2019 / 12 / 14 土曜日
ホーム タグ ポテチショック

タグ: ポテチショック

スナック/シリアル市場 昨年は明暗 主力の成否が勝敗分ける

スナックとシリアルの2018年度市場動向は明暗を分ける形となった。スナック菓子は数量2.9%増、金額2.0%増と17年度に続き堅調に推移したが、シリアルは数量3.4%減、金額2.4%減とマイナスした。スナックは総務省家計調査でも18年全国1世帯(2人以上)の消費支出が4.0%増と伸長している。

減収目立つ菓子大手 チョコ、成長に一服感

菓子業界は昨年度、前年並みに推移し、企業・事業分野によっては減収減益も余儀なくされた。カテゴリー別には昨年までハイカカオ中心に大きく伸長してきたチョコレート市場がマイナスに転じ、ガムは復調傾向が垣間見えたが減少傾向から脱しきれていない。

菓子大手 チョコ好調が全体押上げ 国内菓子は増益基調保つ ポテチショックは痛手

菓子大手メーカーの決算が出揃った。昨年度はポテチショックなどもあったが、チョコレートは原料価格が落ち着きハイカカオ系が伸長するなど売上げ・利益に貢献し、全体的には好調または堅調に推移したと振り返ることができる。一方で、物流費や包装資材費、人件費などコストは増大傾向にあり、なおかつ今年に入ってからの菓子全体の動きがあまり芳しくない。ここ数年はデフレからの脱却傾向が見えていたが、平成30年度は市場環境の追い風が乏しい中で企業個々の底力が試される正念場の1年となりそうだ。

湖池屋 ポテチショックから完全復活 新プロジェクト始動、増量実施

湖池屋は昨年のじゃがいも不足から完全復活したことを宣言すると同時に、新たに日本の風土・文化が生み出す素材を発信するプロジェクト「JAPAN PRIDEプロジェクト」を始動する。23日、時事通信ホールで発表した。PRIDE POTATOは昨年2月の発売以降、半年足らずで初年度目標20億円を達成し、年間売上げ40億円に向けて拡大を続けている。小池孝会長は冒頭、「私どもにとって昨年は大変な年だった。
- Advertisement -

ロングランアクセス