2019 / 09 / 19 木曜日
ホーム タグ レトルトカレー

タグ: レトルトカレー

カニカマ 脚光の陰で

戦後の食品3大発明と言えば、「インスタントラーメン」「レトルトカレー」「カニカマ」。そのカニカマが誕生50年を前に、筋肉増強食として脚光を浴びている。

「こどものためのボンカレー」 「ママ」の意見取り入れパッケージ刷新 大塚食品

大塚食品はレトルト食品の新製品を26日から全国で発売する。「こどものためのボンカレー」を新パッケージに刷新して投入し、「ボンカレーGRAN」シリーズに1品を追加。どんぶりの素を「大塚のボンドンブリ!」ブランドに一新して2品を展開する。

表紙がそのままパッケージに 増加する雑誌タイアップ商品

雑誌とタイアップし雑誌の表紙をそのままパッケージデザインにしたレトルト食品が相次いで新発売される。雑誌のイメージと重ね合わせることで商品のコンセプトが消費者に伝わりやすく、雑誌の読者層の取り込みも期待できる。
新ブランド「からだスマイル」(日本アクセス)

働く女性の美と健康を応援 日本アクセスが新ブランド「からだスマイル」

日本アクセスは、健康軸の新ブランド「からだスマイル」を立ち上げ、量販・ドラッグでのコーナー提案を強化する。このほど、東西2会場で開かれた総合展示会「秋季フードコンベンション2019」で、小売バイヤーに新ブランドを披露した。

ハチ食品 「カラダにSPICE」など秋冬は健康訴求を軸に

ハチ食品はこのほど、秋冬家庭用新商品を発売。“低糖質”や“緑黄色野菜”、スパイスなど健康を切り口とした新シリーズも登場した。

エスビー食品「小袋ねりわさび」 ハラール認証品訴求

エスビー食品は11~13日に東京ビッグサイトで開かれた「第5回ハラールマーケットフェア」に出展し、16日発売の業務用新商品「ハラール認証小袋ねりわさび2g」を中心にハラール認証商品、ムスリムフレンドリー商品を紹介した。

レトルトカレーのレシピ動画 エスビー食品「食べ方チョイス」で提案

エスビー食品はレトルトカレー「食べ方チョイス」シリーズを使ったレシピ動画を公開している。15日から「DELISH KITCHEN(デリッシュキッチン)」「cookpadTV(クックパッドTV)」「Tastemade(テイストメイド)」「mogoo(もぐー)」「C CHANNEL(シーチャンネル)」の5つのメディアでの配信を順次開始。動画公開に合わせ、4月16日まで消費者キャンペーンも実施している。
国分西日本 広島 春季展示会

国分西日本 広島で春季展示会 開発商品、NBと共同提案

国分西日本は2月27日、広島県立産業会館で春季展示会を開いた。メーカー214社が出展し、中四国の得意先180社・約320人が来場した。自社商品のコーナーでは人気漫画「ワカコ酒」とのコラボパッケージ、一部チャネルで先行発売していた厳島神社の写真を載せた広島県産かきなど、缶つまの限定商品を紹介。

レトルトカレー 価値訴求で需要創出 18年度も拡大基調維持

レトルトカレーが順調な動きを見せている。家庭用市場(4~3月)は2015年度、16年度と拡大。17年度も4~12月の累計で前年同期比3%程度の伸長で推移している。2月、3月の動向によるものの、3年連続の成長で着地する可能性が高まっている。

神戸発の備蓄食を 商品化へ向け市民が試食

神戸市は家庭での備蓄を推進する狙いで、市民の意見を取り入れた新しい備蓄食の開発を進めている。普段の食事をしながら買い足すローリングストック法に基づき、家庭で備えるきっかけにしようと「KOBEそなえとうパントリー」プロジェクトを結成。
山一商事 秋季総合食品展示会

インバウンド対策深耕 ミチナル・「つきいち」新商品も 山一商事

岐阜・高山地盤の業務用食品卸・山一商事は6、7の両日、本社会場で「2017年 秋季総合食品展示会」を開催した。今回は「一回りして見えてきた!食産業の明るい未来!」をテーマに、観光地である地元・高山での国内観光・インバウンド対策を深耕。

レトルトカレー共同開発 地元サッカークラブとコラボ ヤマモリ

醤油・つゆ・たれ・レトルト食品などを手掛けるヤマモリ(三重県桑名市)は、同社がオフィシャルパートナーを務める地元JFLサッカークラブ「ヴィアティン三重」とレトルトカレーを共同開発、16日から発売した。

外食向け提案など強力に 三菱食品、東京で総合展示会

三菱食品は11~13の3日間、年1回の総合展示会「ダイヤモンドフェア2017」を東京都大田区の東京流通センターで開催した。全国の得意先関係者を集め、最新のメガトレンド予測に基づく独自の政策提言やMD提案などを行うもの。来場者数約1万1千人。

三井食品 横浜で総合展 多彩な付加価値商材

三井食品は21、22の両日、総合展示会「三井食品フードショー」を横浜市のパシフィコ横浜で開催した。小売・卸・フードサービスなどの得意先関係者に自社開発商品や販促企画、メーカーの重点商品を紹介するもの。出展メーカー498社、来場者数約4千人。

新価値創造の動きに期待

時の流れは早い。気が付けば6月下旬だ。まもなく2017年も半分が終わろうとしている。季節も変化している。沖縄で梅雨が明け、九州以北で梅雨本番を迎えた。おそらく気が付けば夏本番だろう。

エスビー食品 夏季限定で5品 カレー・冷製パスタ訴求

エスビー食品は夏季限定品5品を22日から全国で発売する。レトルトカレー「カレー曜日」ブランドから1品、「ゴールデンカレー」ブランドからルウ1品とレトルト1品を投入。落合務シェフ監修の「予約でいっぱいの店」シリーズから冷製パスタソース2品を展開する。8月末まで出荷する予定。夏場の市場を盛り上げる。

「ボンカレー」芸人がプレゼン 小島よしおら三者三様のアピール

大塚食品は2月12日のボンカレーの日を記念して、8日都内で「ボン-1グランプリ2017」と題した新商品発表会を開催。芸人の内山信二さん、永野さん、小島よしおさんが登壇し、メディアの前で芸を織り交ぜながらスライドを使い「ボンカレーゴールド」と「ボンカレーネオ」の新商品を説明した。

〈レトルトカレー〉ニーズ多様化に対応 家庭用市場、拡大基調

レトルトカレー市場は堅調な動きを見せている。2016年度(4~3月)の家庭用市場は12月までの累計で前年比5%程度の伸びで推移。同3%程度の伸びとなった15年度(同)に続き、通期でも2年連続の成長で着地する公算が大きい。

大塚食品 温めても冷やしても

大塚食品は夏季限定の「ボンカレーゴールド野菜とけこむベジカレー」(180g入り税別希望小売価格180円)を27日から全国で発売する。
- Advertisement -

ロングランアクセス