ホーム タグ ワイン

タグ: ワイン

ワインの間口拡大狙いシードル発売 3週間で目標5割達成 メルシャン

メルシャンがワインの間口拡大を狙って投入した「おいしい酸化防止剤無添加ワイン シードル」が3月5日の発売以来、3週間で約1万9千箱を販売。これは年間販売目標の約5割に当たる。年間販売目標は4万箱(500㎖×12本/1箱換算)。

カクヤス、品質管理徹底の業務用ワイン配達 2周年で「花」の新業態も

カクヤスが展開する業務用ワイン販売サービス「―ザベストワイン―コルク」が発足2周年を迎えた。コルク事業では品質管理を徹底した上、専用車で専門スタッフが配達を行い、定期的な配送品質チェックもなされている。

“ワインバリア”打破へ 5大ブランドに集中投資 メルシャン

昨年のメルシャンは「基幹ブランドへの選択と集中」などを掲げた結果、ワイン計で前年比2%減(702万箱)と、3%減とみられる市場を上回った(うち国内製造2%減・364万箱、輸入1%減・338万箱)。

欧州産ワイン値下げ始まる 市場活性化へ高まる期待

2月1日に発効した日欧EPAにより欧州産輸入ワインの関税が即時撤廃され、大手輸入業者や小売店が当日から値下げに踏み切った。これまでスティルワインには750㎖ボトル1本当たり最大で93円、スパークリングワインは最大136円の関税がかかっていた。

ワインを第2の柱に EPA発効でデイリー品強化 上級ブランドも拡大へ サッポロビール

サッポロビールは今年、ワイン事業をビールに次ぐ「第2の柱」へと育成することをテーマに掲げる。1月22日に東京・銀座の「グランポレール ワインバートーキョー」で行われたワイン事業説明会で、髙島英也社長は「19年の活動方針は『もっと近くに!』。お客さまにもっと寄っていき、感動していただく。

欧州産ワイン一部値下げ 明治屋・エノテカ

明治屋とエノテカは欧州産の一部ワインにつき、3月1日からの値下げを相次いで発表した。これは日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)発効により、EUから輸入するワインの関税が撤廃されることから行われるもの。

100万箱が2ブランドに 日欧EPAでチャンス拡大 サントリーワイン

18年のサントリーワインインターナショナル単体は642万ケース(日本ワイン・輸入ワインは9ℓ換算、国産カジュアルは8.64ℓ換算)、前年比104%と市場を上回る好調な推移を見せた。今年は日欧EPA発効などを受け活動を強化、103%を計画する。

丸亀の骨付鶏とさぬきワインがタッグ 香川県の魅力発信

香川県の丸亀市とさぬき市は特産品の骨付鳥と日本ワインのPRで連携して認知向上、販路開拓を図っている。12月には東京・丸の内の日本百貨店さかばで骨付鳥とワインのマリアージュフェア発表会を開催。

清酒、厳しい数字に強い危機感 量から質への転換なるか 日本酒造組合中央会・篠原会長

18年(1~10月)の清酒は全月前年割れの前年同期比93.3%、本格焼酎・泡盛は93.8%で推移。日本酒造組合中央会の篠原成行会長は21日の会見で「大変危惧している」と危機感を示した。

「シャトー・メルシャン」世界を狙うパッケージへ 海外専門家の知見生かす

メルシャンは今秋、日本ワインブランド「シャトー・メルシャン」のポートフォリオを刷新。新ポートフォリオは「アイコン」「テロワール」「クオリティー」の3層とした。階層間に上下関係はなく競合する価格帯でのトップブランドを狙っている。

“ボジョパ”でヌーヴォー活性化 インスタ映え商品も サントリー

サントリーホールディングスは15日、大阪市北区で「2018 ボジョレー・ヌーヴォーを楽しむ夕べ」を開催した。ジョルジュ・デュブッフ氏が醸造したボジョレー・ヌーヴォーとワインに合うおつまみを楽しんでもらおうと毎年企画しているもの。

ボージョレ・ヌーヴォー 飲用時期分散し縮小傾向 輸入量は日本が5割弱で首位

今年も15日にボージョレ・ヌーヴォーが解禁される。国内市場は緩やかな減少傾向をたどっているが、輸入数量の約5割を日本が占めており、ワイン飲用の機会として定着している。

注目のスプマンテ披露 伊アストリア社「コールドワイン9.5シリーズ」 高瀬物産

髙瀬物髙瀬物産は10月24日、東京・丸の内ビル内「CITACITA」で、イタリア・アストリア社の「コールドワイン9.5」シリーズの新ボトル&新製品発売を記念したパーティーを開催した。当日はアストリア社のオーナー、ジョルジョ・ポレガート氏が来日。

食生活MD充実のヤオコー新浦安店 最大規模のワイン売場も

ヤオコーは9月27日、千葉県浦安市に「ヤオコー新浦安店」をオープンした。旧イトーヨーカ堂新浦安店の跡地にオープンした商業施設「ニューコースト新浦安」1階の核テナントとして入居。

南豪のワインメーカー最高峰ペンフォールズ 白ワインの魅力を発信

サッポロビールは9月26日、豪州の高級ワインメーカー・ペンフォールズのキム・シューローターシニアディレクターを迎え、同社の白ワインの魅力を伝えるメディア向けイベントをホテル・グランヴィア京都で開催した。

髙島屋 東京・日本橋にSC開業 地元生活者のニーズに焦点

髙島屋は9月25日、東京・日本橋に「日本橋髙島屋S.C.(ショッピングセンター)」を新館に開業した。これはグループが進める「“まちづくり戦略”を象徴するもの」(木本茂社長)。本館(百貨店・専門店)、今春に開業した東館(同)、15年開業のウオッチメゾン(百貨店)と併せた4館約6万6千㎡の新・都市型SCとなった。

AMAZONワインで「吉呑み」を 通販の認知向上へ店頭訴求

吉野家とアマゾンジャパンは18~21日の4日間、アマゾン直輸入のワインを、吉野家が展開する「吉呑み」で、1杯100円で提供するイベント「吉呑みスペシャル2018~今夜はAMAZONワインで“よしりんぐ”!~」を、吉野家で売上日本一の東京・有楽町店で開催した。
加藤産業グループ 総合食品展示会

購買傾向踏まえ売場提案 加藤産業総合展示会

加藤産業グループは12~14の3日間、神戸国際展示場で総合食品展示会を開いた。メーカー516社が出展、全国の得意先約5千500人を招待した。メーカーの内訳は加工食品222社、業務用・低温196社、酒類98社。

シャトー・メルシャン 桔梗ヶ原ワイナリー開設 日本ワインのエンジンへ

メルシャンは8日、長野県塩尻市内に赤ワインに特化した「シャトー・メルシャン桔梗ヶ原ワイナリー」をオープン、9月下旬から桔梗ヶ原ヴィンヤードで収穫したぶどうの仕込みを開始する。
- Advertisement -

ロングランアクセス