2019 / 08 / 18 日曜日
ホーム タグ アーモンドミルク

タグ: アーモンドミルク

アーモンド飲料 “第3のミルク”浸透 市販・業務用とも多彩な活用進む

ナッツ類の健康・美容機能は、毎日の食べ物に気を遣う意識の高い消費者にとって、もはや常識として定着。なかでもアーモンドを日常の食生活に取り入れる健康志向のユーザーは、近年増加傾向にある。

グリコ「アーモンド効果」がフェイスマスクとコラボ 忙しい朝の美容習慣に

江崎グリコのアーモンド飲料「アーモンド効果」とフェイスマスク「サボリーノ」とのコラボが話題を呼んでいる。両社からコラボ商品が発売されプラザやロフトといった雑貨店で特設コーナーが設けられ大々的に露出した。両商品には、忙しい朝に手軽に美容を習慣化できるという共通点があることから、相互のユーザー乗り入れも期待される。

アーモンド飲料 鍋メニュー提案、コラボ企画など続々 汎用性で需要深耕に期待

アーモンドを加工してつくられるアーモンド飲料(アーモンドミルク)が拡大している。若返りのビタミンとも呼ばれるビタミンEや食物繊維、オレイン酸などが豊富に含まれ、低カロリー、低糖質、コレステロールゼロである点が支持されているようだ。

成長続くアーモンド市場 一層の活性化へ多彩なプログラム

アーモンドは、日本でも最も親しまれるナッツのひとつ。世界トップの生産量を誇るのが、米カリフォルニア州だ。近年は美容や健康機能への認知の広がりから、ユーザーや食シーンが拡大。アーモンドミルクをはじめとした、日本市場では目新しい製品も浸透が進み、市場はさらに拡大する勢いをみせている。

「アーモンドミルクの日」 村上佳菜子さん、記念イベントで手作りにチャレンジ

アーモンドミルクに関する情報発信を行う「アーモンドミルク研究会」は、5月30日の「アーモンドミルクの日」を前にした29日、AWkitchen TOKYO新丸ビル店で記念イベントを開催した。健康志向のイメージがアーモンドミルクと共通するプロフィギュアスケーターの村上佳菜子さん、同研究会メンバーで“ナッツ博士”として知られる慶應義塾大学医学部の井上浩義教授をゲストに迎え、アーモンドミルクの魅力をアピールした。

5月30日は「アーモンドミルクの日」日本上陸から5年、参入相次ぎ賑わう市場

アーモンドが実り始める季節。5月30日は「アーモンドミルクの日」だ。実(3)が丸くなる、大きくなる(0)との意味を込め、メーカー7社が協賛するアーモンドミルク研究会が制定、日本記念日協会に認定されている。

ユーシーシーフーヅ エスプレッソに着目 多様化し業務用市場2ケタ増

ユーシーシーフーヅは業務用コーヒー市場でエスプレッソの提案を強化していく。6日、都内で開催された業務用展示商談会「WHO'S FOODS」マスコミ視察会で川久保則志社長は「コーヒー分野すべてに注力する」と前置きした上で、「昨今、エスプレッソの中でもライトの味わいの“アメリカーノ”や女性層に向けたミルクメニュー化が進んでおり、エスプレッソの方向へとマーケットが動くのではないかと予想している」と語った。

筑波乳業「濃いアーモンドミルク」 美容メニューで“夏美人”フェア

筑波乳業はナッツの日(7月22日)を記念して、同社の「濃いアーモンドミルク」を使った料理やスイーツが楽しめる「ナッツで夏美人グルメフェア」を同日から8月5日にかけて東京、神奈川、大阪、茨城の飲食店17店舗で開催している。
- Advertisement -

ロングランアクセス