ホーム タグ ハウスウェルネスフーズ

タグ: ハウスウェルネスフーズ

「年月日」→「年月」 食品廃棄ロス削減へ 変わる賞味期限表示

加工食品業界で賞味期限を「年月」表示化する動きが拡大している。今月には日本水産、ハウス食品グループ本社が表示を変更する方針を相次ぎ発表。従来の「年月日」から「年月」表示に切り替えることで日付逆転の発生減少を図るなど、流通・販売段階での廃棄ロス削減を目指す狙いだ。

ゼリー飲料に最注力 伊丹工場の新ライン今秋に稼働 ハウスウェルネスフーズ

ハウスウェルネスフーズのビタミン事業は今期(19年3月期)、前期好調だったゼリー飲料に注力していく。前期は「C1000 ビタミンレモンゼリー」が前年比2.6%増、「PERFECTVITAMIN 1日分のビタミン」のゼリー飲料シリーズが43.7%増となった。

活気づく「睡眠ビジネス」 “良質な眠り”に各社アプローチ 味の素、大塚、ヤクルト、ハウス

4月からの働き方改革関連法案がスタートする中で、個人の自由時間が増える分、労働時間の使い方が重要になっている。起きている時間に効率的なパフォーマンスを発揮するには「睡眠」がカギと言われ、質の良い睡眠に向けて食品業界のアプローチが活況を呈してきた。

睡眠の質の向上に「ネルノダ」 GABA配合の機能性表示食品 ハウスウェルネスフーズ

ハウスウェルネスフーズは睡眠の質の向上に役立つ機能があることが報告されているGABAを配合した機能性表示食品「ネルノダ」シリーズを4日から全国で新発売した。ドリンクタイプと粒タイプ2品の計3品を展開。

ハウスウェルネスフーズ SNS活用した商品PR 年末に向け販促に弾み

ハウスウェルネスフーズは10月26、27の両日、福岡市の大繁華街・中洲で開催された「第43回中洲まつり」会場で「ウコンの力」の販売ブースを出店した。同社では「ウコンの力」シリーズを全品フレッシュアップして10月8日から全国発売した。

ゼリー飲料 売場拡大し多様化進む 女性やシニア層からも支持

スパウト付パウチ容器入りのゼリー飲料の商品数が増え売場が広がっている。主要販路であるコンビニやドラッグストアの店舗数が拡大傾向にある上に、栄養ドリンク棚のゼリー飲料が占める割合も上昇。商品面ではバラエティ化が進み、女性やシニア層など新規ユーザーの取り込みが進んでいる。

栄養ビタミン飲料 ゼリー飲料へと裾野拡大 健康意識高まり堅調

栄養ドリンクについて明確な定義がない中、同市場をビタミンなど栄養成分が入った食品系の飲料、滋養強壮や肉体疲労時の飲用をうたった指定医薬部外品に大別してみると、食品系の飲料は堅調に推移している一方、指定医薬部外品は依然としてダウントレンドにある。

「1日分のビタミン」大刷新 ハウスウェルネスフーズ ビタミン事業に起爆剤

「ウェルネスカンパニーとしてお客さまの元気をお手伝いする会社になる」――。13日、都内で開かれたビタミンフォーラムで冒頭あいさつした白井一夫社長は冒頭こう述べ、3事業について「それぞれお役立ちが異なるので、それぞれのお役立ちの中で成長させていきたい」と説明した。

ユニーとハウス食品G 名古屋 ランチ&トークショー 元宝塚・紫吹淳さん招く

ユニー、ハウス食品、ハウスウェルネスフーズの共同企画「レディース倶楽部 ランチ&トークショー」が22日、ウエスティンナゴヤキャッスルで女性50組・100名を招待し開かれた。

「ウコンの力」年末プロモを展開 CMに星野源 ハウスウェルネスフーズ

ハウスウェルネスフーズは需要期の年末に向けて「2016年末ウコンの力『飲んでいこう』プロモーション」を展開する。1日に会見を開いた白井一夫社長が明らかにした。

「ウコンの力」全品刷新 最需要期へ加速 ハウスウェルネスフーズ

ハウスウェルネスフーズは「ウコンの力」シリーズ全品を10月17日にリニューアル発売した。最需要期に向けて一斉リニューアルすることで、前年比2・4%増のブランド計の出荷金額を目指していく。

ハウスウェルネスフーズ 熊本市で地元復興イベントを開催

ハウスウェルネスフーズ福岡支店は5日、熊本市中心部の大繁華街、下通商店街のドン・キホーテ熊本中央店で「頑張ろう熊本!『ウコンの力』新市街 真夏の大ガラポン大会」と題した抽選イベントを行った
- Advertisement -

ロングランアクセス