2019 / 12 / 13 金曜日
ホーム タグ フランス

タグ: フランス

包装用接着剤に革新 少量で強力接着 ボスティック・ニッタの「Kizen」

ボスティック・ニッタはこのほど開催された「JAPAN PACK 2019」に初出展し次世代型包装用ホットメルト接着剤「Kizen(かいぜん)」シリーズをアピールした。同接着剤は、包装資材を封函する際、一般的な接着剤に比べ少ない塗布量で強い接着力を持つのが特徴。

ラグビー熱が席巻、訪日客激増

ラグビーワールドカップが大変な盛り上がりを見せている。日本の躍進が主因かもしれないが、他国の対戦を含め見応えのある試合がほとんどだ。大会は佳境。来月2日の決勝戦に向け、ラグビー熱はますますヒートアップしそうだ。

フジッコが発酵バターの専門店 カスピ海ヨーグルトのオフィシャル店も

フジッコの小売子会社・味富士は大阪市に新業態の発酵バター専門店を、熊本市に九州初となるヨーグルトのオフィシャルショップをそれぞれオープンした。大阪市の大丸心斎橋店に出店するのは、北海道産生クリームを独自のカスピ海乳酸菌で発酵させたバターの専門店「バタールーアン」。

チーズ 「健康」「簡便」「インスタ映え」がキーワード

18年度のチーズ市場は、乳価、原材料価格、各種コスト増などを背景とする価格改定の影響が懸念されたが、健康機能が広く注目されたナチュラルチーズ(以下、NC)が市場の牽引役となっている。牽引役となったのが、認知症の予防効果が注目されたカマンベールや血管年齢の若返り効果が報じられたブルーなどの高価格帯商品群。

孤立防ぐ「隣人祭り」とは 渋谷区と地域密着志向の企業が協働

地域交流や近所づきあいが大切なのは分かっているけど、そのきっかけがない――。そのきっかけづくりに取り組む東京都渋谷区と、地域密着を志向する食品・流通・外食などの企業が協働し、 “ご近所さんと顔見知りになる ”を目的とする渋谷区の事業「渋谷おとなりサンデー」が今年も開催されている。

ご近所さんと顔見知りに 「隣人祭り」渋谷区で 孤立対策に食品・流通が協力

「ご近所さんと顔見知りになる」を目的に渋谷区と食品・流通・外食などの企業が協働し、渋谷区の事業「渋谷おとなりサンデー」が今年も開催されている。同事業は、キックオフイベントを毎年6月の第1日曜日に開催し、6月末日までの約1か月を開催期間に定めている。

目指すは“世界第3極” 2トップの経営体制で挑む サントリー食品

サントリー食品インターナショナルは飲料の“世界第3極”を目指し経営体制を刷新する。3月下旬に現サントリー食品アジア社CEOの齋藤和弘氏が代表取締役社長に就任し、代表取締役会長に就任予定の小郷三朗社長とのツートップで“稼ぐ力の再構築”と“次なる成長戦略”を推進していく。

ロゼワイン、日本でも普及の兆し 唐揚げや餃子とも意外な相性

ワインの本場の一つであるフランスで、夏場に最も飲まれるワインはロゼだ。日本でも大手が訴求を強めるなどしてロゼが伸長中で、12年に60億円強だった市場は15年には約80億円に達するなど順調に推移しており、日本でも普及加速の兆しと期待する声も聞こえる。

サッポロ、仏ランス市PRへ 姉妹都市の名古屋と連携

名古屋市観光文化交流局とサッポロビール、サッポロホールディングスは4日、フランス・ランス市の魅力PRに関する連携協定を締結した。名古屋市とサッポログループが相互に協力して、ランス市の魅力を名古屋市民に伝え、名古屋市とランス市の姉妹都市提携の動きを盛り上げていく。

味の素 フランスで冷食発売 全土で展開は初めて

味の素は4月からフランス全土で日本食の冷凍食品の本格発売を開始した。大手流通と連携し販路を開拓、充実したラインアップの提供を通じて一般家庭への「AJINOMOTOブランド」の浸透を図る。
- Advertisement -

ロングランアクセス