ホーム タグ カップ麺

タグ: カップ麺

即席麺総需要 4年連続で記録更新 周年施策など需要喚起が奏功

日本即席食品工業協会がまとめた2018年(1~12月)の即席麺総需要(生タイプ含む)は、数量前年比2.1%増(57億7千856万6千食)、金額(出荷額)2.3%増(5千990億2千6百万円)となり、4年連続で過去最高を更新した。カップ麺が数量2.5%増
日本アクセス 東日本総合展示会 春季フードコンベンション2019

生鮮新商材など多彩 日本アクセス、東日本で総合展示会

日本アクセスは23、24の2日間、東日本総合展示会「春季フードコンベンション2019」をさいたま市のさいたまスーパーアリーナで開催した。独自の商品・販売企画や主要メーカーの春夏重点商品を得意先関係者に伝えるもの。出展約600社、来場者数約1万1千人。

即席袋麺、復活へ ダウンサイズ、個食提案 新規ユーザー獲得に成果

ダウントレンドが続いていた即席袋麺だが、2018年(1~12月)の総需要は、前年実績(年計ベース)を上回った模様だ。「チキンラーメン」(日清食品)、「サッポロ一番 みそラーメン」(サンヨー食品)といったロングセラーブランドの周年施策が需要を喚起したことに加え、

そこまでやるかペヤング!「スカルプDやきそば」 社内でも賛否割れる

頭皮ケアシャンプー「スカルプD」などを展開するアンファーとまるか食品がコラボレーションしたカップ焼そば「ペヤング スカルプDやきそば」(税別205円)が登場、3日から全国で新発売された。

即席麺業界18年重大ニュース 誕生から60年、総需要は過去最高の拡大ペース

専門紙8社で組織する即席ラーメン記者会は「2018年即席麺重大ニュース」を選定した。2018年は即席麺生誕60周年を迎えたが、即席麺総需要は、引き続きカップ麺が好調を持続したことに加え、袋麺も復調気配となったことで、今年も過去最高ペースを持続した。

〈2018年即席麺回顧〉今年も過去最高更新へ 袋麺再活性化で需要拡大

世界初の即席麺「チキンラーメン」(日清食品)の生誕60周年という記念の年となった2018年は、「サッポロ一番 みそラーメン」(サンヨー食品)の50周年、「赤いきつねうどん」(東洋水産)40周年、「スーパーカップ」(エースコック)30周年といったように

阪急、メーカーコラボ第10弾 ハウスとカレーパン専門店 まるでカレーライス

阪急阪神百貨店はハウス食品と組んで、カレーパンを商品化。14日から阪急うめだ本店・食品売場に専門店「ハウス カレーパンノヒ」をオープンし、販売を始める。同社はこれまで“オンリーワン戦略”を掲げ、NBメーカーと独自の商品開発を推進。

10月29日は「凄麺の日」 社長も参加し試食販売イベント ヤマダイ

ヤマダイは10月29日をノンフライカップ麺「凄麺の日」に制定、秋需に向けさまざまなプロモーションを展開していくが、10月27、28の両日、各地の量販店店頭で試食販売イベント「凄麺まつり」を展開した。

即席麺、怒涛の快進撃 4年連続で過去最高ペース

上期(4~9月)の即席麺JAS生産量は、前年比102.5%となり、過去最高ペースで折り返した。今期は即席麺生誕60周年をはじめ、各社ロングセラーブランドが周年を迎えていることに加え、天変地異を受け保存食として再評価されていることもプラス要因となった模様だ。

日清食品 カップ麺の新提案 大阪にオーダーメイド型店舗 選べるおいしさ2千145通り

今年は世界初の即席麺「チキンラーメン」の生誕60周年。1日からは「チキンラーメン」を発明した安藤百福氏(日清食品創業者)の妻・仁子(まさこ)さんをヒロインのモデルにしたNHK連続テレビ小説「まんぷく」の放映が開始されたが、日清食品は3日、阪急うめだ本店の地下1階食品売場にオーダーメイド型直営店「MOMOFUKU NOODLE(モモフク・ヌードル)」をオープンする。

北海道地震 コンビニ、生活インフラとして道民支援 営業継続に尽力、物資提供と募金も

北海道胆振東部地震の被災地では、CVS各社も生活インフラとしての使命を果たすべく懸命の対応を続けている。道内最大1100店を展開する地場チェーンのセコマ(セイコーマート)では、車のバッテリーに非常電源装置をつないでレジを稼働するなどして、

即席麺 好調の上半期 猛暑の7月も大幅増

2018年上半期(1~6月)の即席麺総需要は、数量ベース(生タイプ含む)が前年比2.4%増、金額(出荷額)ベース3.3%増となり、数量、金額ともに過去最高を記録した前年を上回るハイペースで折り返した。統計開始以後、月平均気温が最高となった7月もJAS生産量(NB中心)が前年を大幅に上回るなど

日本で新製品発表 即席麺の新時代切り開く 今麦郎

中国の即席麺メーカー今麦郎面品有限公司(範現国董事長兼総裁)は21日、独自製法を活用した即席カップ麺の新ブランド「今麦郎 老范家 速食 面館面」(日本語名称=今麦郎 ジンマイロウ 新品カップラーメン)の発表会を都内で開催した。年内に中国国内のコンビニ、ECサイトなどで発売し、日本での発売も視野に入れる。

日本中を盛り上げたい 乃木坂46 白石麻衣

この夏スタートする「乃木坂46×カップスター・和ラー 日本中を、もりあげろ!」キャンペーンでは、おいしい「カップスター」と「和ラー」を食べて、皆さんと乃木坂46で一緒に日本を盛り上げられるよう頑張りたい。

即席麺 タテ型の熱い夏 若年層開拓に全力

2017年度の即席麺カテゴリーは、総生産量(前年比0.3%増)、総生産額(0.7%増)とも3年連続で過去最高を更新した。特にカップ麺は話題商品が続々登場。デジタルマーケティングを含めた若年層(10~20代)の開拓に向けた取り組みが進んだこともあり、間口と奥行が拡大し、市場拡大につながった形だ。

乃木坂46公式カップ麺に「カップスター」「和ラー」 ライブチケット当たる 若者開拓へサンヨー食品

3年連続で総需要過去最高を記録したインスタントラーメンだが、将来的な成長に向け、若年層、シニア層、女性層の開拓という課題を抱えている。そうした中、サンヨー食品が課題解決に向けた新たな取り組みを開始した。

寿がきや食品 コラボカップ麺新作2品 「鬼そば藤谷」と「らぁ麺紫陽花」

寿がきや食品は、CVSチャネルでメーン展開する人気ラーメン店監修カップ麺の新作2品を夏に向けて打ち出していく。既に9日から「鬼そば藤谷監修 赤い鬼塩ラーメン」(希望小売価格税別238円)を発売。続いて8月6日には「らぁ麺紫陽花 醤油らぁ麺」(同)を投入予定だ。

東洋水産 渋谷にポップアップ店 オリジナル「QTTA」販売

東洋水産の縦型カップ麺「MARUCHAN QTTA」。3月27日で発売から1年が経過するが、これに合わせ15日から4月1日まで、自分だけのオリジナル「QTTA」が食べられる店舗「#QTTAshibuya」(東京都渋谷区宇田川町13の9・KNビル)を期間限定でオープンしている。

ごつ盛り×モンスト 東洋水産がコラボキャンペーン

東洋水産は19日から、カップ麺「ごつ盛り」シリーズを対象とするクローズドキャンペーン「『ごつ盛り』×『モンスターストライク』コラボキャンペーン」を開始した。

即席麺 17年は増産着地もコスト増で今年は試練 若者、シニアの開拓進む

2017年(1~12月)の即席麺総需要は、3年連続で過去最高を更新した模様だ。このうち、NBを中心とするJAS生産量は前年比2.1%増(46億2千875万1千食)となり、昨年に続き2年連続で前年実績を上回った。
- Advertisement -

ロングランアクセス