ホーム タグ 冬アイス

タグ: 冬アイス

冬アイスブームに陰り? 12月は7%減

アイスクリームの12月市況は、7%減で着地した模様。15年暮れから始まった「冬アイス」ブームは、厳しい寒さの中でも順調に市場を拡大させてきたが、今期は冷え込んだ気温並みの動きとなった。ロッテから森永製菓まで市場の4分の3を占める上位7社もほとんどが前年に届かず、ブームも一段落したようだ。

アイスクリーム市場、5千億円突破 天候不順なんのその 5年連続記録更新

アイスクリーム類の17年度(4~3月)市場規模は5千114億円、前年比3.5%増となり、史上最高売上高を5年連続して更新し、市場規模を初の5千億円台に乗せた。10年が4千63億円だったので、わずか8年間で1千億円を積み増したことになる。

「冬でもアイス」当たり前?寒波よそに好調

本当に寒い1月だった。日本列島は過去最強クラスという寒波に見舞われ、東京では24日からの1週間の平均気温が何と1.8度。これは日中の最高気温も含んでのもので、平年より3度も低かった。

11月市況 前年並みで着地 久しぶりの穏やかさ 自然増で2%が実力?

11月は久しぶりに穏やかな1か月となった。7月は猛暑から在庫不安が持ち上がり、8~9月は低温基調、10月は雨また雨と、天候に翻弄され続けた4か月だった上、前年比の数字も3か月連続でマイナスとなり嫌な感じになりかけていたが、何とか前年並みを維持できた。

アイスクリーム5千億円目前 4年連続で最高売上高更新

アイスクリーム類の2016年度(4~3月)市場規模は4千939億円、前年比6・3%増となり、史上最高売上高を4年連続して更新した。アイスクリーム類はアイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイス、氷菓の4区分に分けられ、いずれの区分も前年を上回った。

アイス市場 16年度4千900億円 NBが牽引、250億円増

16年度の市場規模は本紙推定で4千900億円(前年比5・4%増)、金額にして250億円を増販し着地したと思われる。15年度の“マツコ効果”の反動から当初苦戦も予想されていたが、最需期の中部以西の酷暑や下期も順調に前年を上回る推移となったことが大きい。

アイスクリーム特集 2月市況 6%増

2月の市況は6%増で着地した。暖冬だった昨年2月を上回り、冬アイスの定着、拡大が進んでいる。冬アイスでは高額ノベルティが話題になるが、「エッセル バニラ」17%増、「爽 バニラ」18%増、「パルム」10%増、「パピコ」13%増など、主力商品も好調に動き牽引車となっている。

“マツコ効果”反動なし 堅調の冬アイス

昨年12月のアイスクリーム市場は、前年同月比で2%減で着地し業界関係者は一様に戸惑いを見せている。15年12月はマツコデラックスの番組でアイスクリームが取り上げられたこともあり20%増と大きく伸び、その反動から2ケタ減も覚悟していたからだ。

逆光線 - 冬アイス

先日、大手コンビニの冬アイス試食体験会に出かけてきた。昨今注目を集めている冬アイスということもあってテレビを含む30社のメディアが集まり、日本アイスマニア協会員の若い女性も多数参加する催しだった
- Advertisement -

最新記事

人気記事