2019 / 08 / 21 水曜日
ホーム タグ サッポロ一番

タグ: サッポロ一番

即席麺 夏本番へ“汁なし”続々 ロングセラーも参戦で賑わう

即席麺市場では、夏本番に向け、カップ焼そばを中心とする“汁なし”商品が続々登場している。ここ数年、「まぜそば」「油そば」といった新たな“汁なし”商品による間口拡大効果もあり、2018年度のカップ焼そばJAS生産量は前年比4.9%増と好調に推移した。

即席麺、需要は4期連続で過去最高 周年施策など奏功 新年度も好スタート

2018年度(18年4月~19年3月)の即席麺総需要(生タイプ含む)は、数量前年比0.6%増(57億2千349万8千食)、金額(出荷額)1.1%増(5千933億5千3百万円)となり、4年連続で過去最高を更新した。

即席麺総需要 4年連続で記録更新 周年施策など需要喚起が奏功

日本即席食品工業協会がまとめた2018年(1~12月)の即席麺総需要(生タイプ含む)は、数量前年比2.1%増(57億7千856万6千食)、金額(出荷額)2.3%増(5千990億2千6百万円)となり、4年連続で過去最高を更新した。カップ麺が数量2.5%増

業績好調、店頭イベントで勢い加速へ サンヨー食品販売

サンヨー食品販売は19日、東武ストア「おけがわマイン」(埼玉県桶川市)で、縦型カップ麺「サッポロ一番 カップスター」を中心とする「カップスター誕生記念 店頭大々陳イベント」を実施した。今期は袋麺、カップ麺の主力ブランドが牽引、業績好調だが、年明け早々の恒例イベントでさらなる売上げ拡大を目指す。

即席麺 好調の上半期 猛暑の7月も大幅増

2018年上半期(1~6月)の即席麺総需要は、数量ベース(生タイプ含む)が前年比2.4%増、金額(出荷額)ベース3.3%増となり、数量、金額ともに過去最高を記録した前年を上回るハイペースで折り返した。統計開始以後、月平均気温が最高となった7月もJAS生産量(NB中心)が前年を大幅に上回るなど

サンヨー食品販売 店頭イベントで勢い加速へ

サンヨー食品販売は20日、東武ストア「おけがわマイン」(埼玉県桶川市)で、縦型カップ麺「サッポロ一番 カップスター」を中心とする店頭イベントを実施した。今期は袋麺、カップ麺の主力ブランドが牽引、第3四半期段階で前年同期比約105%と好調だが、年明け早々の恒例イベントでさらなる売上げ拡大を目指す狙いだ。

‘17年即席麺業界 袋麺の需要喚起策が奏功 カップは縦型が牽引

酉年2017年の即席麺業界は安定飛行の年となった。昨年4月の熊本地震特需への対応が大きなテーマとなったが、カップ麺を中心とする積極的な新製品投入やプロモーション展開もあり市場は活性化。東日本エリアでの夏場の天候不順や暦通りに季節が転換したことなどもあり、おおむね堅調に推移する1年となった。

「サッポロ一番 和ラー」に〈伊勢海老汁風〉 三重県とコラボ

高級食材として知られ、10月1日から今年の漁が解禁(離島地域は9月16日解禁)された三重県産伊勢エビと縦型カップ麺という異例のコラボレーションが実現した。サンヨー食品が2日から全国発売した縦型カップ麺「サッポロ一番 和ラー 三重 伊勢海老汁風」がそれだ。

“稀勢の里”効果絶大 「サッポロ一番」爆発的に売れてます

サンヨー食品が 1月16日に発売した「サッポロ一番 田子ノ浦部屋監修 醤油ちゃんこ/塩ちゃんこラーメン」(税別180円)が爆発的な売れ行きを見せている。

成長続く即席麺 16年JAS生産量3.5%増

2016年(1〜12月)の即席麺JAS生産量は、前年比3.5%増(45億3千524万3千食)と前期実績を上回った。カップ麺ではレギュラー品、ノンフライともに堅調に推移。袋麺もロングセラーブランドを中心とするフライ麺が健闘し、生産量増につなげた形だ。

特集 即席麺ウェーブ 2016年即席麺業界トピック

申年2016年の即席麺業界は、周年関連商品やカップ麺を中心に堅調な動きを見せた。安全面の問題もなく、原材料やエネルギー価格、為替(円高)も落ち着くなど、全体的には賑やかなれど平穏な1年となった。

新キャラがデビュー その名は“ちゅるりん” サンヨー食品

「サッポロ一番」のキャラクター“ちゅるりん”=写真=が22日、イトーヨーカドー新浦安店(千葉県浦安市)で店頭デビューを果たした。
- Advertisement -

ロングランアクセス