ホーム タグ スターバックス

タグ: スターバックス

スタバ、コンビニ向けチルドカップに2本柱 「コールドブリュー」水出しで本格感追求

スターバックス・トレーディング合同会社は13日、代官山T-SITE GARDEN GALLERYで、14日から主要コンビニで期間限定発売されるチルドカップコーヒー「スターバックス コールドブリュー コーヒー」(200㎖、税別200円)の製造工程をジオラマで表現してメディアに公開した。

デジタル活用し生産性向上 ネスレ日本、新ビジネスモデル推進

ネスレ日本は、スマートフォンなどのデジタル機器を通じた消費者・パートナー・取引先とのコミュニケーションを強化して生産性を向上させる。26日、都内で発表した高岡浩三社長兼CEOは、ECや家庭外で展開しているネスカフェシステムなど消費者と直接的なつながりを持ち顧客データを把握できる取り組みを“デジタル・トランスフォーメーション”と総称し、

ネスレ日本、家庭内外でスタバ製品 「圧倒的No.1に」

ネスレ日本は4月1日から家庭用と業務用(家庭外)でスターバックス製品を展開する。13日、東京のネスカフェ原宿で発表した深谷龍彦常務執行役員飲料事業本部長は「ネスカフェとネスプレッソとスターバックスの3つのブランドを活用し、

コーヒーシステム「キューリグ」で事業再構築 5年後1億カプセル目指す ユニカフェ

ユニカフェは今年1月に買収したアートコーヒーと、昨年から開始したキューリグ事業を柱に経営戦略を再構築する。アートコーヒーは飲料メーカーのほか、外食店やホテルなどの業務用にコーヒー豆の原料を提供しており、ユニカフェと事業領域が近いことから今年1月7日に15億円で買収。

スタバ、自家焙煎に舵 焙煎機導入の体験型店「ロースタリー」 中目黒に開業

スターバックスコーヒージャパンが自家焙煎に大きく舵を切った。各層に異なる体験が可能な4階建て(延床面積約3千㎡)の「スターバックス リザーブ ロースタリー東京」を2月28日に東京・中目黒にオープン。

〈連載 キーコーヒー〉トアルコトラジャ最前線⑭ スペシャルティコーヒー店も導入 ブレない品質に評価

コーヒーブームに沸くインドネシア。首都ジャカルタでは04年のスターバックス1号店開業以来、ブームが広がりスペシャルティコーヒーの店は現在1千店舗に上るという。ジャカルタでは、総合食品卸業を営むマスヤグループと連携し小売チェーンへの導入を進めており市場を拡大している。

スターバックス オフィスに本格参入 店舗との両輪で接点拡大

スターバックス コーヒー ジャパンは既存のカフェ事業に加えて、新規事業の位置づけでカフェ店舗以外のオフィスを中心とした家庭外市場に本格参入する。

顧客との絆を強化 ロイヤルティプログラム開始 スターバックス

スターバックスコーヒージャパンは20日、初のロイヤルティプログラム「STARBUCKS REWARDS(スターバックスリワード)」を開始した。

ユニー、アピタ新守山店改装オープン ツタヤ誘致、GMS改革の目玉に

ユニーは2月24日、「アピタ新守山店」(名古屋市)をリニューアルオープンした。直営の住関品売場を大幅に縮小し、衣料・雑貨やドラッグ・化粧品を再配置。2階スペースの約半分を割いてTSUTAYA(ツタヤ)の新業態「草叢BOOKS」が出店した。

スターバックス 素晴らしい体験の場 焙煎機備えた新形態店舗

スターバックス コーヒー ジャパンは18年12月をめどに国内初となる店舗焙煎の新コンセプトストア「スターバックス リザーブ ロースタリー」を東京都・中目黒の目黒川沿いで開業する。 

「カフェラトリー」に勢い 味の素ゼネラルフーヅ

味の素ゼネラルフーヅは17日、スティックのプレミアムシリーズ「ブレンディ カフェラトリースティック」の大規模宣伝を開始した。同シリーズは全6種類あり、「濃厚ビターカフェラテ」と「濃厚ミルクカフェラテ」をメーンに高いカバー率でスーパー、GMSなどに並べられ好回転しているほか、大手CVS全チェーンでも販売されている。
- Advertisement -

ロングランアクセス