2019 / 09 / 18 水曜日
ホーム タグ アマニ油

タグ: アマニ油

J-オイルミルズ 創立15周年、新たなステージへ 「技術・提案で貢献する企業に」八馬社長

J-オイルミルズは6日、都内で専門誌との懇談会を開催。今期の概況や方針について、八馬史尚社長、善当勝夫取締役兼専務執行役員が次のように語った。

日清オイリオ、オリーブオイル、アマニ油を強化 大手メーカーとのコラボ企画も 秋のプレゼン開催

日清オイリオグループは7日、東京・ホテルニューオータニで「2019秋のプレゼンテーション」を開催。秋冬商戦を前に量販店・卸店など得意先関係者を招き、ホームユース(家庭用)、業務用、ウエルネス食品、ギフトなどの商品政策や販促企画を紹介した。

家庭用油市場 過去最高を更新へ プレミアム化が牽引

家庭用食用油の市場規模は、前期末で約1千380億円。今期12月まで金額5%増で推移しており、通期では過去最高の1千450億円前後での着地が見込まれている(本紙推定)。

家庭用油、市場は過去最高更新も

家庭用食用油市場が好調だ。今期12月までの市場は金額ベースで5%増と伸長。物量でも前年並みを維持しており、安定した動きを続けている。

成長戦略が順調に進捗 成長カテゴリーで存在感 日本製粉・近藤社長語る

日本製粉(近藤雅之社長)は都内で業界紙懇談会を開催。今期(31年3月期)通期予想および来期以降の事業方針について近藤社長が、製粉、食品の各事業について村上嘉章常務、松井宏之常務が補足説明した。

家庭用食用油 上期 プラスで折り返し プレミアムオイル好調 オリーブ油 再び成長軌道に

上期の家庭用食用油市場は金額、物量とも前年を上回るペースで折り返した模様だ。5月後半のテレビ番組で、アマニ油やオリーブ油の健康効果が紹介され、数字を伸ばしたことに加え、米油やごま油などのプレミアムオイルが全体を牽引した。

日清オイリオ かけるオイルなど下期も積極策 秋のプレゼンテーションでアピール

日清オイリオグループは28日、都内ホテルで「秋のプレゼンテーション」を開催した。量販店、卸店を中心とした主要取引先関係者を招き、ホームユース、業務用食用油、ウエルネス食品、加工油脂など各部門の新商品や、下期の政策提案を紹介した。来場予定者数は30日の大阪会場と合わせ、計1,050人。

味の素 大阪で施策提案会 受験生企画を11月に

味の素大阪支社は7月12日、ホテルニューオータニ大阪で秋季施策提案会を開催。近畿・中四国地区の得意先関係者ら約550人が来場した。前回に続き今回もASV(味の素グループ・シェアド・バリュー)の考えをベースに、さまざまな企画を展開。

“かけるオイル”需要拡大 家庭用油市場 「20年度に400億円規模目指す」 (日清オイリオ)

家庭用食用油市場で"かけるオイル”の需要が拡大している。オリーブオイルやアマニ油、ごま油などを、さまざまなメニューにかけて楽しむ、新たな使い方が注目されている。食用油メーカー各社は、開封後の鮮度を保持する密封ボトルのラインアップも強化し"かけるオイル”の提案に力を入れている。

日清オイリオグループ 横浜磯子事業場「春まつり」 1万人近くが来場

日清オイリオグループは4月21~22日に、横浜磯子事業場で「日清オイリオ磯子春まつり」を開催した。地域住民との交流促進を目的に、今年で36回目を迎えた恒例イベント。天候に恵まれ、2日間で約1万人が来場した。

多様化する家庭用油

揚げ物調理が減少傾向にあるが、家庭用食用油市場は堅調な動きが続いている。今期もほぼ前年並みでの着地が見込まれている。

日本製粉 パスタ「レガーロ」拡充 秋冬新製品

日本製粉は3日、秋冬の家庭用新製品発表会を開催した。グロサリーは新製品13品、リニューアル7品、冷凍食品は新製品17品、リニューアル23品を発売する。初年度目標はグロサリー25億円、冷凍食品23億円。

日清オイリオG 4期連続で営業増益 付加価値カテゴリ―が躍進

日清オイリオグループは23日、17年3月期の決算説明会を実施した。中計最終年度の16年度の連結業績は売上高3千279億円(0・9%減)、営業利益102億円(43・6%増)となり、4期連続の増益を達成。

日清オイリオG「横浜磯子まつり」 地域とのふれあい促進

日清オイリオグループは4月22、23の両日、横浜磯子事業場で「横浜磯子春まつり」を開催した。市民とのコミュニケーションを目的としたイベントで、今年で35回目。工場内グラウンドスペースを活用し、地域のダンスチームによるパフォーマンスや子供に人気のキャラクターショー、横浜F・マリノスコーチによるサッカー教室をはじめ、

日清オイリオ 国内油脂の収益改善進む 高付加価値化さらに推進 今村社長

日清オイリオグループの今村隆郎社長は17日の第2四半期決算説明会で、「(付加価値製品の拡販やコスト構造改革など)最終年度を迎えた中期経営計画の取り組みの成果が上がっている」と手応えを示した。

プレミアムオイル伸長続く サプリ的オイルに反動も

上期の家庭用油市場は金額ベースで微減、数量では前年を上回る見通しだ。15年度のマーケットは前年比24%増と急伸した直後だけに、その反動が懸念されていたが、ひとまず前年水準を維持した。
- Advertisement -

ロングランアクセス