2019 / 11 / 21 木曜日
ホーム タグ 健康・機能性食品

タグ: 健康・機能性食品

オンガネジャパン グローカル、下関発 学習塾向け商品も好調

オンガネジャパン(山口県下関市、岡本昭宏社長)は日韓ビジネスの旗手として近年、業界関係者の注目を集めている。韓国海苔を手始めに創業した同社は、優れた韓国食品の輸入でヒットを量産してきた。「サリ麺」「高麗紅参」「エゴマ油」などはその一角だ。輸入販売から国内での製造販売、輸出――。

乳酸菌サプリで世界初、目の疲労感を軽減 キリンHD

キリンホールディングスは14日、自社で研究を進める「KW乳酸菌」を配合した機能性表示食品「iMUSE eye KW乳酸菌」を発売した。同製品は、世界初となる目の疲労感軽減を訴求する乳酸菌サプリメント。同社では10月に開催された「日本神経眼科学会総会」でも「KW乳酸菌」の目の疲労感軽減作用に関する研究成果を発表している。

ホップの健康価値提供へ合弁会社設立 キリンHDと電通

キリンホールディングスは、ビールの苦み成分としても知られるホップを原料とした独自素材「熟成ホップエキス」を用いたビジネスモデルの構築に注力する。10月15日付で電通との合弁会社「INHOP(インホップ)株式会社」を設立。新会社の活動を通じて健康課題をはじめとした社会課題の解決を目指す。

機能性表示のポップコーン 朝食・腸活メニュー提案 ジャパンフリトレー

ジャパンフリトレーは24日、都内で新商品発表とセミナーを開催。28日に日本のスナック菓子として初となる機能性表示食品として一部コンビニエンスストアで先行発売された「マイクポップコーン プラスファイバーうすしお味」を使った「腸活レシピ」を提案した。

「自然・健康」で飲料強化 機能性表示の甘酒が好調 養命酒製造

養命酒製造は、「薬用養命酒」の売上げ回復と酒類食品分野の伸長カテゴリーへの注力に取り組み、事業の拡大と収益性の向上を図っていく。飲料は同社の食品分野に位置づけられ、14年3月に関東で美容飲料「食べる前のうるる酢」を発売開始したのを皮切りに、15年3月に同商品を全国発売。

キューサイ ロゴとスローガン刷新 青汁商品もリニューアルへ

キューサイは創業55年目を機に自社のロゴとコーポレートスローガンを刷新した。新たなロゴは「Q'SAI」をデザインしたもので「Q」には「Question=常に問いかけること」「Quest=探求していくこと」「Quality=高い品質であること」の3つの想いを込め、さらにそこから生まれる「′」は気づきを表すアテンションとして表現した。

頑張る人に「sonae」 花王の新ブランド 食品・雑貨横断で新習慣提案

花王は、各分野で長年培った研究技術を集結して粉末飲料・タブレット・雑貨の各カテゴリーでこれまでの市場にはない新商品を開発した。“頑張るあなたの「その日への思い」を応援したい”を3品の共通コンセプトに掲げ、新ブランド「sonae(そなえ)」の「ウィルバリア」シリーズとして19日から発売している。

機能性表示のノンアル飲料 熟成ホップ由来成分で脂肪低減 キリンビール

キリンビールは15日、史上初となる「熟成ホップ由来苦味酸」を使用したノンアルコール・ビールテイスト飲料「キリン カラダFREE(キリン カラダフリー)」を発売した。「キリン カラダFREE」は、熟成ホップ由来苦味酸を関与成分として初めて販売した機能性表示食品。

ドリンク剤、海外に食指 国内では美容飲料に期待 ダイドーグループHD

ダイドーグループホールディングスの100%出資子会社の大同薬品工業は10日、群馬県館林市に関東工場を竣工し、2020年春からの稼働を目指している。新工場建設にあたっては約60億円を投資したが、「大同薬品工業は受託に特化し、事業としてグループの中でも比較的安定している。

会津産「ピンピンころりカレー」 下北沢カレーフェス出店 特産のオタネニンジン使用

会津美里振興公社は10日から22日まで都内で開催される「下北沢カレーフェスティバル2019」で、会津産のオタネニンジンを使った「ピンピンころりカレー」の期間限定レストランをオープンする。「カレーライス」のほかにも会津B級グルメとして「カレー焼きそば」や「カレーパン」を販売。

乳酸菌飲料に超大型商品 「Yakult 1000」登場 ヤクルト本社

「価格以上の価値がある商品と確信している」(林田哲哉ヤクルト本社取締役常務執行役員食品事業本部長)。乳酸菌飲料市場に超大型商品が登場する。ヤクルト本社が1日、同社初の機能性表示食品として首都圏の1都6県で先行発売した「Yakult(ヤクルト)1000」がそれだ。

米ぬか由来「スーパービタミンE」 東北大スタートアップ、1億円調達し本格展開

東北大学発スタートアップのファイトケム・プロダクツは、米ぬか由来の未利用油を用いた「スーパービタミンE」などを製品化、9日に東北大学ベンチャーパートナーを無限責任組合員とするTHVP-1号投資事業有限責任組合から1億円を資金調達し、関連する製品の製造販売を本格化させる。

高齢者の低栄養に着目 栄養補助食品「アイソカル」 ネスレヘルスサイエンスカンパニー

ネスレ日本・ネスレヘルスサイエンスカンパニーは、医療機関や介護施設において高齢者向けの栄養管理のための栄養補助食品を展開。栄養機関や高齢者施設での展開は約1万軒に及んでいる。「メディカルニュートリション分野では世界第2位を保ち、栄養と健康の分野でのイノベーションをリードしている」(中島昭広カンパニープレジデント)という同社だが、

明治が「尿酸値プロレス」 気になる世代応援へ往年のレスラー集結

明治は10月13日に都内某所で開催する1日限定のスペシャルマッチ「尿酸値が気になる世代が集う!戦う!応援する!尿酸値プロレス」に100組200人を招待する。「明治プロビオヨーグルト PA-3」を対象とする「尿酸値が気になる世代が集う!戦う!応援する!尿酸値プロレス キャンペーン」として実施する。

国内で初めて商品化 胃に関する機能性表示食品 ヤクルト本社

ヤクルト本社は11月11日、国内初となる胃に関する機能性表示食品「BF-1(ビーエフワン)」を全国で発売する。表示しようとする機能性は「本品には、B.ビフィダム Y株(B.ビフィダム YIT 10347)が含まれるので、食後の胃の負担をやわらげる機能があります」。

過熱する睡眠ビジネス 機能性表示で“質の向上” 「睡眠負債」解消へ各社名乗り

睡眠ビジネスが活気づいている。アロマや入浴剤、医薬品、お昼寝カフェなどカテゴリーは多岐にわたるが、中でもサプリメントが注目され、機能性表示食品に認定された商品も多く出回っている。販売チャネルは通販が多いが、ドラッグストアでも存在感を保っている。

睡眠の質向上のプログラムを提案 江崎グリコ×ZERO GYM

江崎グリコは秋の睡眠の日(9月3日)に向けて、疲労回復専用ジムとして注目される「ZERO GYM」(ゼロジム)とコラボし、「寝る前の黄金の30分」メソッドを動画配信サイトで提案する。自身の睡眠を見直すことで日々のコンディションアップにつなげることが狙い。

キリンHDとファンケルが資本業務提携 ブランド力と技術生かし「健康」で協働へ

キリンホールディングスとファンケルは6日、資本業務提携を締結した。健康に関する社会課題の解決を通じて成長を目指すキリンの考えと、健康寿命の延伸に取り組むことで成長を目指すファンケルの考え方が一致したことが背景。

「アサヒ飲料=健康基軸」アピールへ カテゴリー横断し共通成分配合

アサヒ飲料は、共通の機能性関与成分を主要ブランド含む複数のカテゴリーに配合してシリーズ展開する新手法を用いて健康領域の取り組みを加速させる。健康価値を付加して各主要ブランドに磨きをかけることと、シリーズ化のインパクトで企業の健康イメージを高めるのが狙い。
- Advertisement -

ロングランアクセス