ホーム タグ イオンスタイル

タグ: イオンスタイル

九州市場で価格戦争が再燃? 小売各社、値上げに慎重

総合スーパー、食品スーパー、ディスカウントストア、ドラッグなどによる壮絶な価格戦が展開されてきた九州エリア。福岡県を中心に67店を展開する西友(サニー)は3月10日まで「『プライスロック』第5弾」を展開したが、これに続き、

三重初「イオンスタイル」出店 延床面積2倍強に拡大 イオンモール津南

イオンは9日、三重県内に「イオンモール津南」をグランドオープンした。旧店舗の「イオン津南ショッピングセンター サンバレー」に比べ、敷地面積は約1.6倍、延床面積は2倍以上、専門店数は65店舗から170店舗と大幅に規模を拡大して生まれ変わった。

イオン新浦安店 食品フロア拡張 バル・イートインを充実

イオンリテールは19日、「イオン新浦安店」をリニューアルオープンした。1階食品フロアを「イオンスタイル」に改装し、売場面積を3割増に拡大。惣菜売場を従来の1・5倍規模に広げ、150席のイートインやワインやクラフトビールを楽しめる「バル」を設置し、中食・外食の取り込みや近隣住民の憩いの場としての機能を充実させた。

イオン、上期連結、純利益赤字も 15年度改装店は食品好調

イオンの第2四半期連結業績は、営業収益前年比0.9%増、営業利益0.1%増、経常利益0.4%増と前年並みをキープしたが、第2四半期純利益は53億7千2百万円の赤字となった。第2四半期の赤字は7年ぶり。 

GMS第2四半期 構造改革道半ば 広域展開型苦戦

主要GMSの第2四半期実績は明暗が分かれた。広域展開するイオンリテール、イトーヨーカ堂が営業赤字となり、ユニーも前期比36・1%減という大幅な減益での折り返しとなる一方、エリア密着型のイズミ、平和堂といったチェーンは好調に推移した。

土用のナマズ!? 近畿大学が開発

来週7月30日は「土用丑の日」だが、近畿大学はウナギ風味の「近代発ナマズ」の本格販売に乗り出した。イオンなどのスーパーで順次販売する。
- Advertisement -

ロングランアクセス