商品を紹介するもの。来場者数約1万1千人、出展者数約600社。

2025大阪に期待

大阪が誘致に取り組んでいる25年万国博覧会は、今年11月の博覧会国際事務局総会で投票により開催地が決定する。20年東京オリンピックの陰に隠れて目立たないが19年のラグビーワールドカップ、ワールドマスターゲームズ2021関西と国際的なスポーツイベントが連続して開催される。

大阪池田でクリスマス企画 “食育体験”をプレゼント 日清食品HD

日清食品ホールディングスは25日、大阪府池田市のカップヌードルミュージアム大阪池田(旧インスタントラーメン発明記念館)において、小学生限定のクリスマス特別イベント「カップヌードル探検ツアー」を開催した。このツアーは、日清食品創業者の安藤百福氏が世界初のインスタントラーメン「チキンラーメン」を発明した様子、
- Advertisement -

ロングランアクセス