ホーム タグ キリンビバレッジ

タグ: キリンビバレッジ

無糖飲料 PR競演の春 大手各社から多彩な提案続々

春夏商戦に向けて無糖飲料のマーケティングが加速している。3月27日は、コカ・コーラシステム、サントリー食品インターナショナル、キリンビバレッジの3社が相次いで無糖飲料で発表会を開催した。

食品ロス削減へ官民一体の取り組み加速 賞味期限、1/3ルールにもメス

超党派の議員連盟による「食品ロスの削減の推進に関する法律案(食品ロス削減推進法案)」が今国会で成立する見通しとなっている。年間約646万t(平成27年度推計)とされる国内の食品ロスの削減に向け国民運動として展開する狙い。

PETコーヒー 続伸か鈍化か、見方二分 好材料はホットと新商品

サントリー食品インターナショナルの「クラフトボス」シリーズが切り開いたペットボトル(PET)コーヒー市場は18年、同社調べによると前年比約1.7倍の6千800万ケースに拡大。

紅茶飲料 伏兵は「ジャワティ」か 2大ブランド激戦余波で再評価も

紅茶飲料市場は「午後の紅茶」(キリンビバレッジ)の独壇場で有力な対抗馬がなく長らく無風状態にあった。今年、「午後の紅茶」と「ボス」(サントリー食品インターナショナル)の両ブランドでオフィスワーカーに向けた無糖紅茶のマーケティングが活発化されることで、

「午後の紅茶」世代別提案 30代以上の休眠層に拡大余地

キリンビバレッジは「午後の紅茶」で新商品の投入と新コミュニケーションの展開で、紅茶飲料から遠ざかってしまった“休眠層”や新たなユーザーを掘り起こし、19年販売目標に掲げる前年比3%増の5千260万ケースを目指していく。

トロピカーナ「エッセンシャルズ」加速 キリンビバ健康領域の柱へ

キリンビバレッジは4月1日に100%子会社のキリン・トロピカーナを吸収合併し「トロピカーナ」ブランドを強化していく。19日、都内で「トロピカーナ」のマーケティング戦略発表会に臨んだキリン・トロピカーナの山内浩一郎社長は、無糖・健康領域の飲料の強化を掲げるキリンビバレッジにとって、

「トロピカーナ」強化 キリン・トロピカーナ吸収合併でキリンビバレッジ

キリンビバレッジは4月1日、キリン・トロピカーナを吸収合併し100%果汁飲料の小売販売量世界ナンバーワンブランド「トロピカーナ」のさらなる浸透を図っていく。

「キリンビバレッジ×よしもと」強力タッグ 飲料で楽しく健康に 

キリンビバレッジは事業活動と連動したCSVの健康の取り組みの一環として「キリンビバレッジ×よしもと 健康プロジェクト」を始動する。1月31日の同プロジェクトの発表会で囲み取材に応じた西山実常務執行役員営業本部長は、今回の目的について

PETコーヒー売場に「午後の紅茶」を 微糖と新容器で“甘さ離れ層”攻略

「クラフトボス」「ジョージア ジャパン クラフトマン」が席巻するペットボトルコーヒー(PETコーヒー)棚に紅茶で挑むのは、キリンビバレッジが3月26日に新発売する「午後の紅茶 ザ・マイスターズ ミルクティー」(500㎖PET)。

無糖・健康領域を強化 CSVと連動し事業拡大 キリンビバレッジ

キリンビバレッジは「午後の紅茶」「生茶」「ファイア」の基盤3ブランドを含む無糖・健康領域の飲料を強化してCSVとの両立を図り事業を拡大していく。

〈密着 自販機を磨く人たち②〉限られた時間で知恵絞る 顧客満足と効率の両立追求 東京キリンビバレッジサービス

「大型イベント会場でコンサートがあると周辺の個人商店でも物凄く売れる。オンラインシステムはそこまで把握できないので、設置先施設の年間スケジュールを入手するなど、事前の情報収集が欠かせない」――。

「生茶」1―11月8%増 「キリンレモン」は600万箱突破 キリンビバレッジ・堀口社長語る

キリンビバレッジは今期(12月期)、“既存領域での成長”“新領域での取り組み”“持続可能な仕組みづくり”の3つの柱の下、ブランドと商品を展開し飲料販売数量は1―11月で前年同期比3%増の2億1千247万ケースとなった。

缶コーヒー つかの間の一服に活路 甘さ、疲労回復と気分一新に必須

縮小に歯止めがかからない缶コーヒー市場。飲み切りタイプのショート缶(別称:SOT缶)の減少に加えて今年に入り再栓可能なボトル缶の落ち込みも鮮明になった。秋冬は、主要メーカー各社ともこの状況を改善すべく缶容器の立て直しを強く意識。

JRの愛知観光キャンペーンを応援 キリンビールとキリンビバ

キリンビールとキリンビバレッジは、今年10~12月に全国で展開されるJRグループの観光キャンペーン「愛知デスティネーションキャンペーン(以下愛知DC)」に協賛。主力商品である「一番搾り」ならびに「午後の紅茶 おいしい無糖」で、キャンペーン応援デザイン商品を販売する。

超小型PETボトル オフィスの来客・会議用で拡大

残業時間の削減や業務効率化の推進といったオフィス環境の変化を受け、来客時に紙コップに入った飲料ではなく300㎖前後の超小型PETボトルの飲料を提供する接客スタイルが今後強まりそうだ。

スープ?飲料?女性がときめく味 “素材がくるくる押し寄せる”感覚 キリンビバレッジ

26日に新発売されるキリンビバレッジの「世界のKitchenから とろけるカオスープ」は、担当者である弦田悠里マーケティング本部マーケティング部商品担当主任の個人的な思いが発端となって開発された。

ゼリー飲料 売場拡大し多様化進む 女性やシニア層からも支持

スパウト付パウチ容器入りのゼリー飲料の商品数が増え売場が広がっている。主要販路であるコンビニやドラッグストアの店舗数が拡大傾向にある上に、栄養ドリンク棚のゼリー飲料が占める割合も上昇。商品面ではバラエティ化が進み、女性やシニア層など新規ユーザーの取り込みが進んでいる。

飲料、ヒット商品登場の予兆 各社「出足好調」続々

飲料大手各社の新商品が好調な滑り出しとなった。炭酸飲料では「キリンレモン」(キリンビバレッジ)が発売後1週間で1千万本、「三ツ矢グリーンスパークリングウォーター」(アサヒ飲料)が発売後2週間で800万本を突破した。茶系飲料では「紅茶花伝クラフティー 贅沢しぼりオレンジティー」(コカ・コーラシステム)が発売後2週間で1千万本、「お~いお茶 新緑」(伊藤園)が発売後約3週間で1千万本を超えた。

緑茶飲料 働く女性に照準 世相を反映し大手各社

緑茶飲料市場で共働き世帯の増加など社会の急速な変化に対応した取り組みが顕著になっている。緑茶飲料は主に40~50代男性に支えられ飲料市場ではコーヒーに次ぐ2番目に大きなカテゴリー。市場規模は4千億円強。近年はトクホをはじめとする健康系の商品や抹茶入りといった嗜好性を高めた商品などが次々と発売されていることもあって数量・金額とも右肩上がりとなっている。

飲料で麦の奥深さ カテゴリ―横断で提案 キリンビバレッジ

ビール麦の多様化が進む中、キリンビバレッジは飲料で麦の奥深さを表現しカテゴリーの垣根を越えて提案していく。麦の殻をむくなどの新発想で麦由来の甘みを引き出し雑味を感じさせない新商品「麦茶」と、コーヒー市場を狙った「世界のKitchenから」の新商品「麦のカフェ CEBADA(セバダ)」の2品を開発した。
- Advertisement -

ロングランアクセス