ホーム タグ コーヒー

タグ: コーヒー

UCC「BLACK無糖」25周年 新抽出・新デザインでショート缶に磨き

UCC上島珈琲はこの春夏に向け多岐にわたり飲料戦略を遂行していく。飲料の柱は、今年25周年の節目を迎えることを機に刷新したショート缶「UCC BLACK 無糖」とPETボトルコーヒーの「UCC BLACK COLD BREW」の2つ。前者は3月25日、後者は3月18日に発売される。

小川珈琲 家庭用でじわり存在感 情緒的価値の商品群が奏功

スーパー、量販店などで売られる家庭用レギュラーコーヒー市場が縮小する中、京都に本社を構える小川珈琲がじわりと存在感を高めている。同市場で伸び悩んでいるのが大容量(大袋)タイプで、一昨年頃から単価がダウンする中で販売量が伸びないという状況に陥っている。

UCC、レギュラーコーヒー強化 アイス提案と簡易ドリップで

UCC上島珈琲は春夏、レギュラーコーヒー市場に向けてアイスコーヒー提案と簡易ドリップ(一杯抽出型レギュラーコーヒー)に注力していく。8日、東京本部で発表した石谷桂子常務取締役マーケティング本部長はコーヒーのトレンドとして、こだわり・健康・美容の3つを挙げ、

1日3杯のコーヒー飲用を 活動的な人ほど多飲 習慣化へネスレ日本が新戦略

ネスレ日本は引き続き家庭外での消費者接点の拡大に注力し、引き続きプレミアム・パーソナル・ウェルネスの3つの柱で社会の変化に対応したマーケティングを展開していく。

目指すは“世界第3極” 2トップの経営体制で挑む サントリー食品

サントリー食品インターナショナルは飲料の“世界第3極”を目指し経営体制を刷新する。3月下旬に現サントリー食品アジア社CEOの齋藤和弘氏が代表取締役社長に就任し、代表取締役会長に就任予定の小郷三朗社長とのツートップで“稼ぐ力の再構築”と“次なる成長戦略”を推進していく。

「ドリップ オン」に磨き “変化と進化”で裾野拡大へ キーコーヒー

キーコーヒーは来年の創業100周年に向けて“変化と進化”をテーマに掲げて春夏商品を展開していく。田中正登志マーケティング本部R&Dグループグループリーダーは、本物志向の商品開発やコーヒーへの情熱といった同社がこれまで培ってきた部分を変えずに「生活者のニーズや環境が目まぐるしく変わる中で

外食新業態「フードホール」米から上陸 東京・大阪にオープン

K&BROTHERS(東京都港区)は9日、東京・新宿と大阪・難波にアメリカンフードホール「フードホールブラスト」を同時オープンする。アメリカで人気のイタリアン業態やメキシカン業態、日本オリジナルの業態など複数の業態で構成されており、アメリカで急成長しているファストカジュアルやフードホールが

キーコーヒー、アイスコーヒー提案多彩 「贅香」刷新、高価格帯に注力

キーコーヒーは春夏に向けて“一杯の充実”に着目し、カテゴリーを横断してアイスコーヒーを提案していく。本吉眞紀マーケティング本部R&DグループGLIプロダクトチームチームリーダーは、家庭でのアイスコーヒーの飲用ニーズはRTD・コーヒーバッグ・インスタントミックス(スティック)・インスタントの

朝食に新「エクセラ」 “こまやか焙煎”で刷新

ネスレ日本は朝の需要喚起を目的に「ネスカフェ エクセラ」を刷新し、3月1日から北海道で先行発売する。「エクセラ」は60年の「ネスカフェ」発売以降、日本の朝の食卓に欧風の朝食スタイルとともにコーヒーを飲む文化を作り上げてきたロングセラー・コーヒーブランド。

ドリップコーヒー進化 開封、切らずに“引っ張るだけ” 特許やアロマで新提案も

今春に向けて新コンセプトのドリップコーヒー(一杯抽出型レギュラーコーヒー)が発売される。ドリップコーヒーは、ドリッパー(抽出部分)がコーヒー抽出液に浸されやすいハンガータイプと、抽出部分がカップの上にあり抽出液に浸されにくい上置きタイプに大別される。

PETコーヒー売場に「午後の紅茶」を 微糖と新容器で“甘さ離れ層”攻略

「クラフトボス」「ジョージア ジャパン クラフトマン」が席巻するペットボトルコーヒー(PETコーヒー)棚に紅茶で挑むのは、キリンビバレッジが3月26日に新発売する「午後の紅茶 ザ・マイスターズ ミルクティー」(500㎖PET)。

「コーヒーサミット」開催 17社の味、チャートで“見える化” 来週末に二子玉川で

2月9日と10日の週末、東京の二子玉川で全17社のコーヒーロースターが出展するイベント「コーヒーサミット2019」が開催される。主催はコーヒーの焙煎加工と販売を担う東日本コーヒー商工組合。

鹿児島県・伊仙町篇⑨台風と無縁のコーヒー農園 ガーデンスタイルとセミフォレストを展開

宮出博史さん(42歳)は07年から奄美群島の徳之島でコーヒーの栽培を手掛け17年春に300本の収穫に成功。昨年9月末には過去最大級の台風が徳之島を襲来したが、宮出農園はほぼ無傷で300本強を維持している。

「ジョージア」新戦略 ブランド名強調し飲用層拡大 コカ・コーラシステム

コカ・コーラシステムは「ジョージア」ブランドについて、「エメラルドマウンテンブレンド」や「ヨーロピアン」といったサブブランドの露出を抑えて「ジョージア」のブランド名を前面に押し出していく。

UCC「コーヒーマスターズ2019」 原点回帰をテーマに開催

UCCグループ主催のコーヒーの抽出競技大会「UCCコーヒーマスターズ2019」全国大会が18、19の両日、神戸市で開催された。14回目の開催となる今大会のテーマは“原点回帰”。

鹿児島県・伊仙町篇⑧泉農園の防風対策 千年木に一定の成果 過去最大級の台風を乗り越える

徳之島コーヒー生産者会で副代表をつとめる泉延吉さん(70歳)はUターン者で61歳まで東京で機械設備制御の仕事をしていた。伊仙町に戻ってきて今年で9年目になる。「戻ってきたときに人任せにしていた亡父の畑を引き継いだが、それまで農業をしたことがなかった」と泉さんは当時を振り返る。

コーヒー第4の波 「活躍できる道は軽食に」創意工夫へ意欲 サザコーヒー鈴木太郎副社長 

サザコーヒーは“コーヒーの第4の波”に対応すべく産地との信頼関係を維持して良質なコーヒー豆を取り揃えるとともに、アルコールやフードなどを組み合わせた新しいコーヒー文化の発信に取り組んでいる。取材に応じた鈴木太郎副社は「新しい波が間違いなくきている。

鹿児島県・伊仙町篇⑦台風24号の爪痕 再起を図る吉玉農園 畑への直播きによる育苗も検討

9月末日、過去最大級の台風24号が徳之島を直撃。徳之島コーヒー生産者会の吉玉誠一代表は「これまでにない強さの台風で恐怖を感じ家の隅っこに集まりじっと我慢していた」とそのときの様子を振り返る。徳之島の南端にあるコーヒー主要産地の伊仙町では、同町にある試験場の測定で最大瞬間風速67mを観測。

“コーヒーと和菓子を楽しむ” コンテストなど通じ生活者に継続発信、海外へも AGFと和菓子協会が協働

味の素AGF社は全国和菓子協会と協働し、“コーヒーと和菓子を楽しむ”食文化の提案を継続していく。11月26日、都内で開かれた「珈琲♡和菓子コンテスト2018表彰式」で囲み取材に応じた品田英明社長は、16年から展開している同提案の手応えについて「和菓子業界ではだいぶ浸透してきたと思うが、

味の素、東京五輪のパートナー契約 コーヒーカテゴリーも追加

味の素社は、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会オフィシャルパートナーのカテゴリーにおいてコーヒー豆、インスタントコーヒー/粉・顆粒の追加契約を結んだ。
- Advertisement -

ロングランアクセス