2019 / 09 / 22 日曜日
ホーム タグ ショート缶

タグ: ショート缶

キリン「ファイア」20周年で原点回帰 桐谷健太が往年のCMソング熱唱

キリンビバレッジは今年で20周年を迎えた「ファイア」で原点回帰を図り“心に火をともす”ブランドとして基幹商品であるSOT缶(別称=ショート缶)の中味・パッケージ・コニュニケーションを大刷新し、10月8日からマーケティング展開していく。

缶コーヒー 努力実り回復の兆し 泡立ち、コラボ缶、原点回帰など多彩に

飲料全体の中で大きなボリュームを占めているショート缶をテコ入れする。ショート缶については、上位ブランドがコミュニケーションを弛まず続けてきたことが奏功した模様。最近ではペットボトル(PET)に流出したユーザーが戻るなど下げ止まりの兆候も見られ、潮目が変わる可能性も出てきた。

チビダラ飲みに「窮屈」の声 「ボス」缶で“一服”の価値追求

ショート缶コーヒー(ショート缶)の売上げの大半は、1日に複数本飲む40代を中心としたヘビーユーザーに支えられている。近年は、このヘビーユーザーがペットボトル(PET)入りコーヒーに流出し、PETコーヒー市場が拡大する一方、ショート缶市場はダウントレンドにある。

抜本的変革に着手 自販機再建が最優先 コカ・コーラボトラーズジャパンHD

コカ・コーラボトラーズジャパンHD(CCBJIHD)は基盤構築を進め将来の成長に向けて抜本的な変革に着手している。昨年7月の西日本豪雨で本郷工場(広島県三原市)と隣接の物流拠点が浸水した。

日本と世界のベストを融合 日本コカ・コーラ カリル・ヨウンス副社長に聞く

製品戦略には3つの大きな柱がある。日本のベストと世界のベストを組み合わせたものとして出していくことが1つ。次に、継続してポートフォリオを発展させること。最後は日本の消費者をしっかり理解した製品を発売していくことにある。

「ジョージア」新戦略 ブランド名強調し飲用層拡大 コカ・コーラシステム

コカ・コーラシステムは「ジョージア」ブランドについて、「エメラルドマウンテンブレンド」や「ヨーロピアン」といったサブブランドの露出を抑えて「ジョージア」のブランド名を前面に押し出していく。

サントリー「ボス」1億ケースに王手 駄目押しは「クラフトボス ホット」

「ボス」ブランドが12月に1億ケースの大台を突破する勢いで拡大している。牽引役はペットボトル(PET)入りの「クラフトボス」。ダウントレンドにあるショート缶も9月と10月は健闘した。冬本番に向け「クラフトボス ホット」のコミュニケーションを展開し、「ボス」ブランド計で前年比6%増の目標達成を確固たるものにしていく。

缶コーヒー つかの間の一服に活路 甘さ、疲労回復と気分一新に必須

縮小に歯止めがかからない缶コーヒー市場。飲み切りタイプのショート缶(別称:SOT缶)の減少に加えて今年に入り再栓可能なボトル缶の落ち込みも鮮明になった。秋冬は、主要メーカー各社ともこの状況を改善すべく缶容器の立て直しを強く意識。

コカ・コーラ「ジョージア」新戦略 ショート缶を底支え

コカ・コーラシステムは「ジョージア」からショート缶(SOT缶)コーヒーの新商品「ジョージア グラン 微糖」を3日に発売し、ショート缶市場の底支えと金額成長を図っていく。

無菌充填PET増産体制へ コーヒー・茶の新商品好調で コカ・コーラボトラーズジャパンHD

コカ・コーラボトラーズジャパンホールディングスは、7月に発生した西日本豪雨で広島県三原市の本郷工場や物流拠点などが浸水するなど、甚大な被害を受け通期(18年12月期)見通しの精査を余儀なくされる中、金額シェア成長は計画通りを見込んでいる。

サントリー「ボス」半歩先の戦略 「容器」起点の発想脱し「価値」へ視点転換

コーヒー飲料市場は、飲み切りタイプのショート缶から小型のペットボトル(PET)などの再栓可能な容器へのシフトが加速している――。このような市場のとらえ方をやめて、容器起点から消費者価値起点に転換して市場をとらえ直す方針を固めたのはサントリー食品インターナショナルの「ボス」。

コーヒー飲料 小型PETで構造激変 ボトル缶は中身に開拓余地

飲料各社が今年、500㎖サイズの小型ペットボトル入りコーヒー(小型PETコーヒー)の新商品を相次いで投入したことで、一昨年頃までコーヒー飲料市場の成長を牽引してきたボトル缶が大きく減少しコーヒー飲料の市場構造が大きく変わりつつある。近年の環境配慮要請の高まりを受けて、さらなる容器変遷も予想される。

サントリー「ボス」 1億ケースの大台突破目指す 「クラフトボス」に期待

サントリー食品インターナショナルは主要ブランド「ボス」で今期(18年12月期)、前年比1%増の1億40万ケースを計画し、ブランド初となる1億ケースの大台突破を目指していく。

コーヒー飲料 ショート缶維持に注力

コーヒー飲料市場は近年、ほぼ横ばいか微増で推移する中、容器やサブカテゴリーの構成が大きく変わりつつある。まず挙げられるのがボトル缶の伸長とショート缶と呼ばれるステイ・オン・タブ(SOT)缶の低迷だが、今年に入りサントリー食品インターナショナルの「クラフトボス ブラック」が

コーヒー飲料 再栓容器が新局面 ボトル缶にPETの“芽”

コーヒー飲料市場は近年、ショート缶と呼ばれるステイ・オン・タブ(SOT)缶の縮小を再栓可能なボトル缶の拡大がカバーし横ばいか微増で推移している。ただし今年に入りサントリー食品インターナショナルの「クラフトボス ブラック」がこれまで難しいとされたパーソナルサイズのPETブラックコーヒーに風穴を開けたことで、ボトル缶とのカニバリが大きくなければ新たな需要創造につながる可能性がある。

サントリー食品インターナショナル 浴場で「ボス」ショート缶

サントリー食品インターナショナルは「ボス」ショート缶で異例となる浴場サンプリングを実施している。「疲れを癒すお風呂上りのほっとした時に、に『ボス』をおいしく飲んでもらうことで、ブランドとお客様の絆を更に強くしていく」(食品事業本部コミュニケーションデザインの野下剛氏)のが狙い。

サントリー「BOSS」ショート缶維持に技 新商品で逐次情報発信

缶コーヒー市場は、ボトル缶が伸長傾向にある一方、ボリュームゾーンであるSOT缶が縮小傾向にある。サントリー食品インターナショナルは「ボス」で両容器に注力し、この秋冬も両容器から新商品を投入する
- Advertisement -

ロングランアクセス