ホーム タグ シマダヤ

タグ: シマダヤ

即食チルド麺 東洋水産が冷し中華投入 カテゴリー最激戦区へ

東洋水産は2月25日、即食チルド麺「つるやか」シリーズに「冷し中華 醤油だれ 2人前」「同 ごまだれ 2人前」(税別300円)を追加すると発表した。3月15日から全国発売する。夏場のチルド麺の主役冷し中華。

“即食チルド麺”攻防激化 シマダヤが長鮮度化の新商品 東洋水産は全国展開へ

「日清のそのまんま麺」(日清食品チルド)の新規参入発表(既報)を受け、即食チルド麺で先行する2社が動きを見せた。茹でずに食べられる“即食チルド麺”のトップシェア「流水麺」(シマダヤ)がセミLL商品を発表したのに続き、昨年参入した「つるやか」(東洋水産)は、競合他社に先んじて全国展開を発表した。

激戦模様の即食チルド麺 日清参入で市場活性化に期待

“茹でずに食べられる”即食チルド麺ジャンルに、日清食品チルドが「日清のそのまんま麺」で参入する。シマダヤの「流水麺」に代表される同ジャンルは、チルド麺の弱点とされた簡便性・即食性を武器に、ここ数年で急成長。2018年度も前年比約3割増で推移している。

チルド麺値上げの春に 大手3社が相次ぎ発表

チルド麺大手の東洋水産、シマダヤ、日清食品チルドの3社は10日までに、来春からのチルド麺製品の値上げを発表した。チルド麺業界は、簡便・即食志向などを背景に、他カテゴリーへの流出が続き、ダウントレンドに歯止めがかかっていないだけに、値上げの影響が懸念されるところだ。

チルド麺市場 ダウントレンド続くも2食高付加価値タイプ好調 新たな需要開拓に邁進

ダウントレンドが続くチルド麺市場だが、2018年上期(4~7月)のチルド麺市場は前年並みと健闘した。ただ、初夏の高気温などが寄与した冷し中華が前同を3ポイント程度上回り牽引したほかは、ラーメンが前年並み、和風(うどん、そば)、焼そばは前年割れと明暗が分かれている。

シマダヤ 古川工場で新ライン稼働 8月には自動倉庫が完成

シマダヤは、成長が見込める業務用冷凍麺市場をにらみ、シマダヤ東北古川工場(宮城県大崎市)に冷凍麺ラインを新設し3月2日から稼働している。これにより冷凍麺生産能力が約30%向上、8月には入出庫自動倉庫も完成予定で、成長分野への投資を加速させる。業務用冷凍麺もその一環で、「主力の古川工場を“成長エンジン”としていく」(木下紀夫シマダヤ社長)考えだ。

有名店監修商品で単価アップ 三給「2018サンキューフェア」 やわらか食活用実演も

業務用食品卸・三給は3月28日、岡崎中央総合公園総合体育館で「2018サンキューフェア」を地元厨房機器商社のシマダ商会と共同開催した。当日は食品メーカー90社が約2千アイテムを出品。給食事業者を中心に関係各方面から500人超が来場、大いに賑わった。

チルド麺 長期低迷に歯止めを

「チルド麺カテゴリーは長期ダウントレンドということで非常に元気がないマーケットになっている。これは当社を含む大手メーカーが、お客さまに対し新しい価値提案を十分できていないため」(伊地知稔彦日清食品チルド社長)。

おいしく、楽しく「ロカボ」拡大中

大手食品メーカーや小売による「ロカボ」商品の展開が加速している。一般社団法人「食・楽・健康協会」(代表理事・山田悟北里大学北里研究所病院糖尿病センター長)が提唱する「おいしく、楽しく食べて、健康に」「無理なく日常生活に取り入れられる」という緩やかな糖質制限が支持されている形。

シマダヤ 異例の緊急終売 「流水麺」冷し中華2食

シマダヤは今年4月3日に東北~中四国地区で新発売した「『流水麺』冷し中華 醤油味 2食/ごまだれ味 2食」を6月1日店着分で終売した。
ヤグチ 豊かな実りあるマルヤ会 2017ヤグチ春季見本市

「麺」の魅力を再発見 卸店関係者3千500人超が来場

ヤグチは11日、東京・池袋で「第102回 豊かな実りあるマルヤ会、2017ヤグチ春季見本市」を開催した。出展メーカーは約300社。マルヤ会加盟の業務用卸店関係者ら3千500人超が来場した。

ホット!「流水麺」 定番メニュー追加 シマダヤ 簡便商品を強化

シマダヤは1日、「ホット!『流水麺』」の新ラインアップとして「カレーうどん」「味噌ラーメン」(税別230円、関東甲信越、静岡県、近畿)を発売した。来年1月9日からは「かき揚げそば」(同300円、関東甲信越、静岡県)も追加発売する。

若年層取り込みへ 新機軸商品・施策続々16秋チルド麺市場

「ユーザーの高齢化が進んでいる。チルド麺売場がなくなるということはないだろうが、若年層を取り込まなければカテゴリーの将来はない。業界を挙げて取り組むべき」(業界関係者)。

チルド麺の逆襲 「簡便」「健康」強化 大手が新製品続々投入

根強い健康志向や簡便ニーズの高まりなどを背景に、中高年層をメーンユーザーとするチルド麺で、大手が「簡便」「健康」商品への取り組みを活発化させている。
- Advertisement -

ロングランアクセス