2019 / 12 / 06 金曜日
ホーム タグ ポカリスエット

タグ: ポカリスエット

ミャンマー 日本の食品企業誘致進む 生産拠点、消費市場として魅力

アジアで残された最後のフロンティアとして注目されているミャンマー。2011年の民政移管後、急ピッチで民主化、経済改革が進められており、多くのビジネスチャンスが生まれようとしている。低賃金で良質な労働力があり、生産拠点及び消費市場としても魅力があるとされ、日本の食品、飲料企業の誘致が活発化しようとしている。

アジアの「ポカリ」収益化に向け順調なスタート 大塚HD第3次中計

大塚ホールディングスの樋口達夫社長兼CEOは8日に開催した決算発表会で、2019年度第2四半期(1~6月)の連結決算を発表した。それによると、売上収益は前年同期比8.5%増の6千711億円、事業利益は40.1%増の977億円となり、医療関連事業におけるグローバル4製品が牽引した。

「熱中症ゼロへ」始球式で訴え 大塚製薬×DeNA

大塚製薬と横浜DeNAベイスターズは3日、横浜スタジアム(神奈川県横浜市)で熱中症対策の啓発活動を行った。「熱中症対策Day supported by ポカリスエットアイススラリー」と題し、この日行われた横浜DeNAベイスターズ・阪神タイガース戦に先立ち、学生ボランティアが両チームの選手に「ポカリスエットアイススラリー”写真」を贈呈。

プラ資源循環宣言 全清飲、具体化急ぐ 河野専務理事が意欲

5月着任した全国清涼飲料連合会(全清飲)の河野敦夫専務理事は1日、全清飲の活動についてこう抱負を述べ、昨年11月に「清涼飲料業界のプラスチック資源循環宣言」を発表し海洋プラスチック問題にいち早く対応している全清飲の体質を引き継いでいく考えを明らかにした。

ボーダレス化進むスポドリ周辺領域 熱中症対策飲料が増加

熱中症対策飲料が増加しスポーツ飲料棚やその周辺の棚にはさまざまなカテゴリーの商品が提案されてボーダレス化し、飲用シーンもスポーツ時や夏場の水分補給から広がりをみせている。

大塚HD 23年に事業利益2千億円へ 「ポカリスエット」海外で拡大

大塚ホールディングスは5月30日、年平均成長率10%以上の事業利益成長を業績目標とする第3次(19~23年度)中期経営計画を明らかにした。18年事業利益は1千209億円。これを年平均成長率10%以上で2千億円へと引き上げていく。

体内冷却で熱中症対策 飲む氷で身体の芯から冷やす 「ポカリスエット アイススラリー」 大塚製薬

点滴注射液の代替である“汗の飲料”として発売された「ポカリスエット」。運動時の発汗や風呂上がり・起床後の生活発汗、風邪・感染症による発汗などの日常課題に対応して飲まれ続けてきたが、熱中症による救急搬送人員数が一向に減らないことから大塚製薬は、身体の熱に直接アプローチする新商品「ポカリスエット アイススラリー」を開発した。

ゼリー飲料 売場拡大し多様化進む 女性やシニア層からも支持

スパウト付パウチ容器入りのゼリー飲料の商品数が増え売場が広がっている。主要販路であるコンビニやドラッグストアの店舗数が拡大傾向にある上に、栄養ドリンク棚のゼリー飲料が占める割合も上昇。商品面ではバラエティ化が進み、女性やシニア層など新規ユーザーの取り込みが進んでいる。

「おとなは、ながい。」CMの真意は? 担当者に聞く 大塚製薬「ポカリスエット イオンウォーター」

安藤サクラさんが主演する「ポカリスエット イオンウォーター」の「おとなは、ながい。」と題した新CMは、安藤さんを「ポカリスエット イオンウォーター」、共演する若者や少年を「ポカリスエット」に見立てた内容になっている。

東京マラソン 大塚グループ、カゴメが支援 公認商品でサポート

大塚製薬は、2月25日に開催された「東京マラソン 2018」にオフィシャルパートナーとして12年連続で協賛した。オフィシャルドリンク「ポカリスエット」をはじめ、「アミノバリュー」「カロリーメイト」などの提供および「SUPPORT for RUNNERS(ランナー応援サイト)」や「東京マラソン EXPO 2018」でのブース展開などを通じた情報発信した。

スポーツ機能性飲料 水・無糖茶へユーザー流出 糖質の価値突破口に

機能性飲料を含むスポーツ飲料市場は、水系や低果汁の熱中症対策飲料が出回るなど多様化が進み、市場動向は現在のカテゴリー区分では把握しにくい状況になっている。こうした中、「ポカリスエット」(大塚製薬)と「アクエリアス」(コカ・コーラシステム)に代表されるスポーツ飲料市場は、

飲料自販機 商品強化とスマホで挑む

飲料大手は自販機活性化策として自販機専用商品などによる商品力強化とスマホを活用した消費者とのコミュニケーション強化に取り組んでいる。

9月の飲料実績 悪天だった前年の反動で7%増

9月の飲料実績は、気温が低かった前年同月の反動で7%増となった。このため、前年に大打撃を受けたスポーツ飲料などが大きく伸長した。

8月の飲料実績 お盆明けから急伸、3%増

8月の飲料実績は、中旬まで“西高東低”の天候により、関東圏で真夏の恩恵を十分に受けられなかったことが響き前年並みのラインを漂っていたが、お盆明けから全国的に好天に恵まれ3%増となった。
- Advertisement -

ロングランアクセス