2019 / 09 / 18 水曜日
ホーム タグ 企業活動

タグ: 企業活動

味の素 社会課題解決に「勝ち飯」 自治体、流通と連携し拡散

味の素グループは、事業を通じた社会課題の解決に取り組み、社会・地域と共有する価値を創造することで成長につなげる取り組みをASV(Ajinomoto Group Shared Value)と呼んでいる。

カゴメが「名探偵コナン」とコラボ 若年層の朝食離れ改善を啓発

カゴメが9月末から野菜飲料の販売促進を強化する。幅広い層から人気のアニメ「名探偵コナン」とコラボしたキャンペーン「彩色の朝食(さいしきのモーニング)」を9月30日から11月29日まで実施。キャンペーンは対象商品を購入してポイントを集め、好きなコースに応募すると、合計1千330人に「名探偵コナン」限定コラボグッズが当たる。

大阪府の野菜摂取不足解消へ 府と連携しカゴメ

大阪府とカゴメは4日、大阪府庁で包括連携協定の締結式を行った。健康、子ども・福祉、地域活性化、女性活躍・雇用促進、防災、府政のPRなど6分野にわたる連携と協働を行い地域の活性化および府民サービスの向上を図る。

「えごまアイス」が大賞 伊藤忠食品「商業高校フードグランプリ」

伊藤忠食品は全国の商業高校生がプロデュースする“食”の商品コンテスト「商業高校フードグランプリ2019」の本選を8月30~31日に東京・池袋サンシャインシティで開催した。

「拡張するお絵かき」テーマに作品展 ギンビスなど3社

ギンビスとタカラトミー、ぺんてるの3社合同企画「たべっ子アニアってる展」が8月23~30日にかけて四谷三丁目ランプ坂ギャラリー(東京都新宿区)で開催された。

浜離宮庭園で茶道体験会 伊藤園、大江戸文化芸術祭に協賛

伊藤園は8月23から25日までの3日間、東京都中央区浜離宮庭園の浜離宮恩賜庭園で開かれた「浜離宮大江戸文化芸術祭2019」に協賛し、庭園内で茶道体験会を催した。

キッコーマン中央研究所竣工 新技術・新製品開発強化

キッコーマンが千葉県野田市の野田本社社屋北側に建設していたキッコーマン中央研究所が竣工した。同社は10月から新たな研究開発拠点の中央研究所を稼働する。

子どもの野菜摂取へ食育イベント カゴメとイズミ 広島県知事も協力

カゴメとイズミは23日、広島市のゆめタウン広島で食育イベントを行った。子供の野菜摂取を促進するのが狙いで、ベネッセの人気キャラクターしまじろうも登場し、集まった親子連れと一緒に野菜をテーマにしたダンスやクイズなどを楽しんだ。

オフィスに家族を招待 職場環境体感の機会を 人手不足背景にコカ・コーラ ボトラーズジャパン

コカ・コーラ ボトラーズジャパンは8月20日、同社の赤坂オフィスや六本木オフィスなどで初となる社員の家族らを紹介したイベント「Friends&FamilyFes(フレンズアンドファミリーフェス)2019」を開催した。

社業通じたCSVに注力 非財務の中長期目標策定 コカ・コーラボトラーズジャパンHD

コカ・コーラボトラーズジャパンホールディングス(CCBJH)は、CSV(共創価値)の中長期目標「THE ROUTE to Shared Value(ザ・ルート・トゥ・シェアード・バリュー)」を策定した。

聖火リレー体験ツアー EXPOCITYで開催 コカ・コーラ

日本コカ・コーラは8月末まで全国47都道府県で「コカ・コーラ&東京2020オリンピック聖火リレー全国47都道府県聖火ランナー体験ツアー」を開催しており、大阪府では7日、ららぽーとEXPOCITY(大阪府吹田市)で開催、開幕まで1年を切ったオリンピックムードを盛り上げた。

産官学でメニューコンテスト 「適塩」「野菜摂取」テーマに カゴメ・大阪府

カゴメ大阪支店は、ケチャップやトマトソースを利用した「適塩・野菜たっぷり めっちゃ健康メニューコンテスト」を大阪府と実施。12日に最終選考会を開いた。国立循環器病研究センターが後援。

大阪発祥の文化を子どもたちに コノミヤが親子700名を招待しイベント

コノミヤは3日、大阪市の国立文楽劇場に350組・700人の家族連れを招き「夏休み文楽親子劇場」を開催した。今年で10回目を迎え、食品メーカー22社が協賛した。この企画は子供たちに大阪発祥の文楽を親しんでもらおうという企画で、今年も約1千通の応募があった。

こども食堂に244万円を寄付 アサヒ飲料中部北陸支社、赤い羽根通じ中部5県・15施設に

アサヒ飲料中部北陸支社(佐藤康彦支社長)は7月30日、「三ツ矢」「カルピス」ブランドの売上げの一部244万円を、中央共同募金会(赤い羽根共同募金)を通じて事業管轄エリア5県の「こども食堂」15か所に寄付した。同日、佐藤支社長、愛知県共同募金会・溝口正己常務理事、「よつ葉こども食堂」管理者・伊豆田眞也氏らが出席し、目録贈呈式が執り行われた。

カゴメ「コトビジネス」を事業化 健康事業部、将来へ基盤整備

カゴメの寺田直行社長は7日、2022年から3年間の次期中期経営計画において「コトビジネス」を事業化する考えを示した。同社は、今年度から始まった第2次中期経営計画(2019~2021年度)において、収益力強化の継続と新事業・新領域への挑戦による成長を目指しており、

女性社員対象に「ダイバーシティフォーラム」 昭和産業

昭和産業はこのほど、女性社員対象の「SHOWAダイバーシティフォーラム」を開催した。東京、大阪の2会場で、全女性社員の約半分となる145人が参加した。昨年の経営陣および部所長対象「女性活躍推進セミナー」に続く第2弾として、ダイバーシティの大枠の中で、女性活躍推進への意識と理解を深めた。

親子で学習「アミノ酸」「SDGs」 フードロス問題で講演も 味の素

味の素社は7月29日、神奈川県川崎市の味の素グループうま味体験館で、「夏のリコチャレ2019イベント いのちのもと~アミノ酸のひみつ」(アミノ酸のパワーによるSDGsへの貢献について学んでみよう!)を開催した。

走高跳日本代表の衛藤選手 みえ・「勝ち飯」で五輪出場目指す 味の素

味の素はアスリート向けの栄養改善プログラムのノウハウを生かし、地場の食材を使って考案した栄養バランスご飯「勝ち飯」を展開している。その一環として同社は7月28日、鈴鹿市のイオンモール鈴鹿でみえ・「勝ち飯」スペシャルトークショー&試食会を開催し、休日とあって多くの来場者が訪れた。

「勝ち飯」で食生活に貢献 無理なく実践できる献立を 味の素九州支社がセミナー

味の素九州支社(福岡市博多区、白羽弘支社長)は7月23日、熊本市の熊本県立大学大ホールで「朝食のススメ&勝ち飯セミナー」を開催。学生や主婦など幅広い年齢層の一般来場者350人が参加した。

うま味調味料への誤解、「無添加」表示が増幅 サイエンスベースの情報発信を 味の素

味の素社はこのほど、東京會館で「なぜフェイクニュースは消えないのか?うま味調味料(MSG)の安全性と風評について」をテーマにパネルディスカッションを開催。司会を含む6人のパネラーから風評が残る理由や無添加表示への意見などが交わされた。
- Advertisement -

ロングランアクセス