2019 / 11 / 22 金曜日
ホーム タグ フレーバーウォーター

タグ: フレーバーウォーター

世界へ“避糖”の技 アジアでフレーバーウォーターなど拡大 サントリー食品

サントリー食品インターナショナルはフラット・フレキシブル・フランク――の3つの「F」をキーワードに掲げ各展開国が持つ強みやノウハウの相互交換を推進していく。3月下旬から現職の齋藤和弘社長は2日、「意思決定体制をフラットにして、変化にはスピーディー、フレキシブルに対応していくことが大事。

全国7か所に水源「い・ろ・は・す 天然水」 採水地の個性訴求で新たな価値伝達

コカ・コーラシステムは29日、8月1日の水の日に向けて都内でナチュラルミネラルウォーターブランド「い・ろ・は・す 天然水」の10周年記念イベントを開催し、天然水の新しい価値伝達に意欲をのぞかせた。

日本と世界のベストを融合 日本コカ・コーラ カリル・ヨウンス副社長に聞く

製品戦略には3つの大きな柱がある。日本のベストと世界のベストを組み合わせたものとして出していくことが1つ。次に、継続してポートフォリオを発展させること。最後は日本の消費者をしっかり理解した製品を発売していくことにある。

素材への関心の高まり

近所の農産物直売所は、地元で生産された新鮮で生産者の「顔」が分かる野菜や果物、畜産物、花・植木などが売られ賑わいを見せている。入るとまず目を引くのがトマト売場で、生産者名が記された大小さまざまなトマトが常に5種類ほど売られている。

「い・ろ・は・す」は“めっちゃ近い水” 採水地の近さアピールへお笑い芸人ら配布

コカ・コーラシステムは8月1日の「水の日」に向け、「い・ろ・は・す “めっちゃ近い水”プロジェクト」を展開中で、26日には東京都港区六本木の六本木ヒルズアリーナでサンプリングイベントを行った。

天然水のエナジードリンク「ピーカー」 人工的イメージ払拭へ サントリー食品

トル、税別希望小売価格190円)を新発売する(10月から全国で発売予定)。「サントリー天然水」ブランドはアウトドアメーカーのスノーピークとプロジェクトに取り組んでおり、今回の共同開発は第4弾。

尽きない喜び・驚き

カジノを含む統合型リゾート施設の実施法案が閣議決定され、ギャンブル依存症を懸念する声が聞かれる。依存症に至らずとも、カジノを含む賭け事全般には勝った時の喜びが忘れられず、ついついど壺にはまってしまう傾向にあるようだ

フレーバーウォーター 再活性化に向け多様化

フレーバーウォーター市場は、糖の摂取を避ける“避糖化”のあおりを受けて伸びが鈍化しているものの、一定のボリュームがあるため各社とも引き続き提案を強化している。近年は多様化が進み、フルーツフレーバー以外に乳性、穀物、茶系などのフレーバーやホット提案、健康成分を付加したものが出回っている。“水では物足りないが、糖なども摂取したくない”ニーズを受け、同市場に向けた緑茶飲料カテゴリーからのアプローチも強まりそうだ。

コーヒー飲料 再栓容器が新局面 ボトル缶にPETの“芽”

コーヒー飲料市場は近年、ショート缶と呼ばれるステイ・オン・タブ(SOT)缶の縮小を再栓可能なボトル缶の拡大がカバーし横ばいか微増で推移している。ただし今年に入りサントリー食品インターナショナルの「クラフトボス ブラック」がこれまで難しいとされたパーソナルサイズのPETブラックコーヒーに風穴を開けたことで、ボトル缶とのカニバリが大きくなければ新たな需要創造につながる可能性がある。

ミネラルウォーターブランド・炭酸水ブランド特集

「サントリー天然水」と「い・ろ・は・す」を筆頭とする各社の主要ミネラルウォーターブランドは、ナチュラルミネラルウォーター(天然水・プレーンタイプ)を軸足に、フレーバーウォーター(清涼飲料水)、炭酸水、炭酸飲料へと領域を徐々に広げてブランドの傘を大きくしている。

「サントリー天然水」新展開 朝に着目し紅茶飲料

フレーバーウォーター市場の伸びが鈍化しているとの見方がある中、サントリー食品インターナショナルは25日、「サントリー天然水」から新機軸のサブカテゴリー「サントリー天然水PREMIUM MORNING TEAレモン」を新発売。同市場に新風を吹き込む。

ミネラルウォーター 新機軸 水素水じわり浸透

炭酸水などの水系飲料を含む広義のミネラルウォーター市場は80年代から安定的に成長し続けている。
- Advertisement -

ロングランアクセス