2019 / 11 / 21 木曜日
ホーム タグ 企業活動

タグ: 企業活動

カゴメ 山口次期社長 飲料、惣菜で野菜摂取推進 新野菜「ケーリッシュ」拡販

カゴメの次期代表取締役社長に、来年1月1日付で山口聡現取締役常務執行役員が就任(野菜事業本部長兼務)、寺田直行現代表取締役社長は取締役会長に就任するトップ交代が内定したが、山口氏は15日、2020年度の重点活動について次のように語った。

子どもの安心・安全へ「AAひろば」 名古屋市で初のイベント ポッカサッポロ

ポッカサッポロフード&ビバレッジは、名古屋市名東区の「安心・安全で快適なまちくりパートナーシップ事業」に登録し、協業活動をスタートした。同社が協賛した初めてのイベント「A(あんしん)・A(あんぜん)ひろば」が11月9日、名東区役所で開かれ、親子連れらでにぎわった。

キユーピー、農林水産大臣賞を受賞 3R推進功労で2年連続

キユーピーとキユーピータマゴが長年続けている卵殻の付加価値化と社会貢献への挑戦が、「令和元年度リデュース・リユース・リサイクル推進功労者等表彰(3R推進功労者等表彰)」の農林水産大臣賞を受賞した。

障がい者と「農福連携」 カゴメ、トマト栽培を二人三脚で

カゴメは全国の特色ある農産物や加工品を「農園応援」ブランドとして通信販売チャネルで展開しているが、このほど発売した「農園応援 北海道余市トマトジュース」は「農福連携」という新しい考え方で開発した。

からだよろこぶ朝食メニュー カゴメがロイヤルパークホテルとコラボ

カゴメは、ロイヤルパークホテルとのコラボ企画の第2弾として、「からだよろこぶ朝食で、優雅な一日のはじまりを」をテーマとしたコラボメニューを開発した。メニューは11月1日から12月31日までの期間限定で、シェフズダイニング「シンフォニー」での朝食ブッフェで提供されている。朝食ブッフェ時にカゴメコーナーを設け、税込み価格は大人3千872円、子供1千815円。

味の素 世界的な健康課題解決で成長加速

味の素社の西井孝明社長は6日、2020年3月期中間決算発表の中で、次期中期経営計画に向けた重点戦略である海外調味料事業の進捗状況を発表した。海外食品は、うま味調味料を基盤に市場規模の大きい風味調味料と成長性の高いメニュー用調味料の拡大により、セイボリー事業の拡大を図っているが、

水の大切さを啓発 「三ツ矢サイダー」の出前授業 アサヒ飲料

「世界76億人の約4人に1人は安全な水を安心して飲むことができない」――。小学校で水の大切さをこう訴えるのは出前授業で講師役を務めるアサヒ飲料の正重高志コーポレートコミュニケーション部CSV推進グループ統括課長。

豊橋で「食品ロス削減シンポジウム」

愛知県主催による「食品ロス削減シンポジウム」が10月26日、豊橋市の豊橋調理製菓専門学校で開催された。参加者は約60人。当日は料理研究家・寺田真二郎氏による基調講演「家庭でできる食品ロス削減について」、

名古屋文理大の産学連携商品、今年も力作揃い 韓流ブーム写す

名古屋文理大学、中部の地場食品メーカー、業務用卸・昭和、稲沢市など産学連携による「NBMS商品開発プロジェクト」の商品お披露目会が10月16、17の両日、昭和の「年末謝恩見本市」会場で執り行われた。

キーコーヒー、チャリティ古本市に参画 障がい者の就労機会と自立を支援

キーコーヒーはチャリティ古本市実行委員の一員として10月29日に東京・新橋の桜田公園内の生涯学習センターで開催された「~本でつながるみなとの絆~チャリティ古本市」に参画した。

カゴメ かながわ学校給食夢コンテスト 受賞作品、富士シティオで商品化

カゴメは、昨年4月に神奈川県と包括協定を締結し、その一環として今年6月から「野菜摂取促進策2019」の施策である「かながわ学校給食夢コンテスト」を実施。その表彰式が10月27日に神奈川県歯科医師会館で開催された。

ARCアワード最高賞 日本企業で初受賞 日清食品HD

日清食品ホールディングスが発行した「アニュアルレポート 2018」が、世界最大規模のアニュアルレポートコンペティション「International ARCアワード」で最高賞の「Best of Show」を受賞した。

昭和産業 バイオマスごみ袋の実験開始 プラ使用量、CO2排出抑制へ

昭和産業は自社バイオマスを有効活用した清掃作業用ごみ袋のフィールド実験を船橋市役所で開始した。フィールド実験に使うごみ袋は原料にバイオマス(非食用小麦15%、トウモロコシ由来の工業用コーンスターチ5%)を20%使用。石油由来のプラスチック使用量、償却時のCO2排出量をそれぞれ2割削減できるという。

「みまもり自販機」行政と初連携 深谷市、警察署と協定書を締結 キリンビバレッジ

飲料自動販売機の機能をめぐり競争がし烈化している。災害発生時に災害情報を流す防災自販機や、訪日外国人に対して多言語で対応するおもてなし自販機、カードで商品を購入するとポイントが貯まるカード自販機など、数多くの進化機が開発されている。

ごみ発電電力を東京本社で使用へ 日清食品HD

日清食品ホールディングスは、年度内を目途に同社東京本社(東京都新宿区)で使用する電力の50%を「ごみ焼却発電施設」で廃棄物から作られた電力に切り替える。

マルハニチロ公式サイト ベイスターズの青を基調に特別デザイン

マルハニチロは10月29~31日まで、公式サイト全ページを横浜DeNAベイスターズの青を基調とした特別デザインに変更している。同社は今年1月に「横浜DeNAベイスターズ70th ANNIVERSARY PROJECT」のオフィシャルスポンサーに就任。

ミャンマー 日本の食品企業誘致進む 生産拠点、消費市場として魅力

アジアで残された最後のフロンティアとして注目されているミャンマー。2011年の民政移管後、急ピッチで民主化、経済改革が進められており、多くのビジネスチャンスが生まれようとしている。低賃金で良質な労働力があり、生産拠点及び消費市場としても魅力があるとされ、日本の食品、飲料企業の誘致が活発化しようとしている。

「朝食×歩く」官民で推進 スポーツ庁とアサヒ飲料・アシックス・東急が連携

「歩く」を入り口にビジネスパーソンを中心とした国民の健康増進を目指すスポーツ庁の官民連携プロジェクト「FUN+WALK PROJECT」では10月を強化月間と定めさまざまな施策を実施している。

味の素 三大疾病予防で3社と提携 知見活用し早期発見、治療を

味の素は、太陽生命保険、エスアールエル、セルメスタ社の3社と、三大疾病(がん、脳卒中、心筋梗塞)の予防に関して業務提携した。味の素を含む4社は、それぞれが持つ“三大疾病評価”“予防サポート”“ITプラットフォーム運用”に関する知見や技術を活用し、
- Advertisement -

ロングランアクセス