2019 / 09 / 16 月曜日
ホーム タグ フジッコ

タグ: フジッコ

フジッコがオーラルケア商品!? 広島大と開発

フジッコは同社初のオーラルケア食品「お口の善玉菌 デンタフローラ」を発売した。広島大学によるL8020乳酸菌の研究成果を応用し、同菌の特許を活用したビジネスを創出する三井物産の子会社、三井物産ケミカルと共同で開発。

蒸し豆が水煮豆を逆転 30億円を突破、100億円視野に

マルヤナギ小倉屋によると今年1月のPI金額(KSP―POS全国データ)は水煮豆が397円に対し、蒸し豆が450円となり初めて逆転した。市場規模は30億円を超えたと推定される。

大阪で乾物乾麺商談会 西村副社長「さまざまな切り口で可能性を」 日本アクセス

日本アクセス西日本営業部門は2日、大阪市のマイドーム大阪で「西日本乾物・乾麺展示商談会」を開いた。メーカー140社が出展、西日本の得意先約500人が来場した。入り口の企画コーナーでは、『旬』と『匠』をテーマに乾物製品を集めた。

食育体験ツアーで10回目の黒豆収穫 フジッコ

フジッコは13日、兵庫県篠山市で黒枝豆収穫体験ツアーを開催。今年6月に作付けを行った親子21組42人が参加した。寺嶋浩美人事総務部長が「今年は豪雨で畑が水浸しとなり、9月も日照時間が短く生育に影響した。

「出汁」と「糀」の専門店 東武池袋にフジッコ出店

フジッコは11日、東武百貨店池袋本店地下2階に“出汁”と“糀”の専門店「だしこうじ屋」を開店する。扱うのはだし、糀、甘酒のほか、だしと糀を組み合わせて作った発酵調味料“だし糀”の4つのカテゴリーの商品。
東日本乾物・乾麺展示商談会(日本アクセス)

東京で乾物・乾麺展示会 年末商材など重点紹介 日本アクセス

日本アクセスは19日、毎秋恒例の「東日本乾物・乾麺展示商談会」を東京のサンシャインシティ展示ホールで開催した。戦略カテゴリーに位置づける乾物・乾麺の最新の販売企画や主要メーカーの重点商品を得意先関係者に紹介するもの。出展社数114社、来場者数約300人。

フジッコ 10年目の食育イベント 親子で黒豆作付け

フジッコは23日、兵庫県篠山市で黒豆作付け体験ツアーを開催。21組・42人の親子連れが参加した。今年で10回目を迎える食育イベントの一環で、黒豆の産地、丹波篠山で作付けから秋の収穫を経て、年末におせち料理を作る。

フジッコ「大豆ファースト」推奨 蒸し大豆を食事の最初に

フジッコは12日、都内でプレスセミナーを開催。食事の最初に蒸し大豆を食べることで、食後血糖値上昇抑制や満腹感の持続など、「大豆ファーストの有用性」について説明した。

親子で黒豆のおせち料理 フジッコ

フジッコは2日、神戸市の本社に親子13組・26人を招き、黒豆おせち料理教室を開いた。6月の作付け、10月の収穫を経ての食育プログラムのフィナーレ。あいさつに立った北島幹也マーケティング本部長は「このイベントを通し、皆さんに少しでも農業や黒豆に対する関心が芽生えればうれしい」と呼びかけた。

和食給食応援団 都内でサミット 調理実演で献立提案も

「和食給食サミット」(主催・和食給食応援団、共催・東京家政学院大学)が19日、東京都千代田区の東京家政学院大学で開かれた。和食料理人、栄養教諭や学校栄養職員などの学校給食関係者、和食材メーカー関係者を中心に約300人が参加。これからの学校給食を考える場となった。

フジッコ・ヨーグルトフォーラム 健康と長寿の秘密解明

フジッコは10月26日、福岡市のエルガーラホール大ホールで「フジッコヨーグルトフォーラム発見『カスピ海乳酸菌』の健康&長寿の秘密」を開催。1千500人以上の一般来場者が詰めかけた。

フジッコ 篠山で親子が黒豆収穫 採れたて豆ごはん堪能

フジッコは14日、兵庫県篠山市で黒枝豆収穫体験ツアーを実施。親子21組42人が参加した。曇天の空模様で雨が心配されたが、徐々に薄日も差し、畑で土にまみれる頃には暑くなるほど。親子はなるべく大きく育った株を選りすぐり収穫した。

練り製品 春夏商戦スタート 今年も“惣菜化”進める

練り商品の春夏商戦が今年も開幕した。需要シーズンはおでんやおせちの秋冬になるが、長らく惣菜化や“脱ねり”を進めている業界にとっては、そうした企画力や開発力を試すのが春夏シーズンでもある。

年末おせち商戦 栗きんとん健闘 アイテムの広がり奏功

昨年末のおせち商戦で、栗きんとんが101%と健闘した模様だ。たつくり、昆布巻きなど単品おせちの主力アイテムが伸び悩む中、栗きんとんは昨年も安定した需要に支えられた。

健康訴求強化へ 主力事業テコ入れ相次ぐ フジッコ、オタフク

高齢化を背景に、フジッコ、オタフクソースといったメーカーが健康訴求を強めながら、主軸の事業や商品をテコ入れする動きを強めている。フジッコは健康志向を前面に打ち出すことで、コア事業と位置付ける昆布.豆製品の巻き返しを図り、オタフクソースは「Healthy」を10月から始まった新年度の方針に掲げ、主力分野の拡充を目指す考えだ。

フジッコ 黒豆使いおせち教室 食育活動の仕上げ

フジッコは3日、神戸市の本社に親子12組・23人を招き、黒豆を使ったおせち料理教室を開いた。6月の作付けから始まった食育イベントの一環。
- Advertisement -

ロングランアクセス