2019 / 08 / 24 土曜日
ホーム タグ シンガポール

タグ: シンガポール

加藤和弥社長(加藤産業)

“利益成長”が目標に 海外は500億円視野 加藤産業

加藤産業の加藤和弥社長は上期の決算会見において、年間で400億円規模になった海外事業の展望、卸売業におけるAIの取り組みなどについて次の通り見解を述べた。

ソフトバンク 日本食輸出支援事業を開始 誰もが世界に挑戦できる場

ソフトバンクは、社内起業制度から会社化したumamill(ウマミル)社を4月1日に設立。ITやAIを活用した日本食輸出支援プラットフォームを展開し、日本の生産者・食品(飲料・酒類含む)メーカーが簡単に世界に挑戦できる場を提供する事業を本格始動させた。

シンガポールのトップシェフが大東製糖訪問 含蜜糖の種類や味わい体験

大東製糖に11日、シンガポールのレストラン「Morsel」オーナーシェフで多くのフォロワーを持ち、周辺国にも発信力があるPetrina Loh氏(以下、ペトリーナ氏)が工場視察のために来訪した。同氏の訪問は千葉県の農水産物イベント(11月シンガポール開催)の事前取材が目的。

三井製糖 シンガポールのSIS社買収 アジアの甘味需要に対応

三井製糖と三井物産は9月21日、シンガポールや中東で精製糖の販売事業を営むSI'S88  Pte Ltd(以下「SIS社」)の全株式を取得するため、現在の株主のED&F Man Holdings Limitedとの間で株式譲渡契約を同日付で締結したと発表した。三井製糖はSIS社株式のうち70・0%(三井物産30・0%)を保有し連結子会社とした。

和のセレクトショップ「久世福商店」急拡大 サンクゼール

サンクゼール(長野県飯綱町)は、ジャムやワインなどを販売する「サンクゼール」を展開してきたが、5年前に開発した和のセレクトショップ「久世福商店」が好調で急速に店舗数を増やし、現在では「サンクゼール」を上回る主力業態となっている。
- Advertisement -

ロングランアクセス