2019 / 09 / 18 水曜日
ホーム タグ キャノーラ油

タグ: キャノーラ油

“まるで肉のよう”な満足感を 米久、業務用でノンミート参入

米久は、健康志向に対応した「米久のノンミート」を今秋から業務用に発売。肉代替市場に参入する。原料に大豆を使い、カロリーを低減。ハム・ソーセージの製造で培った技術を生かし、従来のノンミート商品を超える「まるでお肉を食べたような満足感」を目指し開発した。

「新たな市場を創る」 かけるオイルの提案強化 日清オイリオ・久野社長

日清オイリオグループの久野貴久社長は20日の決算説明会で、今年度の経営方針について「グローバル化と付加価値戦略を加速させる」と語り、国内ではかけるオイル市場の成長拡大や、高齢者の低栄養対策やスポーツ・美容領域でのMCTオイルの拡販、業務用油脂における健康・機能軸の提案をさらに強化する考えを示した。

家庭用油市場 過去最高を更新へ プレミアム化が牽引

家庭用食用油の市場規模は、前期末で約1千380億円。今期12月まで金額5%増で推移しており、通期では過去最高の1千450億円前後での着地が見込まれている(本紙推定)。

「から揚げ専用油」登場 家庭での手作りに根強い人気

わが家のから揚げをもっとおいしく――。食用油大手のJ-オイルミルズは、専門店のようなおいしいから揚げができるメニュー専用油「AJINOMOTOから揚げの日の油」(400gフレッシュキープパウチ)を3月上旬から全国発売する。

家庭用食用油 上期 プラスで折り返し プレミアムオイル好調 オリーブ油 再び成長軌道に

上期の家庭用食用油市場は金額、物量とも前年を上回るペースで折り返した模様だ。5月後半のテレビ番組で、アマニ油やオリーブ油の健康効果が紹介され、数字を伸ばしたことに加え、米油やごま油などのプレミアムオイルが全体を牽引した。

万能オイル「米油」の魅力発信 ボーソー油脂×レシピブログ「米油部(こめあぶLOVE)」

ボーソー油脂は、日本最大級の料理ブログポータルサイト「レシピブログ」とのコラボレーションで、米油の魅力を発信するアンバサダープロジェクト「ボーソー米油部(こめあぶLOVE)」をスタート。都内のスタジオでキックオフイベントを開催した。

“かけるオイル”需要拡大 家庭用油市場 「20年度に400億円規模目指す」 (日清オイリオ)

家庭用食用油市場で"かけるオイル”の需要が拡大している。オリーブオイルやアマニ油、ごま油などを、さまざまなメニューにかけて楽しむ、新たな使い方が注目されている。食用油メーカー各社は、開封後の鮮度を保持する密封ボトルのラインアップも強化し"かけるオイル”の提案に力を入れている。

オリーブオイル 家庭用、レコード更新ならず 踊り場から再成長へ、各社が提案強化

17年度の家庭用オリーブオイル市場は金額2.4%減、物量4.9%減と久々に前年を割り込んだ。イタリア産の原料状況悪化で、オリーブオイル相場が高騰。ユーロ高も重なり、下期にかけて製品価格の値上げによる影響を受けた。10年連続のレコード更新にブレーキがかかったが、家庭用オリーブオイル市場は年間355億円のカテゴリー規模を維持。健康イメージや使い方の広がりなど潜在需要は大きく、今後もさらなる拡大が期待されている。

多様化する家庭用油

揚げ物調理が減少傾向にあるが、家庭用食用油市場は堅調な動きが続いている。今期もほぼ前年並みでの着地が見込まれている。

家庭用食用油 ブーム後も安定成長続く

15年度に前年比30%増の躍進を遂げた家庭用食用油。市場規模は1千400億円に達し過去最高を更新した。今期はその反動が懸念されたが、4~12月の家庭用油市場は金額ベースで前年同期比3.1%減。急激に膨らんだ市場規模を落とさず、安定した実績を維持している。
- Advertisement -

ロングランアクセス