ホーム タグ イトーヨーカ堂

タグ: イトーヨーカ堂

スーパー大手、最終四半期の低迷が通期売上高に影響 18年度業績

2月期決算主要量販の18年度業績は別表の通り。各チェーンとも厳しい内容となった。特に天候要因や農産の相場安の影響などを受けた最終四半期(12~2月)の低迷が通期業績に影響を与えた形だ。

中四国スーパー、出店戦略見直し、事業継承・M&Aに軸足 2強の勢力図に影響か

中四国を基盤とする大手スーパーが今後の出店戦略を見直す。人口の減少やドラッグストアなどとの競争により経営が困難になっているSMの新規出店を見直す一方、厳しい経営環境を背景に撤退する地域スーパーの事業継承やM&Aに注力する構えだ。

イトーヨーカ堂 創業の地に再進出 地元住民1千人が開店待ち

イトーヨーカ堂が創業の地・千住(東京都足立区)に再進出した。15日、北千住駅西口アーケード通りの一角に食品スーパー業態の「イトーヨーカドー食品館千住店」を出店。

総合スーパーの利益改善進む 食品スーパーは販管費で明暗 第3四半期

主要量販の19年2月期第3四半期(3~11月)業績は、事業構造改革を進める大手GMSの業績改善が進む一方、大手GMSとの提携に踏み切ったイズミ、フジは減益と苦戦した。食品SMについてはライフコーポレーションを筆頭に、新店や改装効果により増収となったが、営業利益については明暗が分かれるものとなった。

「凄麺12種類の味くらべ」年末に限定発売 ヤマダイ

ヤマダイ(本社・茨城県結城郡、大久保慶一社長)は1日、ノンフライカップ麺12品を詰め合わせた年末用特別限定商品「凄麺12種類の味くらべ」(税別2千520円)を発売した。高付加価値ノンフライカップ麺ジャンルで、質量とも圧倒的な存在感を示す「凄麺」シリーズの代表的な商品が一堂に会したアソートセット。

大手GMSの利益改善進む SMは販管費で明暗 上期業績

2月期決算主要量販の第2四半期業績は、事業構造改革の伸長を受け、イオンリテール、イトーヨーカ堂、ユニーなどで利益改善が進む一方、イズミ、ライフコーポレーション、ヨークベニマルといった好調チェーンは人件費を中心とする販管費増が響き、営業減益となった。

「フード・アクション・ニッポン」 10産品を表彰 「和ごはん」で特別賞も

農林水産省は23日、「フード・アクション・ニッポン アワード 2018」最終審査会・表彰式を都内のホテルで開催した。10回目を迎えた今回も国内の大手小売業などのトップ10人が最終審査委員を務め、国産農林水産物の魅力を生かした優良な産品をコンテスト形式で発掘。最終受賞10産品と特別賞3産品を表彰した。

18年2月期量販業績 GMSの利益改善進む 人件費増が好調SM直撃

大手量販の2018年2月期業績は、事業構造改革の進捗などにより総合スーパー(GMS)の利益改善が進んだが、食品スーパー(SM)は競争激化を受けた既存店売上高の伸び悩みに加え、人件費をはじめとする販管費の増加が響き減益基調となった。

GMSの利益改善鮮明に イオン、セブン&アイ 過去最高益を更新

イオン、セブン&アイ・ホールディングス(以下、セブン&アイ)の18年2月期連結業績は増収増益で、営業利益以下の各利益段階は過去最高を更新した。国内小売関連では、イオンはドラッグ&ファーマシー、セブン&アイはコンビニ(CVS)が収益両面で牽引したが、課題としていた総合スーパー(GMS)の利益改革も寄与した。

セブン×キリン共同開発 澄んだ味わいで市場活性化 セブンG限定「一番搾り」

セブン&アイホールディングスとキリンビールは「一番搾り 匠の冴(さえ)」を共同開発し、3日から全国のセブン―イレブン、イトーヨーカ堂、ヨークベニマル、ヨークマートの酒類取扱店舗約2万店で販売を開始した。

「店舗見学MAP」通巻10号に 市場調査のバイブル 新日本スーパー協

新日本スーパーマーケット協会が毎年発行している小冊子「首都圏店舗見学MAP」が最新の18年版で通巻10号を迎える。機関誌や統計資料を除くと、業界団体の刊行物がこれほど長く続くのは異例だ。例年同様、今年も14~16日に幕張メッセで開催される協会主催のスーパーマーケット・トレードショー(SMTS)で無償配布される。

イトーヨーカ堂 こだわりのおせちPR ネット予約も増加傾向

イトーヨーカ堂は11月30日、同社本社で「2018年イトーヨーカドーのおせち説明会・試食会&トークショー」を開催した。同社オリジナルおせちの監修を手掛ける料理研究家の浜内千波さん、スペシャルゲストとしてお笑い芸人のメイプル超合金が登場。年末の予約商戦に向けて、イトーヨーカドーおせちのこだわりをアピールした。

「あんしんサポートショップ」 ターゲット層広げ再注力 イトーヨーカ堂

イトーヨーカドーは04年から介護用品専門ショップ「あんしんサポートショップ」を展開し、昨年頃からはターゲットを要介護対象者だけでなく、フレイル・シニア(筋力や活動が低下している虚弱状態のシニア)へと広げて再注力している。

イトーヨーカ堂 食品重視鮮明に 売場改革に本腰

イトーヨーカ堂は事業構造改革に伴う店舗減(前同比4店減)や既存店前年割れなどにより第2四半期営業収益は減収となったが、粗利率改善や衣料品の在庫適正化等による収益性の改善、地代家賃減などにより販管費を2.2%減と圧縮したことなどにより、営業赤字は前同(34億1千5百万円)から大幅に改善させた。

伊藤園 “簡便”で日本茶大宣伝 本庄社長も参加 「日本茶の日」に全国一斉

伊藤園は1日、全国のスーパー、量販店で「簡単わくわく大茶会」を一斉に開始した。これは02年に制定された10月1日の「日本茶の日」に合わせた企画。同社はかねてからスーパー、量販店で大茶会を催し、日本茶の魅力をアピールしているが、近年成長しているティーバッグやインスタントのリーフ簡便型商品に軸足を置き全国一斉に行うのは今回が初めて。

SNS時代のギフトマーケティング

「フォトジェニックフード~思わず撮りたくなる、SNSに上げたくなる商品」(〓島屋)、「思わず写真を撮りたくなるほどかわいいアイスクリームギフト」(イトーヨーカ堂)、「SNSに映え、目でも美味しいフォトジェニックな商品」(ユニー)、「話題にしたくなるフォトジェニックな商品」(ミニストップ)――。

GMSの利益改善進む 増収効果でコスト吸収

大手GMS8社の2016年度2月期業績はいずれも営業増益となった。人手不足を背景に、各社とも人件費比率が上昇しているものの、イオンリテール、イオン北海道、平和堂、イズミは増収効果で人件費を含む販管費の伸びを吸収し増益を確保。

大手GMS 改革の影響で明暗 利益改善も既存店苦戦 第3四半期

GMS大手3社(イオンリテール、イトーヨーカ堂、ユニー)の17年2月期第3四半期業績は、3社とも営業利益が改善したが、事業構造改革の影響などで既存店業績が前年割れとなるなど明暗が分かれる形となった。

総合流通特集 GMS改革道半ば 好調SMも伸び鈍化

主要量販(17年2~3月期)の第2四半期実績は、GMSのイオンリテール、イトーヨーカ堂が営業赤字、ユニーも前年同期比36・1%減という大幅な減益での折り返しとなった。

GMS第2四半期 構造改革道半ば 広域展開型苦戦

主要GMSの第2四半期実績は明暗が分かれた。広域展開するイオンリテール、イトーヨーカ堂が営業赤字となり、ユニーも前期比36・1%減という大幅な減益での折り返しとなる一方、エリア密着型のイズミ、平和堂といったチェーンは好調に推移した。
- Advertisement -

ロングランアクセス